« 本を作る(4) | トップページ | 本を作る(6) »

2015年8月16日 (日)

本を作る(5)

■表紙のデザイン案が送られて来た

 原稿を書き上げて、出版社に売り込みを始めたのが、今年の3月でしたから、もう半年近く経ってしまいました。自費出版を決意してからもトントン拍子という訳にはいきませんでした。なるべく費用を抑えたかったので、原稿は自分で編集して、ページ設定や目次の作成もすべて自分でやりました。(おかげでMSワードの使い方には、だいぶ習熟しました。) 本文に挿入する図やグラフも、以前このブログに掲載したものをそのまま流用することにしました。ただ、表紙のデザインだけは、プロのデザイナーにお願いすることにしました。そういうオプションも出版社の方で用意してくれているのです。自費出版では、どこにお金をかけて、どこを節約するかも自分で考えて決めなくてはなりません。

 表紙をデザイナーさんに依頼したいと言うと、どんなイメージの表紙にしたいですかと編集者の方から聞かれました。何も考えていませんでした。せっかくお金を出してデザインを頼むのですから、インパクトがあってしかもセンスのいいものにしたい。いろいろ考えた挙げ句、本文のなかに挿入した図をそのまま表紙のデザインに使う案を思い付きました。――そう言えば、まだ本の内容については何も説明していませんでしたね。今回の本は、このブログでも過去にたくさんの記事を書いて来た、新しい地域通貨のアイデアに関するものです。ブログ記事は、その都度新しい思い付きで書いているので、互いに矛盾があったり、また重複した内容があったりしますが、今回はそれをもう一度整理して、全体として整合性を持たせたのです。これまでの地域通貨論の集大成と言ってもいい。で、私が出版社に送った表紙デザインの素案は次のようなものでした。
Hyoushi_0

 タイトルは「約束するお金と感謝するお金」というものです。約束するお金というのは、日本円のような銀行通貨のこと、感謝するお金というのは、私が提案する新しい地域通貨(「感謝通貨」と命名しました)のことを指しています。表紙に配したのは、現在のお金(銀行通貨)の流れを表した図です。そして裏表紙の図は、感謝通貨を導入したあとのお金の流れです。もしも表紙の図がうまくリライト出来たら、本文の挿し絵もそれに差し替えようと思っていました。(私が描いた絵はいかにも素人っぽいものですから。) また本を出すに当たって、ペンネームも新しく考えました。「矢野洋二」…なんの変哲もないありふれた名前ですが、これはブログのハンドル名「Like_an_Arrow」を読み替えたものです(矢のように。自分で考えた訳ではなく、名付けてくれた人がいたのです)。――さて、待つこと1か月、出版社からはこんなデザイン案が送られて来ました(クリックで拡大します)。

Hyoushi_1

 なるほど、やっぱりプロのデザイナーはセンスが違う! これを見た瞬間、自分で表紙のデザインをしなくて良かったとしみじみ思いました。餅は餅屋ですね。ただ、描いてもらったマネーフローの図で、本文の挿し絵も差し替えようと思っていた目論見は断念せざるを得ませんでした。デザインとしてはすぐれていますが、本文の説明とは不釣合いだったからです。これはあくまでイラストとしてのみ使わせてもらおう。そうすると、表紙のデザインも私の考えた案にこだわる必要はなくなります。出版社からはこれ1案だけでなく、他にもいくつかの案が送られて来ていました。

Hyoushi_2 Hyoushi_3 Hyoushi_4

 安いデザイン料でここまでやってもらえるとは思ってもいなかったので、正直恐縮してしまいました。(オプションのデザイン料金は3万円でした。) しかもデザインは表紙だけでなく、表紙に付ける帯(業界用語で「腰巻」っていうんでしたっけ?)も含まれているんです。帯に付けるキャッチコピーは自分で書きましたが、デザインはお任せしました。デザイン案をやり取りしているあいだにお盆休みに入ってしまいましたから、確定案をここでお見せすることは出来ません。それは本の発売日が決まった時点でお披露目します。

 著者が検討しなければならないオプションは、表紙のデザインだけではありません。それよりもっと重要な決定があります。本の売り方をどうするかということです。ISBNコードを取得して書店流通に乗せることは当然として、その他にも書店への委託配本をするかどうか、出版社の営業担当者に書店への営業をお願いするかどうか、書店への注文チラシのFAXはどうするか、プレスリリース(マスコミへのチラシ配布)をどうするか、電子書籍としても流通させるか、そういったことがそれぞれオプションで選択出来るようになっているのです。(著名人への献本を代行してくれるオプションまであります。) それらのオプションを使わなければ、せいぜいこのブログで宣伝して、あとは読者からの注文を待つだけになる訳です。

 すでにインターネット上でたくさんの読者を持っている人なら、そんなオプションなんて付けなくても、一定数の販売は見込めるでしょう。いや、ネット著名人なら、費用をかけて紙の書籍を作らなくても、電子書籍だけにした方が営業効率はいいかも知れない。が、名もない書き手にとって、紙の書籍はそれ自体が商品である以上に販売ツールにもなるのです。形ある本でなければ、委託配本も出来なければ、プレスリリースや著名人への献本も出来ませんから。もちろん自費出版専門の出版社から委託配本の依頼が来ても、書店は中身も見ずに返本してしまうだけかも知れません(きっとほとんどがそうでしょう)。それでも出版社の倉庫に寝かせて客注が入るのを待つだけよりは、多少は人目にふれるチャンスがあるはずです。

 とりあえず出版社との最初の契約では、委託配本と営業のオプションだけをお願いすることにしました、電子書籍化のオプションについては迷いましたが、とりあえず費用もかかるし、やめておきました。紙の本が売れないのに、電子書籍だけが売れるなんてことは考えにくいですから。プレスリリースや献本については、本が出来てから考えましょう。これらの営業戦略が効を奏するかどうか、あるいはすべてが空振りに終わるかどうか、それは現時点では分かりません。ここからは何か状況が進展した時点で、リアルタイムでお伝えしたいと思います。ですからこの連載も不定期になります。ここまで読んでいただいた皆さん、ぜひ「約束するお金と感謝するお金」を応援してくださいね。

|

« 本を作る(4) | トップページ | 本を作る(6) »

コメント

頑張ってください。出版されたらすぐに購入させていただきます。

投稿: ロシナンテ | 2015年8月28日 (金) 19時15分

ロシナンテさん。ありがとうございます。

ロシナンテさんを読者第1号として認定します。(笑)
先週末にようやく表紙の確定版が送られて来ました。
出版まではもう少しお待ちください。m(_ _)m

投稿: Like_an_Arrow | 2015年8月30日 (日) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/62093892

この記事へのトラックバック一覧です: 本を作る(5):

« 本を作る(4) | トップページ | 本を作る(6) »