« 歴史的使命の人 | トップページ | Is The Singurality Near? »

2014年6月 8日 (日)

放射線被害論争にとどめを刺す

 ちょっと旬を逃してしまった話題ですが、人気漫画の「美味しんぼ」が論争を巻き起こしています。福島の放射線被害に関連して、主人公が鼻血を出す場面が、風評被害を煽るものだとして批判を浴びているのです。批判派は低線量の放射線を受けたくらいで鼻血が出るなんてまったくのデタラメだと言い、擁護派は放射線による健康被害の実態は解明されていないのだから、一概にデタラメとは言えないと答えます。この問題を傍から見ていて切ないのは、福島県知事をはじめとして、福島の人たちの多くがこの漫画に対して不快の意思表示をしている点です。ふつう被害者は、自分の受けた被害を過大に訴えることはあっても、過小に見せかけようとすることはありません。それでは裁判や示談の場で不利になってしまいますからね。ところが放射線被害には、当事者が被害の実態を隠そうとする傾向がある。そうしないと風評被害という二次被害を受けることになるからです。放射線被害には、被害者がはっきりと訴えを起こすことが出来ないという点で、性暴力の被害に似たところがあります。

 もう事故から3年以上経ったのに、放射線被害に関する論争はいっこうに収束する気配がありません。専門家と素人が入り乱れて、延々水掛け論を繰り返しているといった印象です。よろしい、だったら私がこの論争にとどめを刺してやろうじゃないか、というのが今回のテーマです。実はこの問題、放射線が人体に与える影響がまだ十分に解明されていないために答えが出ない、といった問題では全然ありません。答えはもっと単純なところにあります。私はそれを「放射性物質=ゴキブリ理論」というものを使って説明しようと思います。例えばここに一棟の新築マンションがあったとしましょう。駅からも近いし、内装も素敵だし、値段も手頃なので売り切れ間違いなしの物件です。ところが、ひとつだけ問題がある。新築にもかかわらずこのマンションにはゴキブリが大量発生しているのです。モデルルームを見学しに来た客の目の前をゴキブリが這い回っている。いくら駆除してもどこからか涌き出て来る。というようなマンションがあったら、あなたはそこに住みたいと思いますか? 現代の技術をもってしてもどうしても駆除出来ないゴキブリが棲みついているマンション、そんなものに商品価値がありますか?

 福島の放射線被害を過大に言いふらすなと言っている人たちは、ゴキブリ付きのマンションだって住民が健康被害を受けるなんてことはめったにない、風評被害を煽るなと言い募るデベロッパーと同じです。調べてみればここに棲息するゴキブリは、悪い細菌を持っていたり、病気を媒介する種類のものではないのかも知れない。しかし、問題はそんなことじゃないですよね。いくら専門家が、ここのゴキブリは無害ですと言っても、私たちはゴキブリ付きのマンションには住めない。科学的に見てどうかという以前に、まずたいていの人はゴキブリが大嫌いだからです。風評被害がどうこういう問題じゃない。放射性物質だってそれと同じです。いいですか、ここは重要なところですが、放射性物質は人体にとって危険だから排除しなければならないのではありません。いや、もちろんそれもありますが、それ以前に放射性物質は「汚い」ものだから我々の生活圏に近付けてはいけないのです。放射能に対する我々の嫌悪感や恐怖感、それは科学的な事実に裏付けられたものというより、生物としての本能に根差したもので、理屈によって抑えられるようなものではありません。

 よく「放射線は正しく恐れよう」なんて言い方をする人がいますが、これも一見賢そうに見えて、実は全然賢い意見ではありませんね。そのことはこれを「ゴキブリは正しく恐れよう」と言い換えてみれば分かります。人類のゴキブリに対する正しい対処法は、身の回りを清潔にして、それが発生しないような環境を整えること、万一発生してしまったら、その発生経路を突き止めて徹底的に駆除することです。決して壁(防護壁)を作って巣(格納容器)に閉じ込めることではありません。ゴキブリが這い回っているような環境では、たとえ病原菌や毒性のある物質は見付からなくても、人は健康を損なってしまう。さまざまな病気が心因性の原因によって引き起こされることは、現代医学の常識ではないですか(なかにはゴキブリを見て鼻血を出す人だっているに違いない)。人類が永遠にゴキブリとは仲良く共存出来ないように、放射性物質とは共存出来ない。これはもう理屈ではないのです。原発推進派も原発廃止派も、もういい加減にそのことに気付くべきだと思います。

|

« 歴史的使命の人 | トップページ | Is The Singurality Near? »

コメント

電力会社が発送電分離法案をよく認めたなあと感じます。
その裏で何らかのトレードオフが有ったのではないかと勘ぐってしまいます。

投稿: ロシナンテ | 2014年6月17日 (火) 23時10分

①発電会社(Bad東電)と送電会社(Good東電)を分け、②Bad東電を国に押し付けて国有化し、③自分たちはGood東電に逃げ込む。

という計画なのでは?

投稿: Like_an_Arrow | 2014年6月19日 (木) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/59783195

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線被害論争にとどめを刺す:

« 歴史的使命の人 | トップページ | Is The Singurality Near? »