« 原発を再稼働すべきでないたったひとつの理由 | トップページ | ビットコイン・オブ・ビットコインズ »

2014年2月10日 (月)

都知事選の結果について

 また選挙予想を大きく外してしまいました。細川候補を応援する記事を書いた手前、何かひと言釈明しておかなくてはならないと感じます。まず予想外だったのは、宇都宮健児氏の健闘です。同じ原発廃止を訴える細川氏を、わずかにですが得票数で上回るという善戦ぶりを見せました。インターネット上の意見を見ても、これを意外だと感じている人が多いようです。選挙の前に、原発反対派の陣営から候補者を細川さんに一本化しようという動きが見られましたが、彼らも読み違えていましたね。一本化するなら、むしろ細川さんに辞退してもらうべきでした。実は私も、今回は宇都宮さんは身を引くべきだと考えていたひとりなのですが、これについては素直に反省しなければなりません。僅差とは言え、得票数で細川氏を上回ったということ、そのことの意義は宇都宮陣営にとっては大きかったと思います。

 それにしても、何故細川さんはこれほどまでに票が取れなかったのだろう? 後講釈ですが、考えられる理由はふたつあります。ひとつは街頭演説を聴いて、多くの人が思ったことだと思いますが、細川さんの声があまりに弱々しく、候補者としての存在感が薄かったということ。聴衆も明らかに応援演説に来た小泉さんが目当てだったように見えました。正直なところ、「こんな老人に都政を任せて大丈夫か」と感じずにはいられないほど、演説に迫力がありませんでした。もうひとつの理由は、マスコミが意図的に細川・小泉陣営の露出を制限したと思われることです。これは予想されたことでもありました。いまの自民党政権は、国民よりも財界の方を向いています。政財界の蜜月という意味では、おそらく小泉政権時代をも凌いでいる。その財界がスポンサーになっている日本の大手マスコミが、反原発陣営に肩入れする筈は無かったのです。

 今回の選挙で明らかになったことは、共産党や社民党を支持するコアなリベラル層と、与党のなかにあるリベラル寄りの候補を支持する層とは、互いにまったく相容れないふたつの勢力だったということです。仮に今回の選挙に、細川さんではなく人気のある小泉さんが立候補したと仮定しましょう。そして宇都宮さんが立候補を取り止めて、反原発候補が小泉さんひとりに絞られたとしましょう。その場合、今回宇都宮さんと細川さんが集めた以上の票を小泉さんが得票出来たかと言えば、私は疑問に思います。今回、あえて宇都宮さんに投票した人の多くは小泉さんのことが嫌いな筈だし、他にリベラル派の候補がいなければ棄権したでしょう。コアなリベラル派が、いまでもこれだけの勢力を保っているというのは、おそらく東京都という地域性の特色だとも思われますが、そもそも原発に反対する有権者が二分されてしまっている以上、選挙で反原発の意思を示すことは原理的に不可能だったのです。

 宇都宮さんと細川さんの得票数を合わせても、升添さんの得票数に届かなかったことから、今後の国の原発政策にもお墨付きを与えてしまった、そのことが痛恨の極みです。これでもはや原発の再稼働を妨げるものは何も無くなってしまいました。そもそも都知事選の争点に原発問題を持って来ること自体に無理があったのは承知しています。しかし、与党が安定多数を獲得して、次の総選挙までの期間が長いこの時期において、国民が原発政策に直接意思表示を出来る機会はもうありません。いや、仮にこの問題に対して国民投票が行なわれたとしても、「段階的な脱原発」というレトリックに大多数の国民が欺かれている限り、再稼働反対派が勝つ見込みは無いのです。段階的な脱原発と、原発の即時廃止とが、リスク管理上まったく別物であることについては、すでに前回の記事で書きました。本来、原発廃止派はその点をこそ強調すべきだったと思うのですが、いまとなってはもう何を言っても手遅れです。原発が再稼働したからと言って、日本がすぐに滅びる訳ではない、こうなったらそう腹を括るより仕方ありません。ただ、私たち日本人が「ダモレスクの剣」の下にいることは、常に忘れずにいた方がいい。自分はもうこれ以上、原発問題については語るまいと思っています。

|

« 原発を再稼働すべきでないたったひとつの理由 | トップページ | ビットコイン・オブ・ビットコインズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/59109873

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選の結果について:

« 原発を再稼働すべきでないたったひとつの理由 | トップページ | ビットコイン・オブ・ビットコインズ »