« 本を作る(2) | トップページ | 本を作る(4) »

2015年7月20日 (月)

本を作る(3)

■良い共同出版と悪い共同出版

 見積金額が予想していたよりはるかに高かったのです。新書判で初版2000部を刷るのに、著者負担額が約250万円もかかると言います。これはどう考えても適正な金額ではありません。そのことは暗算でもすぐに分かります。新書ですから、書店での売値は800円くらい、ということは、2000部全部売れても160万円程度の売上にしかならない。つまり著者としては、最初から持ち出しが決まっている訳です。逆に出版社としては、これでもしも著者が納得すればおいしい商売です。なにしろ著者からは初版が完売した場合に入って来る売上以上のお金が支払われる訳ですから。出版社にとっては書店ルートで売れようが売れまいが、利益は確保できている。まったくノーリスクのビジネスです。

 がっかりしてしまいました。一部の出版社でそのような見積りを送り付けて来るということは、いろいろな人の証言から分かっていました。しかし、自分の選んだ出版社に限っては、いや、自分が送った原稿に限っては、そんな理不尽な取り扱いはあるまいと高を括っていたのです。交渉をしようかとも思いましたが、どうせ無駄だろうと思い止まりました。講評を書いてくれた編集子の方は価格決定には関わっていないのだろうし、これが先方のビジネスモデルであることは明らかだったからです。はたしてこちらが見積金額が予想よりはるかに高いということを伝えると、先方からは何も言って来なくなりました。最初から「うるさ型」の客は相手にしない方針なのでしょう。あとで訴訟でも起こされたら厄介ですからね。

 今回、共同出版というものに少し関わってみて、いろいろ考えたことがありますので、それをここに書いておきます。繰り返しますが、共同出版というコンセプト自体は悪くないし、この分野で信頼のおけるビジネスモデルを実現する出版社が現れれば、それはこの国の出版文化にもきっといい影響を与えるはずだと思います。では、共同出版のあるべき姿とはどういうものか? 次の表を見てください。これは私が考える理想的な「良い共同出版」と、現実に存在する著者を食い物にする「悪い共同出版」の特徴をまとめたものです。それと対比させる意味で、自費出版についても表に追加しておきます。これを見ていただければ、出版というビジネスの裏側が少し理解できると思います。(クリックで拡大します。)

Shuppanhoushiki

 スペースの関係で通常の企画出版(商業出版)を表に載せられませんでしたが、それは説明するまでもないと思います。まとめればこういうことです。良い共同出版というものがあるとすれば、それは初版時は著者と出版社がリスクを分け合い、増刷になればそこから先の利益も両者で分け合うというビジネスモデルになります。出版というのは、初版の段階ではほとんど利益が出ず(むしろ赤字で)、増刷されて以降に利益が出るものですから、両者で協力し合ってなんとか増刷にまで漕ぎ着こうというのが正統な意味での共同出版なのです。ところが悪い共同出版(つまり現実の共同出版)では、その初期リスクをすべて著者に押し付けた上で、さらに通常よりも低い印税率で、初版在庫の所有権も著者に渡さないという片務的な契約条件なのですから、これはビジネスというより詐欺に近い。それでも一定のマーケットニーズがあるのは、出版というものが人の射幸心や自己実現欲求といったものに訴える分野だからでしょう。

 共同出版が著者と出版社で初期費用を分担し合うビジネスモデルだと言っても、実際には自費出版専門の出版社よりも安い費用で本を作るのは難しいと思われます。これは今回の経験で知ったことですが、本を作るのは印刷や製本という工程だけを見れば、意外なほど安くできるものなのです。良心的な自費出版専門の出版社では、インターネット上で簡単に費用が見積もれるページを公開しているところもあります。例えば、新書判で2000部の初版を刷るのに最低限必要なのは50万円程度です。もちろんそれだってふつうのサラリーマンには安い買い物ではありませんが、共同出版の見積りと比較すると5分の1です。共同出版が自費出版には無いメリットを顧客(著者)に提供できるとすれば、印刷費や製本費をさらに安くするよりも、編集や営業といった領域で協力することがメインになると思います。しかも本当にそれができるのは、出版社がその原稿の価値を確信していればこそです。

 もしも私が共同出版専門の出版社を立ち上げるとすれば、こんな経営方針にしたいところです。まず持ち込み原稿は厳しく審査する。完成度を問うよりも、粗削りでも何か光るものがある原稿を探します。それを作者とともに彫琢して市場に出しても恥ずかしくない作品に仕上げる。初版の印刷・製本費だけは作者に負担してもらいますが、その他の費用はすべて出版社が持ちます。つまり企業としての利益は、作った本を市場で売ることでのみ確保できるのです(当たり前のことですね、出版社なのだから)。そのためにはユニークな出版社としての認知度を高めることが何より重要です。つまり無名の新人を発掘する「目利き力」において突出したものがなければならない。大手出版社が出版不況を口実に、鉱脈のなかからダイヤモンドを発掘する仕事を放棄している以上、そこにビジネスチャンスがあると見る訳です。(あ、別に私の持ち込んだ原稿がダイヤモンドだと言いたい訳ではありませんよ。笑)

 ここに自費出版を専門にする出版社に対する差別化の要素もあるはずです。自費出版専門の出版社の弱味は、自社のブランド価値を生み出しにくい点にあります。基本的に来るものは拒まずで持ち込み原稿を出版していれば、当然その出版社の本は玉石混淆になるでしょう。そうすると書店に売り込む際にも、そういう先入観で見られることになる。いくら今回の本はお薦めですと出版社の営業マンが自信を持って売り込んでも、その営業費自体が著者が払うオプションに含まれていると知っている書店には響きません。これに対して目利き力のブランドを持った出版社から出る新刊は、書店も読書界も期待を持って迎えることでしょう。出版社の編集担当を志した人なら、誰もがそういう編集人になりたいと一度は思ったことがあるのではないかと思います。ということは、これは出版業として特殊なあり方ではなく、むしろその王道と言えるかも知れないということです。

 と、理屈では言っても、現実はそう甘いものではないのでしょうね。それができるなら、資金力も人材も豊富な大手の出版社がすでにそれをビジネスにしていなくてはおかしい。編集者が名も無い書き手の原稿に惚れ込んで、著者と一緒に立派な1冊に仕立て上げて、それでベストセラーが生まれるくらいなら何も苦労は要りません。むしろ編集者のそうした思い込みは、出版ビジネスのなかでは有害無益なものだという経験則が出来上がっているのではないでしょうか。出版不況というのは、つまりそうした状況そのものを指しているのかも知れません。――とまあ、余計な議論ばかりしていますね。次回はどうして私が共同出版を諦めて自費出版を選んだのか、その理由について書いてみたいと思います。これから自費出版をしてみたいと思っている方は必読です。

|

« 本を作る(2) | トップページ | 本を作る(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/61918941

この記事へのトラックバック一覧です: 本を作る(3):

« 本を作る(2) | トップページ | 本を作る(4) »