« クルマでの避難に国民的議論を | トップページ | 「集団的自衛権」という大ウソ »

2014年3月30日 (日)

有為の研究者にもう一度チャンスを

 まさか自殺でもしなければいいけど…。そう心配しているのは私だけではないと思います。この話題について、私には語るべき資格も知識もないのですが、マスコミの取り上げ方があまりにひどいので、ひと言だけ書いておきます。1か月前には「ノーベル賞確実」だとか「リケジョの星」だとか、国を挙げて持ち上げられていた若い女性研究者が、一転して恐ろしいほどのバッシングに晒されています。しかも、本筋の研究内容とは関係ない私生活の問題まであげつらわれて。まず、起こったことを簡単に振り返っておきましょう。生物学の分野で驚くべき新発見があり、その論文が世界的に権威のある科学誌に掲載された。ところがその論文に、他の論文からの写真の転用や画像修正の跡が見付かった。と同時に、リーダーである女性研究者の過去の論文にも、他人の論文からのコピペ(つまり無断転載ですね)があったことが発覚して、研究そのものの信頼性が揺らいでいる。加えて、他の研究機関の追試によっても一向に成果が出ていないことから、論文自体がまったくの捏造だった疑惑すら持たれている…。

 問題は、指摘されている不正が果たして意図的なものであるのか、単なるミスや不注意に由来するものなのかという点です。もちろん私に判断出来る筈もありませんが、常識的に考えれば意図的なものである可能性は低いと思います。データや写真を捏造したところで、そんなものはどうせバレるに決まっているのだし、不正を働くことのメリットが何も無いからです。この問題と同時期に、作曲家のゴーストライター問題が発覚して、マスコミはこのふたつを並び立てて同種の事件のように報道しています。でも、これは意味の無い対比ですね。ゴーストライター事件の方は、あくまで金銭が絡んだ一種の詐欺事件と言えますが、論文事件の方は(現在のところ)何も金銭的なものは絡んでいないのですから(これで儲けたのはゴシップ記事を載せた週刊誌だけでしょう)。将来的には莫大な特許料が入って来る可能性があるし、当面の研究補助費を獲得するという目的があったのかも知れません。しかし、それもこれも研究成果がホンモノだった場合の話です。捏造ということになれば、補助金が打ち切られるだけでなく、研究者としてのキャリアも閉ざされてしまう。そんな危ない橋を誰が渡るというのでしょう?

 今回の事件は、それよりももっと深刻な問題が背景にあるような気がします。つまり国内の科学研究の分野で、研究者の職業的な倫理性が著しく損なわれているのではないかという疑念が湧いて来たのです。私のような文系の人間には身をもって想像しにくいことですが、研究者が白衣を着て研究室に一歩入れば(たとえそれが割烹着だったとしても?)、そこは科学の厳格さが領する聖域となるのだと思います。昔ながらの徒弟制度が生き残っている世界で、そこでは一切の曖昧さも手抜きもあってはならず、ましてや実験中にゴマカシなどしようものなら、この世界から永久追放されることを覚悟しなければならない。これが悪意を持って不正を働いたというならまだ理解出来るのです。ところがどうも研究チームの人たちは、自分たちでも大発見に酔っていたふうが見える。だとすれば、病根は深いと言わざるを得ません。今回の事件をきっかけに、他にも理系の博士論文のなかに多数のコピペが見付かっているという話も聞きます。研究論文というのは人類の共有財産なのだから、コピペは問題ではないなんて意見もあるようですが、それはダメでしょう。少なくとも学術論文のなかで他人の論文を引用するなら、はっきり出典を示して、引用であることを明記すべきです。そんなことは学問の世界に生きる人間にとって基本中の基本でしょう。

 若い研究者に対してきちんとした倫理教育がなされておらず、また技術の伝承も行なわれていないとすれば、これはこの国の未来にとっても由々しき事態です。これを機会に各大学や研究機関は、もう一度学生や研究者の倫理教育について見直すべきだし、違反があった場合の罰則についても厳格に定めるべきでしょう。と同時に、やはり気になるのは「STAP細胞」なるものが実在するのか否かという問題ですね。今回の事件で、もしもこの先に起こる最悪の展開を想像するなら、論文が撤回されたあとで他国の研究チームが追試に成功して、発見者の名誉も特許権もごっそり持って行かれてしまうということでしょう。今回、研究チームはたとえ汚れ役になっても、ぎりぎりまで論文は撤回すべきではなかったと思います。いまからチームに出来ることは、研究の初心に帰ってもう一度STAP細胞の作成に全力で取り組むことです。それしか研究者としての復活の道は無い。小保方博士の最大の長所は、自分の信じた科学的仮説に、がむしゃらに向かって行く突進力にあった筈です。それは他の若い研究者にとってのお手本でもありました。今回の事件で研究費が打ち切られてしまうというなら、クラウドファンディングの手法で資金集めをしたらいい。彼女にもう一度チャンスを与えたいと思っている人たちは、この国にはたくさんいる筈ですから。

|

« クルマでの避難に国民的議論を | トップページ | 「集団的自衛権」という大ウソ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/59378152

この記事へのトラックバック一覧です: 有為の研究者にもう一度チャンスを:

« クルマでの避難に国民的議論を | トップページ | 「集団的自衛権」という大ウソ »