« ボツになったアフォリズム集(6) | トップページ | 歴史的使命の人 »

2014年5月19日 (月)

それを「正当防衛」に喩えるな!

 経済学者の高橋洋一さんが、集団的自衛権について書いています。高橋さんの経済エッセイはいつも興味深く読んでいるし、教えられることも多いのですが、今回の記事に関しては一から十まで納得出来ない内容でした。たぶん集団的自衛権を擁護する人たちの常套的な論法なのだと思いますが、これを刑法で定められた「正当防衛」とのアナロジーで論じているのです。つまりこういう理屈です。私たちが暴漢や通り魔に襲われた時に、自分の身を守るために反撃することは法律で認められています。行き過ぎた反撃は過剰防衛となってしまうこともありますが、常識的な範囲内の反撃であれば、それによって相手(暴漢)を傷つけてしまっても罪に問われないのです。これは自分が襲われた場合だけでなく、近くにいた他人が襲われた場合にも当てはまります。放っておけば人が殺されてしまうかも知れないような緊迫した状況では、暴行を働こうとしている相手を殴るなり蹴るなりして、とりあえずの危機を回避しても、それは罪には当たらない(ナイフで背中を刺したり、バットで脳天を叩き割ったりすれば、もちろん過剰防衛になるでしょうが)。これとまったく同じことが国と国との軍事衝突の場合にも言える、というのが今回の記事の主旨です。

 高橋さんによれば、軍事的な自衛権と刑法上の正当防衛は、どちらも「Self-Defence」というコトバで括られる概念で、欧米人にとっては個人の自衛権が自明の権利であるように、国家の自衛権もその正当性は議論するまでもないものなのだそうです。そして正当防衛に自分と他人の区別が無いように、自衛権にも個別的だとか集団的といった区別は本来無いのだそうで、「個別的自衛権は合法だが、集団的自衛権は違法」といった主張は、国際社会ではまったく通用しないロジックだというのです。それはまるで「私は自分の身しか守らない。隣で女性が暴漢に襲われていようと、見て見ぬふりをして放置します」と天下に宣言しているのと同じことだといいます。どうでしょう? このロジックには説得力があるでしょうか? 私はむしろ高橋教授ほどの人が、このような詭弁というか、誤った比喩で国家の自衛権を語ることの方が、よほど非常識ではないかと思う。では、集団的自衛権を刑法の正当防衛に喩えることのどこが非常識であり、詭弁なのか?

 それは簡単なことです。安倍内閣が集団的自衛権の仮想敵と見なしている中国や北朝鮮は、決して暴漢でもなければ通り魔でもないということです。たまたま通りがかった道で、女性が暴漢に襲われていたというシチュエーションなら、その暴漢を撃退することに正当性があるのは明らかでしょう。(いや、それだって実はそのふたりは恋人同士で、痴話喧嘩がエスカレートしただけだったという可能性もあります。そこで早とちりをして男の方を撃退してしまったら、被害者だと思っていた女の方から訴えられるなんてこともあるかも知れません。) ところが、中国や北朝鮮は日本にとって赤の他人ではないのです。むしろ喩えるならば、「ご近所さん」のようなものでしょう。近所のAさんとBさんはふだんから仲が悪くて、いつも喧嘩ばかりしている。自分としてはAさんに親しみを感じているので、喧嘩の際にはAさんの肩を持ちたくなる。この時、Bさんが先に手を出したからと言って、Aさんに代わってBさんを殴り倒してしまったら、それは正当防衛と呼べるだろうか? まあ、呼べるかも知れませんね、たまたまBさんが手に包丁でも持っていたとすれば。しかし、逆にAさんが手にバットを持っていて、Bさんに殴りかかろうとしていたとすれば、Bさんを助けることこそが正当防衛になるでしょう。自分が好意を持っている相手を一方的に助太刀するのは、正当防衛とは言いません。この比喩は、最初から破綻しています。

 暴漢が赤の他人であれば、正当防衛の範囲で相手を傷つけてしまっても、後々に残る影響のことを考える必要はありません。相手が刑務所に入れられてしまえば、再び赤の他人に戻ることが出来るのだから。しかし、近所付き合いやクラスメートとの付き合いのようなものではそうは行きません。どんなに相性の悪い相手であっても、この先も付き合いを止めることは出来ないからです。集団的自衛権を主張するということは、近所付き合いまたはクラスのなかで派閥対立が起こっている時に、自分が派閥の一方に加わることを明確に宣言することです。暴漢からか弱い女性を助け出すようなものでは断じてありません。派閥の一方に加わることは、その派閥が優勢である限りにおいて、一定の安心感をもたらすものではあるでしょう。が、それは派閥の対立をエスカレートさせこそすれ、決して宥和させるものではない。その先にあるものは、ずっと緊張を強いられ、気の休まることのない地域生活であり学校生活です。安倍さんや高橋さんは、要するに派閥抗争を容認し、日本もそこに参加するように促しているのです。

 集団的自衛権などと言っているのは、国際世論からすれば常識はずれのお笑い草でしかないという高橋氏の主張は、むしろ個人の健全な常識からすればひどく偏った党派的なものに過ぎないという気がします。アメリカが日本や韓国と結んでいる軍事同盟にしても、ヨーロッパと結ぶNATO同盟にしても、要するに西側諸国が共産主義陣営を押さえ込むために作り出した派閥の理論に裏打ちされたもので、すでに時代遅れのものです。私は、集団的自衛権という概念はそのような歴史的文脈のなかで理解すべきものだと思っています。この点に関しては、世界の常識の方がおかしい。もしも日本が中国を「永遠の敵」として位置付けて行く覚悟を持っているなら、集団的自衛権に従って中国軍を攻撃すればいいんです。しかし、やはり中国(いや、北朝鮮でさえも)とは、今後も仲良く付き合って行くべきだと考えるなら、集団的自衛権などというものに加担してはいけない。たとえアメリカや西欧諸国からは日和見主義と嘲笑されようとも、日本は個別的自衛権の範囲に留まるべきです。そのための憲法九条であり、そこから日本は「集団的自衛体制」に代わる積極的平和主義を世界に向けてアピールして行くべきだというのが私の意見です。

|

« ボツになったアフォリズム集(6) | トップページ | 歴史的使命の人 »

コメント

この種の議論を目にする度に疑問を感じます。
『国家』概念をどこまで把握された上での軍事力抑制なのか。

巷のネトウヨも「愛国家心」と「愛国土(郷土)心」がごっちゃになっていて、
冷徹な利害打算に裏打ちされた「国益保護」の一手段と、
家族愛、郷土愛、日本的世間体等がベースの心情的感覚的「安全保障」と。
高橋さんの説も後者に属するかと思います。

安倍総理ご自身、おそらく思考過程の中でこの二面を区分けして思考してはいないでしょう。

それはコインの裏表でありどちらかのみ在るものでは無く、両者併存するが思考軸は全く別物であり、且つどちらを優位に置いても歪みが生じる代物。

そして前者はここ50年程度で根付きはじめた概念であり、後者は連綿と歴史と共に続いてきた思考ベクトルであること。

『国家』概念をうやむやにしたままでの防衛論なんて、
先の高橋さんのように、郷土の人達の安全保障=正当防衛=国家間の安全保障
と論が弾け飛んでしまう見本ですね。

『国家』概念が仮に安倍総理に有ったならば、解釈論で憲法をいじるスタンスは生まれないし、それを認めてしまう国民も同列です。

正規の手続きを経て、集団的自衛権を国是とするならば、国民皆暗愚だが従うしかないです。
その時、私は日本を捨てたく思います。

投稿: ロシナンテ | 2014年5月26日 (月) 03時09分

追伸
『国家』軸であり得ることは、近隣国において人道上許されない内戦すらにも介入しない選択肢が有る、と言う事です。 日本がアメリカを従えて介入する? まさか。

投稿: ロシナンテ | 2014年5月26日 (月) 03時18分

重ねてもう一つ追伸
国家の境界なんぞ、その時勢においての国際的多数決でしかなく、当事国を取り巻く上位国家間での利益誘導政策から当事国のどちらかに軍配があがるだけ。
東京裁判史観がどうこう言ったところで「勝てば官軍負ければ賊軍」これは日本国内で散々やり尽くしてきた事ではないか。何をいまさら、と言いたい。
言い換えれば、今も昔も国家間のヒエラルキーは存在するしそれを認めねば消滅するか吸収されるかでしかない。

全ての生命活動における境界領域は、存亡の狭間でのせめぎ合いが常であり衝突・小競り合いが日常なんです。
「これを造れば絶対なる安全保障」と称して過去幾多の都市国家が城壁を造った。そして滅ぼされた。

もう21世紀にもなって数千年前の戦略を踏襲するのも愚かでしょう。
「境界領域では何らかの軋轢が有るのが日常性」
この考えを大前提に、その度、その状況においてベターな収束策を模索しながら事を大きくさせないよう右往左往しつつも、しんどい日常性を維持していく胆力こそが「日本の在るべき」姿だと、かねてより考えています。

そして前回書いた『国家・郷土』を総称した『日本国体(誤解される表現ですが)』を維持したければ、アメリカの言う事聞く属国もどきな顔も見せ、中国にも敵対心出さずに友好的な顔を示していればいい。
あり得ないだろうが、米中衝突クライシスが生まれた時は、日本は『日本国体維持』の名の元に中立を保つしたたかさ、が有って欲しい。

投稿: ロシナンテ | 2014年5月27日 (火) 03時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/59672877

この記事へのトラックバック一覧です: それを「正当防衛」に喩えるな!:

« ボツになったアフォリズム集(6) | トップページ | 歴史的使命の人 »