« 都知事選の結果について | トップページ | Bad BitcoinとGood Bitcoin »

2014年2月23日 (日)

ビットコイン・オブ・ビットコインズ

 経済学者の野口悠紀雄さんが、ダイヤモンドオンラインにビットコインに関する記事を書いています。まだ連載の1回目が掲載されたばかりなので、記事に関する意見や感想は控えたいと思います。ただ、いろいろな意味で触発されるものがあったので、今回はそのことについて書きます。触発されたという意味は、野口さんのような大物(?)が、ビットコインを大絶賛しているのに感慨を持ったということもありますが、それよりも次の文章に、はたと閃くものがあったのです。(以下、引用です。)

『いまひとつ注目すべきは、インターネット上で使用しうるコインとして、ビットコインは唯一のものではないことだ。Litecoinを始めとして多数のものが、すでに誕生している。あるいは、Rippleなどのように、開発途上にある。
ビットコインの基本的な仕組み(ブロックチェーン、プルーフ・オブ・ワーク等)は維持しつつも、細部を変更した別のコインを作ることは、可能であるし、必要であるのかもしれない。例えば、ビットコインの供給量は2041年頃以降は一定になることとされているが、それとは異なるスケジュールのコインは十分考えられる。
多数のコインが誕生すれば、それらの間で競争が起きる。そして、最も多くの店舗に受け入れられ、最も使い勝手がよいコインが生き残っていくことになる。そうした競争は健全なものだ。』

 ビットコインの二番煎じのような電子通貨がいろいろ出始めていることは、何かで読んで知っていました。今からビットコインに参戦したのでは大儲けは望めないと判断した人たちが、柳の下の二匹目のドジョウを狙っているのだろう、そんなふうに考えていました。それはたぶんその通りなのですが、「そうした競争は健全なものだ」という発想が私にとっては新鮮に思えたのです。というのも、もしかしたら、このことによってビットコインの本質的な欠陥が補われる可能性があるかも知れないからです。

 ビットコインには、正の側面と負の側面があります。正の側面というのは、もちろんその利便性です。世界中のどこの国の人とでも、同一の通貨で、ほとんど手数料も無しに、瞬時に取引が出来るというのは、ビットコインが出現するまでは考えられなかったことでしょう。現代のようなグローバル経済が拡大した時代に、そうした決済方法が無かったことの方がむしろ不思議でした。負の側面というのは、これがそもそも持続可能な通貨の仕組みではないということです。ビットコインは、発明者によってライフサイクルがあらかじめ設定されているお金です。当初は容易に「採掘」出来たものが、次第に採掘コストが高くなり、最後には掘り尽くされて新たなコインが産出されないように設計されている。(この点で野口さんの文章にはひとつ間違いがありますね。ビットコインは、2041年頃に供給量が一定になるのではなくて、供給が止まるのです。一定になるのは、すでに世の中に出回っているビットコインの流通量です。) この設計思想によって、ビットコインは通貨としての信認を得ているのですが、これによってまたグローバル経済のインフラとしての限界も抱え込んでいるのです。

 そこに第2、第3のビットコインの出番があるのではないか、というのが今回の私の仮説です。ビットコインが、ギャンブルに似た投機的なものであるのは、1種類のビットコインしか無いからかも知れません。もっとビットコインライクな通貨がたくさん生まれて来て、それが私たちの身の回りで当たり前のものになったら、誰もそこに投機的な価値を認めなくなるかも知れない。ビットコインのライフサイクルがどういうものか、グラフに描いてみれば、下の図のようなものになるのではないかと思います。縦軸が換算レート(1BTCあたりの円またはドルとの交換価値)、横軸が時間の経過を表しています。最終的にどの程度の換算レートで落ち着くのかは分かりませんし、落ち込むときの角度も予断を許しません。が、長い目で見れば、ビットコインがこのようなカーブを描いてその役目を終えることは間違いないと思います。そしてもうひとつ重要なことは、この問題はビットコインそのものの改良や設計変更によっては解決出来ないという点です。ビットコインは、一度世の中に出てしまったら、絶対に仕様変更が出来ないように設計されているからです。

■ Lifecycle of Bitcoin
Bob_1_3

 ところがここで、ビットコインに似た通貨がたくさん出て来たらどうでしょう。野口さんが指摘するように、発行スケジュールが違うだけでも、ビットコインを補完する通貨としての存在意義はありそうです。ビットコインの便利さに慣れてしまった人は、同じような使い勝手の新通貨を歓迎するのではないでしょうか。新ビットコインのなかには、元祖ビットコインよりも発行枚数の上限を増やしたり、「採掘」コストを安めに設定したものもあるかも知れない。それぞれ異なる特徴とライフサイクルを持った電子通貨が、いくつも並立している状態が実現すれば、利用者は目的に応じてそれを使い分けることが当たり前になるかも知れません。(例えば、外国への支払いにはAコイン、安定した資産運用のためにはBコイン、ハイリターンを期待するならCコインといったふうに。) グラフに表すと、こんな感じでしょうか。

■ Many Bitcoins
Bob_2

 野口論文は、おそらくこの点で間違っていると思います。野口さんの予測では、複数のコインが競争をして、そのうちのひとつが淘汰を生き延びてデファクトスタンダードになるということのようです。しかし、ビットコイン型の通貨には寿命というものがある以上、それはあり得ないことです。むしろたくさんのビットコインが並立していることの方が持続可能で健全な状態だと言えます。「でも、そんなにたくさんの通貨が出回ってしまったら、却って利便性が落ちるんじゃない? お店の方だってあらゆるビットコインに対応することは不可能だろうし。」――当然、あなたはそう思いますよね。しかし、大丈夫。もしもそんな不満が出て来る状況になれば、今度はそれらのビットコインズをひとつの「通貨バスケット」にまとめて、あたかも単一の通貨のように扱えるサービスが出て来る筈ですから。利用者にとっても、これを使うメリットは大きいと考えられます。個々のビットコインは価値の変動が激しいのに対して、通貨バスケットの方は比較的レートが安定しているからです。そのためには、組み合わせるビットコインも、いろいろ異なった技術的要素を持ったものを集めた方がいいかも知れません(ブロックチェーン方式の脆弱性が発見されないとも限りませんから)。通貨バスケットの価値の推移を、先ほどのグラフに重ね合わすと、こんなイメージになります。

■ Bitcoin of Bitcoins (BoB)
Bob_3  さて、ここからは私の空想です。複数のビットコインズをこのようにまとめるサービスを、ピアツーピアの分散型ネットワークで実現するのは難しいでしょう。となると、それには集中型の管理が必要となり、サービス提供事業者の出番が回って来ます。これは有望なビジネス分野ですから、いろいろな企業が名乗りを上げるだろうと思います。グーグルやアマゾンのようなインターネット企業、既存の銀行や証券会社などが競争を繰り広げ、その競争を勝ち抜いた企業が「ビットコイン・オブ・ビットコインズ(BoB)」を制することになる。こうして21世紀は、手数料が安く、為替レートの変動にも影響されない単一通貨でグローバルな取引が行なえる時代となります。便利には違いありませんが、これは一私企業が基軸通貨を手にして、世界経済全体を制覇するということでもあって、究極の集中管理型社会の到来とも言えるものです。こうなるともう個々のビットコインなんて存在意義を失います。だって私たちは、信頼ある企業の提供するBoBと直接ドルやユーロや日本円を交換すればいいのだから。そしてある日、こんなスキャンダルが発覚します。最初のビットコインを発明した「ナカモトサトシ」なる謎の人物の正体は、なんとBoB発行企業の商品開発部門だったというのです!

|

« 都知事選の結果について | トップページ | Bad BitcoinとGood Bitcoin »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/59184924

この記事へのトラックバック一覧です: ビットコイン・オブ・ビットコインズ:

» 『ビットコイン事件簿──事件から見る仮想通貨の姿』[Kindle版]加来 秀一 (著) [私の通勤読書メモ]
Kindleストアより、拙電子書籍が発売開始されましたので紹介させていただきます。 『ビットコイン事件簿──事件から見る仮想通貨の姿』 2014年に入ってから社会現象化した仮想通貨ビットコインに関する事件を辿ることで、ビットコインとはどのようなモノなのかを探ろ…... [続きを読む]

受信: 2014年3月19日 (水) 17時12分

« 都知事選の結果について | トップページ | Bad BitcoinとGood Bitcoin »