« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月15日 (日)

Is The Singurality Near?

 今週はロボットや人工知能(AI)に関する記事が目につきました。週刊ダイヤモンドが「ロボット・AI革命」という特集を組んでいるほか、朝日新聞の一面でもこの話題が取り上げられていましたし、ソフトバンクが近く人間の感情を理解するロボットを発売するなんていうニュースもありました。最近はグーグルを始めとするアメリカのIT企業も、次の成長分野としてこの方面に積極的に投資しているらしく、ロボットやAIはいま最もホットな話題となっているようです。ただ、どの記事を見ても、新しい成長分野ということで手放しで歓迎しているといったトーンではありません。ロボットの進化によって産業の生産性が大きく向上することが期待される一方で、人間がロボットによって職を奪われるという負の側面も見えて来たからです。週刊ダイヤモンドの特集には、「待ち受けるのは競争か共生か」というサブタイトルが付けられています。

 しかし、機械によって人間の職が奪われるといった事態は、何もロボットの出現によって始まったことではありません。銀行のATMだって駅の自動券売機だって、それが登場した時には多くの人の職を奪った筈です。ロボット以前にも工場はオートメーション化によって大量の人員削減を行なっていました。いま、この問題が社会の関心を集めているのは、単にロボットの性能が向上して、ますます多くの職業分野にロボットが進出するようになったというだけのことではありません。人間がプログラムしなくても、ロボットが自ら考え、自律的に問題解決をする技術が実用化され始めている。そのことによっていわゆるホワイトカラーの非定型的な仕事まで、ロボットによって取って代わられるのではないかと危惧されているのです。非定型的な仕事というのは、例えば事業の企画書を作ったり、メールで顧客とやり取りをしたり、コンピュータシステムの開発をしたりといったようなことですね。こういった仕事を担当するのは、二足歩行をするロボットではありません、進化した人工知能です。知的作業をこなすためには、ロボットの身体は必ずしも必要無い訳ですから。そういう意味で、現在進行しつつあるのは、ロボット革命であるよりもAI革命であると言った方が正確です。

 「シンギュラリティ(Singurality)」というコトバがあります。日本語では「技術的特異点」と訳されることが多いようですが、要するに科学技術の進歩が「人間を追い越して」しまう時点のことを指します。もしもAIが人間よりも優れた知性を獲得する時代が来たら、理論的に言って、そこから先人間の役割は無くなってしまう。何故なら、人間より優れた知性は自らを改造してさらに高度な知性を獲得することが出来る筈だし、そうなればAIは人間を置き去りにして、独自の進化をたどり始めることになるからです。そこではまったく新しい科学理論や風変わりな工業製品が次々に生み出されることになりますが、もはや人間はそれを理解することも使いこなすことも出来なくなってしまう。つまりAIを持ったロボットが人間に代わって地球を支配するという、SFの世界ではお馴染みの展開が現実のものとなるのです。これがシンギュラリティのイメージです。その時、ロボットと人間の関係が「競争」になるのか「共生」になるのか、それは誰にも分かりません。分かっているのはただ、それを選択するのは人間ではなくロボットの側であること、そしてもしも「競争」が選択された時には、人間側にはまったく勝ち目が無いということだけです。

 来るべきロボット・AI時代(つまりシンギュラリティ以後)に向け、私たちはどのような準備をしておけばいいのでしょう? あるいは遺伝子操作などと同様に、AIも禁断の技術開発分野として、法律で厳しく制限すべきなのでしょうか? おそらくそのような議論が真面目に戦わされる日も遠くないのではないかと思います。が、私はこのような心配は杞憂に過ぎないと思っています。AIの進歩によって、ロボットが人間の後継者(ポストヒューマン)に進化するためには、AI技術における最も重要かつ決定的な課題がまだ解決されていないからです。それはどのようにすればAIに「感情」を持たせることが出来るのか、言い換えれば「心を持ったロボット」は実現可能かという問題です。AIはすでにチェスや将棋の世界では人間を超えた知性を獲得するに至っています(それを知性と呼ぶかどうかは別にして)。が、これはAIが人間の名人に勝ちたいという願望を抱いて、それを実現させた結果ではありません。また名人を破ったチェスソフトが、その瞬間に勝利の喜びを感じたという事実だって存在しない。そんなことは誰が考えても当たり前のことですよね。感情を持たないAIには、人間を支配しようか、それとも共存しようかといった意思すら持つことは出来ない、これもまた当たり前のことです。

 シンギュラリティ派の人たちは、AIが進化すれば自然に「自我」のようなものが芽生えて来ると信じているフシがある。しかし、これはまったく根拠の無い仮説です。いまのAI研究では、人間が教えなくても自ら学習して知識を深めて行く、ディープラーニングという技術が実現しているそうです。でも、そのことと心を持ったAIというものはまったく関係がありません。ディープラーニングの果てに自我が芽生えるなんてことは、原理的にあり得ないからです。と言うより、私たちはどのようにして物質が感情を持つかという根本問題に対して、まだ初歩的な仮説すら持っていないと言った方が正確でしょう。私はそれが科学技術研究のなかで、未来永劫不可能だと言っている訳ではありません。少なくとも自然は40億年という時間をかけてそれを実現した訳ですし、人類がそれを追試して成功させる日が来ないとも限らない。ただ、そのためには現在のAI研究とはまったく異なるアプローチが必要になる筈だし、そんなことを研究している科学者(マッドサイエンティスト?)もいないだろうと思っているだけです。一説によれば、シンギュラリティは2045年頃にやって来るのだそうですが、現在まだ萌芽さえ見せていない技術が30年後に実現するという予想は、私に言わせれば楽観的(悲観的?)過ぎます。

 私はシンギュラリティは来ないという方にチップをすべて賭けてもいいと思っているのですが、ロボット・AI技術がこの社会に与える影響を過小評価するつもりもありません。それによって人間の職業分野が脅かされるということは当然起こるでしょう。しかし、そこには社会の生産性が向上し、人間がつらい労働から解放されるという正の面もあるので、(ベーシックインカムや政府通貨などによって)社会制度をうまく転換させれば、ロボット・AI技術は豊かな社会の実現に寄与するものだと思っています。またたとえ人間が支配されるなんてことはなくても、高度化したAIには一定の脅威が無いとは言えません。例えばコンピュータウイルスは、それ自身が意思や感情を持っていなくても、インターネット上に拡散して深刻な被害を与えます。一度拡散してしまったウイルスは、作者ですらこれを退治することは出来ません。その程度の危険は、AI研究にもつきものだということです。これに対しては、ウイルス対策ソフトを不断にバージョンアップするように、地道に対策を施すしかない。それは豊かな社会を実現するために私たちが支払わなければならない税金のようなものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

放射線被害論争にとどめを刺す

 ちょっと旬を逃してしまった話題ですが、人気漫画の「美味しんぼ」が論争を巻き起こしています。福島の放射線被害に関連して、主人公が鼻血を出す場面が、風評被害を煽るものだとして批判を浴びているのです。批判派は低線量の放射線を受けたくらいで鼻血が出るなんてまったくのデタラメだと言い、擁護派は放射線による健康被害の実態は解明されていないのだから、一概にデタラメとは言えないと答えます。この問題を傍から見ていて切ないのは、福島県知事をはじめとして、福島の人たちの多くがこの漫画に対して不快の意思表示をしている点です。ふつう被害者は、自分の受けた被害を過大に訴えることはあっても、過小に見せかけようとすることはありません。それでは裁判や示談の場で不利になってしまいますからね。ところが放射線被害には、当事者が被害の実態を隠そうとする傾向がある。そうしないと風評被害という二次被害を受けることになるからです。放射線被害には、被害者がはっきりと訴えを起こすことが出来ないという点で、性暴力の被害に似たところがあります。

 もう事故から3年以上経ったのに、放射線被害に関する論争はいっこうに収束する気配がありません。専門家と素人が入り乱れて、延々水掛け論を繰り返しているといった印象です。よろしい、だったら私がこの論争にとどめを刺してやろうじゃないか、というのが今回のテーマです。実はこの問題、放射線が人体に与える影響がまだ十分に解明されていないために答えが出ない、といった問題では全然ありません。答えはもっと単純なところにあります。私はそれを「放射性物質=ゴキブリ理論」というものを使って説明しようと思います。例えばここに一棟の新築マンションがあったとしましょう。駅からも近いし、内装も素敵だし、値段も手頃なので売り切れ間違いなしの物件です。ところが、ひとつだけ問題がある。新築にもかかわらずこのマンションにはゴキブリが大量発生しているのです。モデルルームを見学しに来た客の目の前をゴキブリが這い回っている。いくら駆除してもどこからか涌き出て来る。というようなマンションがあったら、あなたはそこに住みたいと思いますか? 現代の技術をもってしてもどうしても駆除出来ないゴキブリが棲みついているマンション、そんなものに商品価値がありますか?

 福島の放射線被害を過大に言いふらすなと言っている人たちは、ゴキブリ付きのマンションだって住民が健康被害を受けるなんてことはめったにない、風評被害を煽るなと言い募るデベロッパーと同じです。調べてみればここに棲息するゴキブリは、悪い細菌を持っていたり、病気を媒介する種類のものではないのかも知れない。しかし、問題はそんなことじゃないですよね。いくら専門家が、ここのゴキブリは無害ですと言っても、私たちはゴキブリ付きのマンションには住めない。科学的に見てどうかという以前に、まずたいていの人はゴキブリが大嫌いだからです。風評被害がどうこういう問題じゃない。放射性物質だってそれと同じです。いいですか、ここは重要なところですが、放射性物質は人体にとって危険だから排除しなければならないのではありません。いや、もちろんそれもありますが、それ以前に放射性物質は「汚い」ものだから我々の生活圏に近付けてはいけないのです。放射能に対する我々の嫌悪感や恐怖感、それは科学的な事実に裏付けられたものというより、生物としての本能に根差したもので、理屈によって抑えられるようなものではありません。

 よく「放射線は正しく恐れよう」なんて言い方をする人がいますが、これも一見賢そうに見えて、実は全然賢い意見ではありませんね。そのことはこれを「ゴキブリは正しく恐れよう」と言い換えてみれば分かります。人類のゴキブリに対する正しい対処法は、身の回りを清潔にして、それが発生しないような環境を整えること、万一発生してしまったら、その発生経路を突き止めて徹底的に駆除することです。決して壁(防護壁)を作って巣(格納容器)に閉じ込めることではありません。ゴキブリが這い回っているような環境では、たとえ病原菌や毒性のある物質は見付からなくても、人は健康を損なってしまう。さまざまな病気が心因性の原因によって引き起こされることは、現代医学の常識ではないですか(なかにはゴキブリを見て鼻血を出す人だっているに違いない)。人類が永遠にゴキブリとは仲良く共存出来ないように、放射性物質とは共存出来ない。これはもう理屈ではないのです。原発推進派も原発廃止派も、もういい加減にそのことに気付くべきだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

歴史的使命の人

 いま日本にとって最も重要な政治的課題と言えば何でしょう? 経済格差やワーキングプアの問題を挙げる人もいるでしょう、少子化問題だと言う人もいれば、TPP問題こそ喫緊の政治的課題だと考えている人もいるに違いない。しかし、集団的自衛権に関する問題が、何を措いても最優先に議論すべき課題であると感じている人はほとんどいないのではないかと思います。安倍内閣はこの優先順位の評価ということについて、一般の国民とはまったく異なる裁定を下しているようです。連日この話題がトップニュースとして報じられているのを見るにつけ、この国の政治はいまどこに向かおうとしているのかと不安を感じずにはいられません。

 安倍総理大臣を支持する人もそうでない人も、安倍さんという人がふつうの総理大臣ではないという点は、肝に銘じておくべきだろうと思います。以前、この人の著書についての感想をこのブログに書いたことがありましたが、その時に感じたのは、安倍晋三という人は、生まれついての「歴史的使命の人」なのだということでした。岸信介という戦後の名宰相の孫であり、父親も大物代議士だったという超一流の政治家ファミリーのなかで、子供の頃から自分は特別なのだという強烈なエリート意識を持って生育したのがこの人です。そのことがどのページからも感じ取れる、そんな印象の本でした。私はここで、安倍さんがエリート意識むき出しの鼻持ちならない政治家だと言いたいのではありません。この人は愚直なまでに一途に自分の使命というものを信じており、おそらくはそれに殉じる覚悟さえ持っている、何というか一種の宗教家のような人物という印象を私は持っています。ただ、そうした人物はいまこの時代の総理大臣として、一番ふさわしくないタイプではないかとも思うのです。

 現在、東アジア情勢が緊迫しているなかで、日本が集団的自衛権の行使を世界にアピールすることに対しては、一定の支持も得られるのだろうと思います。でも、考えてみれば、その緊張関係というのは安倍さん自身が演出したものでもある訳ですよね。現役の総理大臣としては7年ぶりに靖国神社を参拝したり、慰安婦問題に関する政府見解を覆したりしている訳ですから。自分で危機を煽っておいて、その危機に対応するために集団的自衛権が必要だというのは、まさにマッチポンプです。別に安倍さんご自身は、意図して中国や韓国を挑発しているつもりはないのだろうと思います。むしろこの人のなかには、アメリカとの同盟を対等なものにして、日本を属国のような状態から解放したいという強い思いがあるだけなのだと思う。そのための自主憲法であり、集団的自衛権なのです。現在の世界情勢にかんがみて、それが必要だと判断している訳ではない。それは自民党結党以来の悲願であり、それこそが彼の使命であり、彼は歴史的使命の人なのだから。

 ヒットラーの例を持ち出すまでもなく、歴史的使命の人を国のリーダーに据えておくことは、非常に危険なことではないかと思います。実を言えば今回の記事を、私は最初「安倍総理はサイコパスか?」というタイトルで書き始めたのです。さすがにそれはあんまりだと思って、穏健なタイトルに差し替えたのでした。しかし、私自身の印象はそれなのです。とにかくこの人物の仮面のような表情からは、ふつうの意味での人間性のようなものが感じられない。たぶんそれは彼と会見した各国の首脳も感じ取っていることではないかという気がします。集団的自衛権に対する強い執着は、その病的な一面の現れでしょう。ひとりの人間の心理的アイデンティティと結び付いた問題である以上、これを政治的なコレクトネスの問題と捉えること自体が虚しい。政治家に限らず、さまざまな分野で、歴史的な使命を担わされているとしか思えないような人物が現れることがあります。しかし、それは本人がそう自覚していたかどうかではなく、後世の人々によってそのように判定されるのであって、むしろ本人には自分が歴史的な偉業を成し遂げつつあるなどという意識は無いのがふつうでしょう。歴史上の偉人に多く見られる「無私」というものが、この人には決定的に欠けています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »