« 原石を磨かなかった私たちの責任 | トップページ | ボツになったアフォリズム集(6) »

2014年4月20日 (日)

「電王戦」と「将棋2.0」

 将棋のコンピュータソフトとプロ棋士が対戦する「電王戦」は、今年もコンピュータソフトの勝利で終わりました。これでプロ棋士側の3連敗です。以前はプロ棋士が公式にコンピュータソフトと対戦することを、日本将棋連盟が禁止していたのではないかと思いますが、時代の流れには逆らえなくなったのでしょう。昨年は5人のプロ棋士と5つの将棋ソフトがそれぞれ一番勝負を行なって、プロ棋士の1勝3敗1引き分けという結果でした。今年はその雪辱戦とすべく、実力あるトッププロ5人が選抜され、しかも事前に対戦相手のソフトを借りて研究することが出来るというハンデキャップまで与えられたにもかかわらず、ふたを開けてみれば人間側の1勝4敗という結果でした。おそらくショックを受けている関係者も多いのではないかと思います。

 ここ数年のあいだに将棋ソフトの実力が急速に伸びて来た背景には、ソフト開発に関する大きな方向転換があったようです。もともと将棋のような2人用の完全情報ゲーム(サイコロやカードのような偶然の要素を含まないゲーム)は、完全に解析されれば「先手必勝」か「後手必勝」か「引き分け」か、そのいずれかの結論に収束する筈のものです。ソフト開発では、コンピュータの演算能力を活かして、人間の能力を超えた先の展開まで読むことで強いソフトが実現出来ると信じられていた。その考え方は間違いではないのですが、そのためには将棋というゲームは複雑過ぎたのです。比較的ルールの簡単なチェスやオセロゲームなどでは、コンピュータは早くから人間を打ち負かしていました。しかし、相手から取った駒を自分の駒として指せるというルールを持つ日本の将棋は、可能性の分岐が(現在の)コンピュータの演算能力をはるかに超えていたのです。

 最近の将棋ソフトは、コンピュータパワーをフル回転させて先読みをするというやり方ではなく、もっと「人間くさい」やり方で実力を上げて来ているようです。例えば、過去の名勝負と呼ばれるゲームの膨大な棋譜を読み込ませ、いわば人間が「定石」を学ぶような仕方で、過去の優れた打ち手を真似るといったようなやり方です。ゲームの完全解析を果たした最強の将棋ソフトから見れば、人間が残した過去の棋譜なんて意味の無いものであるに違いありません。どんな名勝負であっても、ミスと悪手ばかりが目立つヘボ将棋のように見えることでしょう。が、コンピュータはあえて人間に学ぶことで飛躍的に強くなり、いままさに人間を凌駕するところまで進歩した。これはとても面白いことだと思います。これは要するに、人間とコンピュータが互いに切磋琢磨して、実力を高め合うことが出来る環境が整ったということでもあります。今回の対戦のなかでも、コンピュータが一見過去の定石に反するような手を打って来て、それが結果的に非常に良い手であったことが後から判明したといったことがあったようです。つまり、過去の定石に縛られていた人間の固定観念を覆して、新しい将棋の世界を拓いてみせた訳です。

 こう考えると、電王戦を単に人間が勝つかコンピュータが勝つかというだけのイベントにしてしまうのはもったいない気がして来ます。むしろ新しい将棋の可能性を、プロ棋士とコンピュータが協力して探るためのイベントとして捉えた方がいい。結果としての勝ち負けはある訳ですが、それよりも過去には存在しなかったような斬新な棋譜を残すというところに目標を置いた方がいいと思います。何故かと言えば、それによって人間もコンピュータもさらに実力を高めるための機会が得られるからです。3年連続でプロ棋士が負け越したことで、もう未来永劫人間はコンピュータに勝てないのではないかというような悲観論もあるようですが、それは早計です。いまコンピュータと対戦しているのは、強いコンピュータソフトの無い時代に、古い定石をベースに将棋の実力を培って来た、いわば「棋士1.0」とでも呼ぶべき人たちです。これからは子供時代から強いコンピュータソフトを相手に実力を磨いた「棋士2.0」と呼ぶべき人たちが現れて来るのです。そのなかからどんな天才棋士が現れるか、それを思えばまだまだ勝負は始まったばかりだとも言える。そして人間とコンピュータがしのぎを削るなかで、両者の棋力がますます磨かれて行くことになるのは間違いありません。

 ところで、遠い将来の話はともかく、いまの電王戦のルールは見直すべきではないかという話をします。私自身は将棋を打たない人間なので確かなことは言えないのですが、いろいろな人の観戦記を読むと、今回の電王戦においてプロ棋士は必ずしも実力の差でコンピュータに破れた訳ではないようです。コンピュータと対戦していることのプレッシャーや意表をついた手に惑わされて、棋士側がミスをする場面が多かったらしい。また今回は、ロボットアームが駒を動かすといった無用な余興もあって、それが対戦棋士の気を散らしたという面もあったのではないかと思います。もちろんそれも含めての実力だと言ってしまえばそれまでですが、「斬新で美しい棋譜を残す」という観点からすれば、集中力の欠如から来るミスや悪手はなるべく無くすべきです。そのために電王戦のルールをどう改善すべきか?

 これは思い付きですが、プロ棋士の側は個人戦で戦うのではなく、団体戦で戦うルールにしてはどうでしょう。将棋ソフト側も5種類なんて要らないので、予選を勝ち抜いた最強のソフトひとつがプロ棋士と対戦出来るものとする。これを迎え撃つのは5人のトッププロです。対戦中、彼らは合議制で次の一手を決めるものとします。もしも意見が割れた時には、多数決にするかランク上位の棋士の意見を優先するというルールにしましょう。これによって、棋士側のミスによって名勝負を台無しにしてしまうというリスクはかなり減らせる筈です。電王戦というのは、人間対コンピュータというカテゴリー対決なのだから、特定の棋士を人間代表で出場させることにそもそも無理があるのです。それよりもむしろ人間の「集合知」でコンピュータソフトに対抗する方が正解だと思います。勝負は三番勝負で、先に二勝した方が勝ちとすれば、イベントとしても盛り上がる。そこから「将棋2.0」の世界が見えて来るのではないでしょうか。

|

« 原石を磨かなかった私たちの責任 | トップページ | ボツになったアフォリズム集(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/59503776

この記事へのトラックバック一覧です: 「電王戦」と「将棋2.0」:

« 原石を磨かなかった私たちの責任 | トップページ | ボツになったアフォリズム集(6) »