« 憲法9条にノーベル平和賞? | トップページ | 本を作る(1) »

2014年10月27日 (月)

パンデミックと民主主義

 西アフリカで発生したエボラ出血熱の広がりが懸念されています。感染力が強く、現在有効な治療法も無く、罹患者の致死率は50パーセントと聞けば、これは単なる重大ニュースというだけでは済まされないものです。すでにアメリカやヨーロッパでも患者の発生が報告されており、これが世界的なパンデミックに発展する可能性も否定出来ない状況です。アフリカ諸国と経済的なつながりの強い中国でこの病気が広がることを心配している記事もありました。

 この問題について、このブログでコメント出来るようなことは何もありません。ただ、日本を含む先進各国の対応がまったく後手に回っていて、それは現代の民主主義の弱点が露呈したものであるかも知れないということについては指摘しておきたい気がします。同じ西アフリカでも、ナイジェリアではこの病気の拡大を食い止めることに成功しているそうです。その理由は、ナイジェリアのような途上国では、欧米諸国と違って政府が強権的な政策(例えば国境封鎖のような?)を発動出来るからということらしい。なるほど。パンデミックと闘うためには、民主主義は足かせになるんですね。

 日本の各空港では、リベリアやギニアやシエラレオネからの帰国者・入国者に対して自主申告を呼び掛けています。入国検査の際に体温をチェックをするサーモグラフィーも導入されたようです。しかし、それだけです。なんて生ぬるい対策なんだろうと思うのは私だけでしょうか。アメリカよりも防護体制で劣っている日本は、ひとりでも罹患者を国内に入れてしまったら、もはや国内でのエボラ出血熱の流行を食い止める術はないのです。何故、入国禁止の措置を取らないのでしょう。それが無理だったとしても、入国希望者は全員いったん隔離して、感染の有無を調べた上で入国を許可するくらいのことは出来る筈です。いまこうしているあいだにも、成田や関空には西アフリカからの便が到着しているのです。

 民主主義が仇になって却って壊滅的な危機を招いてしまう、これは先進国に共通した問題なのかも知れません。福島第一原発の事故の際に、民主党政府は近隣地区の住民に緊急避難の命令も出さなかったし、子供たちに安定ヨウ素剤を配ることもしなかった。あれは危機意識が低かったからではありません、それをした時の世論の反応が恐かったからです。これは自民党政権でも同じだったでしょう。韓国のセウォル号沈没事故で、船内にいた高校生たちにその場を動くなと放送した乗務員のことを私たちは批判することは出来ません。平和ボケした私たちは、本当の危機がすぐそこまで近付いているのに、それを直視して行動を起こすことが出来ない、そこに現代の最も深刻な問題があるような気がします。

|

« 憲法9条にノーベル平和賞? | トップページ | 本を作る(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/60554845

この記事へのトラックバック一覧です: パンデミックと民主主義:

« 憲法9条にノーベル平和賞? | トップページ | 本を作る(1) »