« 書評「ベーシック・インカムのある暮らし」(1) | トップページ | 「絆クーポン」を始めませんか?(1) »

2016年2月14日 (日)

書評「ベーシック・インカムのある暮らし」(2)

 現在私たちが使っているお金(銀行通貨)は、企業活動のために最適化されたお金です。何故かと言うと、お金は銀行が主に企業に貸し出し、それをもとに企業は事業で収益を上げ、利子を付けて銀行に返済するというかたちで循環しているものだからです。それ以外のお金の流れ、例えば労働者が企業から受け取った給料で生活をし、行政が税金として集めたお金で公共事業や福祉政策を行なうといったことは、銀行通貨の本来の目的からすれば枝葉末節なことなのです。銀行は、借り手が期日通りに指定した額のお金を返済してくれればそれ以上の注文はない訳で、そのお金で国民が幸せになったかどうかなんてことには関心がない。その証拠に、国内の人件費が高いと見るや企業は海外に投資先を移し、国内の雇用を切り捨てますが、銀行は企業の海外進出にも平気でお金を貸します。

 このことを称して、著者は現在の銀行通貨(日本円)のことを「生産本位制マネー」と呼ぶのです。ここで言う生産とは、企業による価値創造の活動全般を指しています。これはつまり、日本円は私たち個人が生活をするためのお金としては最適なものではないということです。これに対して著者が新しく提案するのが「生活本位制マネー」であるところのE円である訳です。そしてE円の正体は何かと言えば、減価する政府通貨である訳です。(これは私が銀行通貨を「約束するお金」と呼び、新しく導入する政府通貨を「感謝するお金」と呼んだのとまったく同じ発想です。) 問題は、新通貨であるE円をどのように国内経済のなかで流通させるかという「通貨ルール」の設計です。この点にこの本の最大のオリジナリティーがあり、また私たち読者はその実現性を吟味する立場にあるのだと思います。基本的なコンセプトは文句なく素晴らしいので、残る問題はそれが実現可能なアイデアであるかどうかというところにあります。

 ベーシックインカム(BI)を減価する政府通貨で国民全員に配るのはいいとして、この新通貨を日本円とどのように共存させるのでしょうか。私がこの本を読んで理解した限りでは、それは次の3つのルールに集約できるようです。

①E円は売り買いの場で日本円とまったく同等の価値(1E円=1日本円)として流通する。通貨ごとの二重価格は法律により禁止される。

②売り手はE円での支払を拒否できない。税金でさえE円で納めることができる。但し一部の取引(不動産や株式など)には使えない。そのことも法律に明記される。

③民間の銀行や金融業者が独自のレートを決めてE円と日本円を交換することが認められる(むしろ推奨される)。BI銀行が目安としての公式レートを設定するが、民間はそれに従う必要はない。

 私も新通貨の流通ルールについてはアタマを悩まして来た人なので、この部分のルール設計が実は新通貨理論のキモであると断言できます。ここでも私自身の本との対比で恐縮ですが、古山さんのE円と私の感謝通貨の共通点は、上記の①の部分だけで、②と③はまったく異なるルール設計であることが読み比べていただければ分かると思います。そしてまた、この②と③はセットにしないと機能しないものだということが重要なポイントになります。次にそのことを説明します。

 減価するお金というのは、簡単に言うと人に嫌われるお金です。これは当然ですね、持っているだけで目減りしてしまうお金を好む人はいないからです。たとえそれが政府発行のお金だったとしても、もしも日本円と同じ額面価格を受け取るなら、日本円で受け取った方がいいに決まっています。ところが古山理論では、売り買いの場でE円での支払を拒否することは原則としてできないのです。そのように法律で決められるということです。これは過激な制度設計です。まず私たちの給与の一定部分がE円で置き換わるでしょう。私たちが買い物をする時にも、まずはE円で支払うことが当たり前になるでしょう。すると社会に流通するお金は、日本円よりもE円が優勢になります。まるで悪貨が良貨を駆逐するように、日本円は駆逐されてしまうことになる。日本の経済に大混乱を引き起こす事態になると思います。

 そこで第二のルールが導入されます。日本円とE円を交換可能とするのです。これは日本銀行やBI銀行がいつでも両替に応じますというのではなくて、民間の金融機関にふたつの通貨を交換する自由を与えるということです。減価するお金と国際的な信用ある日本円を交換するなんて不可能じゃないかですって? いや、そんなことはないんです。想像してみてください、もしもあなたが1万円札(日本円)を持っていて、それが現在のレートで11000E円と交換できるとすれば、ちょっと魅力的ではないでしょうか。もしもそれが貯蓄のためのお金なら、1万円札の方が有利ですが、生活費として支出するなら、E円に両替した方がお得です。なにしろE円は日本円と同じ額面価格で使えて、お店はそれを拒否できないのですから。

 交換レートを何パーセントにするかは、それを取り扱う金融機関が自由に決められます。E円を持て余している人は、たとえ割引手数料を払ってでも日本円に替えようとするでしょうし、生活費が不足している人は、手持ちの日本円を売ってE円を手に入れようとするでしょう。つまり市場が成立するのです。もちろん金融機関は手数料を取りますから、自分のところでE円を余分に貯め込まない限りプラスの利益を見込めます。みんながハッピーになる。そういう構想である訳です。私自身は、最初から新通貨を日本円とは兌換性のない通貨として設計していましたから、この着想は斬新でした。いち利用者の視点から見ても、減価する通貨がいつでもふつうの日本円と交換できるという安心感があるので、受け入れやすいという利点がありそうです。

 一方で疑問もあります。受け取り拒否のできない新通貨ばかりが市場に流通するようになった場合、これまで以上に日本円が退蔵されて、貧富の差が拡大するのではないか? 日本円と交換できる「悪貨」の導入は、グローバル経済のなかでの日本円の信用を大きく毀損するのではないか? 税金までE円での納入を認めてしまって、今でさえ借金まみれの日本の財政が立ち行くのか? こうした問題を十分検討し、シミュレーションを繰り返した後でなければ、実験的な導入でさえ危険過ぎるように思います。ただ数式に弱い自分にはとても扱いかねるような難問ですが、これは解く価値のある仮説であることは間違いありません。本書は、格差問題やベーシックインカムに関心を持っている人にはもちろん、ひとつの面白いシミュレーション問題を提起した本として、経済学の専門家よりも理系の読者に読んでもらいたい一冊です。

|

« 書評「ベーシック・インカムのある暮らし」(1) | トップページ | 「絆クーポン」を始めませんか?(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/63209690

この記事へのトラックバック一覧です: 書評「ベーシック・インカムのある暮らし」(2):

« 書評「ベーシック・インカムのある暮らし」(1) | トップページ | 「絆クーポン」を始めませんか?(1) »