« 2013年1月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月26日 (日)

「リアルすごろく旅アプリ」というアイデア

 テレビ東京の旅番組が面白い。この正月休み、定番の「路線バスの旅」だとか「すごろくの旅」だとかいう番組を家族で見ました。旅番組と言えば、少ない制作費で旬を過ぎたタレントを起用して…といったチープな印象がありますが、どうして視聴者を楽しませる工夫がいろいろと凝らされていて、ビジネスのヒントにもなりそうなアイデアが満載です。今回「すごろくの旅」を見ながら、もしかしたらこれはスマホアプリにぴったりのコンテンツなんじゃないか、そういうひらめきがあったのでそのことを書き留めておこうと思います。まだ正月ボケの治らないアタマで考えた新しいオンラインゲームの提案です。

【1】それってどんな番組?

 鉄道の駅やバスの停留所をすごろくのマスに見立てて、実際にサイコロを振って出た目の数だけマスを進んで、先にゴールした方が勝ちという「リアルすごろくゲーム」です。番組では男女それぞれが2人ずつが2チームに分かれて、男女対抗で勝敗を競っていました。止まったマス(つまり途中下車をする駅や停留所)には、二者択一のカードが置いてあって、そのうち1枚を引いてそこに書かれた指令をクリアしないと次のサイコロを振れないというルールです。カードには、その周辺の見どころに行って何かを体験して来るように指示が書いてあります。またはふつうのすごろくように「3マス進む」だとか「2マス戻る」といった指示もあります。ボードゲームのすごろくは参加者が順番にサイコロを振りますが、すごろくの旅ではそれぞれのチームが相手チームの進行と同期を取ることなくゲームを進めます。つまり、純粋なタイムトライアルなのです。ただ、編集された番組を見ている視聴者には、両チームの進行状況が交互に映し出されますから、あたかもゲーム盤を上から見下ろすような臨場感を持って勝負のゆくえを見守ることになります。

【2】どんなふうにアプリにするの?

 それを説明するには、どのようにリアルすごろくゲームを進めるか、手順を説明した方が分かりやすいでしょう。ゲームは次のようなステップで進んで行きます。

  1. ゲームの幹事が最初にゲームの基本設定をします。参加するチーム数、各チームのニックネーム、各チームの人数、ゲームの日程(「○月○日○時~○月○日○時」というように設定。日帰りでも宿泊でもOK)、旅をしたい方面(路線)といったアウトラインを決めるのです。また、オプションとして、旅のタイプを選択することも出来ます(例えば、グルメとか、温泉とか、アウトドア体験とか、歴史・文化探訪とか)。もちろん1人当たりのおおよその予算も入れてもらう必要があります。参加者の年齢層も聞いておいた方がいいですね(子供やお年寄りの有無で、採用するイベントの内容も変わる筈ですから)。旅の難易度も選択出来るといいでしょう(例えば、徒歩で歩く距離は1km以内とか)。
     
  2. ゲームの基本設定が登録されると、今回の旅のIDとパスワードが発行されます。参加者はそれを使ってログインします。最初にログインすると、所属チームを聞いて来ますから、自分のチームを選びます。(別に参加者全員がログインする必要はありません。各チーム最低1人がログインすればいいのです。) 初期画面には、旅のスタート駅とゴール駅、そしてその間のルートがすごろく風に表示されます。これでゲームの準備は完了です。
     
  3. 参加者は、ゲームの開始時刻までにスタート駅に集合します。(指定された路線の1日乗り放題切符を買っておくといいでしょう。) 開始時刻が来ると、各チームともサイコロを振れるようになります。サイコロはチームメンバーの誰でも振れますが、ひとつのマスでは1回しか振れません(振り直しは出来ません)。出た目に合わせて電車または路線バスで指定されたマスにまで行きます。(ここで各チームはバラバラになります。) 降りた駅またはバス停で、ルーレットを回します(番組ではAかBのカードを引きますが、アプリではもっと選択肢の多いルーレットにしましょう)。そこで出た指令をチーム全員でクリアします。何が出るかはお楽しみです。
     
  4. 指令をクリアしたチームは、先ほどのマス(駅またはバス停)に戻り、そこでまたサイコロを振ります。これを繰り返しながら、ゴールを目指す訳です。ゴールのマスに到達したチームは、そこで最後の指令をクリアし、ゴールのマスに戻ったところで「ゴール」の報告をします。するとアプリがそのチームの順位を表示します。すべてのチームがゴールしたら、そこでゲーム終了です。

【3】スマホアプリにする理由

 これだけの説明だと、別にスマホのアプリにする必要はないんじゃないの?という疑問を持つ方もいるかも知れません。例えばすごろく旅向けのガイドブックなんてものだって、工夫次第で作れるかも知れない。ところがすごろく旅は、オンラインゲームにすることにとても意味があるんです。例えばチームの人数や年齢層、旅のタイプや予算などに合わせてイベントを選択することは、とても書籍版のガイドブックでは不可能ですが、インターネットにつながったオンラインのアプリなら、そのへんはお手のものです。さらに季節や曜日、その時の時刻や天気などに合わせて相応しいイベント候補を選び出すことも出来ます(例えば、雨の日には野外型イベントは選ばない、その日が定休日のお店には案内しないなど)。番組では、カードに書かれた指令は「謎解き」のような曖昧な文章になっていますが、これは視聴者サービス用の演出なので、アプリの場合はもっとストレートで分かりやすい指令で構いません。目的地までの地図やお店の情報なども表示出来るようにしましょう。イベント情報は常に更新されているので、同じ場所を旅しても毎回新たな体験が出来るというのもセールスポイントです。また時刻表アプリと連動させれば、次の電車やバスの時間を気にしながらゲームを進めることも出来ます。

【4】で、いったい何が面白いの?

 こうしたイベント型のゲームを楽しめるかどうかは、結局は参加者の「ノリ」次第です。旅行は何にも束縛されることなく、足の向くまま気ままに楽しみたいという人には合わないかも知れません。でも、若い仲間同士の旅や子供連れの家族旅行などでは、参加者が同じミッションを共有することや他のチームと競い合うことで、新しい旅の楽しみ方が発見出来ると思うのです。そもそも出不精で計画を立てるのが苦手な人には、旅行というイベント自体が面倒なものである訳です。子供にせがまれて、しぶしぶ連休や夏休みの旅行の計画を立てるお父さんも多いことでしょう。ところが、このアプリを使えば、計画はいっさい要らないのです。アプリの指示に従うだけで、未知なる冒険の旅に出ることが出来る。自分で計画を立てた旅では、どうしてもマンネリになりがちで、意外な体験をする機会も少ないでしょうが、ここではすべてが予想を超えた意外な体験ばかりです。別にチーム間の競争にしなくても、1チームだけで登録すれば、家族やカップルでの単独旅行にも使えます。この場合も、予定時間内にゴールするというミッションが旅の楽しさを倍増します。

【5】さらにこんな工夫やサービスも 

 テレビ番組のようなアナログのゲームでは、相手チームの位置が分からないため、自分たちが進んでいるのか遅れているのか分からないという問題があります。これはアプリにすれば解決出来ます。いつでも他のチームのだいたいの位置がモニター出来るからです。と同時に、異なるチーム同士が同じ駅でニアミスをするような場合も事前に分かるので、そこですれ違うことなく会話を交わしたりも出来ます。さらにスマホのGPS機能で位置情報を記録しておけば、それぞれのチームが時間の経過とともにどのようなルートをたどっていたのか地図上に再現出来ますから、旅が終わったあとに参加者が集まって、それをあたかも番組を見るように楽しむことも出来るでしょう。旅の途中で撮った写真や動画を貼り付ければ、ちょっとした旅番組の完成です。少し変わった旅の記録として、何年か後に子供と見返すことも楽しそうです。このアプリが広く使われるようになれば、自分たちの旅をインターネットに公開することが流行るかも知れません。

【6】旅アプリのビジネスモデル

 このアプリがどのようなビジネスにつながるかと言えば、可能性はいろいろあります。アプリ自体は無料で配布して構いません。スポンサーはいくらでも募ることが出来るからです。鉄道会社にとっては、その路線の見どころを紹介して観光客を呼び寄せるという期待があります。イベントに取り上げるお店や観光施設などからも広告料が入って来ます(但し、お店や観光施設の選定については一定のクオリティを保障する必要があります)。インターネット上のルート検索や旅情報を提供する企業が、自社のサービスの付加価値として、このようなオンラインサービスを提供するというのもビジネスとして悪くないと思います。もちろんテレビの放送局が自社の番組のPRのために利用することも出来るでしょう。また、これからは海外からの観光客を増やして行くのが国の大方針ですから、外国語での展開というアイデアもあります。この場合、観光庁あたりから補助金が期待できるかも知れない。とにかく国内旅行の活性化に一役買うことが出来れば、周辺にビジネスチャンスはいくらでも広がる筈です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

都知事選に対する個人的予想

 細川元首相が立候補の名乗りを上げたことで、都知事選がなんだか面白くなって来ました。特に面白いと思うのは、細川さんの出馬に対しては賛成・反対の意見がまっぷたつに分かれていることです。インターネット上でいろいろな人の意見を読んでみると、賛成派は諸手を挙げて細川候補を歓迎しているのに対して、反対派は細川さんがまるで気が狂ったかのような言い方で今回の立候補を批判している(「晩節を汚す」だとか「ご乱心」だとか、ひどいコトバが飛び交っています)。そんな世論の対立のなかで、結果として細川さんが選挙の主役にのし上がり、もうひとりの本命候補である舛添さんの影が薄くなってしまった感があります。

 もちろん細川さんの立候補が大きな話題になっているのは、小泉元首相が強力にバックアップする姿勢を見せているからです。このふたりの総理大臣経験者は、福島原発の事故のあと、熱心な原発反対派に転向したようです。「名宰相」として功成り名を遂げた小泉氏と、政界を引退して「趣味人」として悠々自適の暮らしをしていた細川氏、ともに70歳を越すおふたりが、原発反対を訴えて東京都知事選という場違いなところで最後の勝負に出た。これはインパクトがあります。もともと自民党のなかにも民主党のなかにも、原発の再稼働に反対する議員はかなりいた筈なのに、それが政治的な勢力としてまとまることはなかった。つまり政治的な空白地帯があった訳です。そこに狙いすましたように布陣する小泉さんの政治家としてのセンスは、やはり当代随一のものだと思います。

 都知事選の争点に原発問題を持って来ることには批判の声があります。それは尤もな批判だとは思うのですが、だからと言って6年後のオリンピックや地震対策を争点にするのにも違和感があります。オリンピックは、確かに招致を決めるまでは政治的な課題でしたが、開催が決まった以上もはや政治的な決断が必要な場面はほとんど無い筈です。誰が都知事になったとしても、オリンピックの準備は粛々と進むだろうし、そこそこの成功を収めるに違いない。そんなことは都民も国民も心配していません。ひとつ不確定要素があるとすれば、2020年までに首都直下型地震が起きて、オリンピックの開催どころではなくなるというケースですが、こちらも誰が都知事になったところでそれを防げる訳ではない。地震対策だって、誰が都知事になろうと粛々と進めるだけのことで、いまさら政治的な争点にすることには無理があります。

 原発を持たない東京都が、原発問題を都政の争点にすることに対しての批判もあるようですが、これは現実に大きな政治的決断を求められている課題であって、都知事選のような影響力のある選挙の争点として相応しいものだとも考えられます。考えてもみてください、もしも今回、小泉・細川陣営が勝ったとしたら、東京都は国政に対して非常に強い発言力を持つことになるのです。私は都民ではないので、投票出来ないのが残念ですが、これは有権者にとってとても魅力的な選択肢だと思います。だって、細川さんを選べば、もれなく小泉さんが付いて来るんですよ(おまけに進次郎氏まで付いて来るかも知れない。笑)。つまり東京都の政治的地位が格段に高まることが期待出来るのです。舛添氏を選んでもそうはならないのは、考えてみれば誰にでも分かることでしょう。

 今回の選挙は、細川氏と舛添氏の一騎討ちだと見られているようですが、それは間違いです。確かに開票してみれば、この両者の接戦になるのかも知れない。しかし、それは反細川票が舛添氏に回ったというだけのことです。本質的に今回の都知事選は、細川氏を選ぶか選ばないかの二者択一の選挙であると言えます。そして個人的な予想では、原発に対するいまの世論の動向からして、細川さんが思いのほか大差をつけて勝つのではないかと思います。原発反対派の票が、宇都宮健児氏とのあいだで割れることを心配する声もありますが、それも大した影響は無いでしょう。細川さんが出ることで投票率はかなり上がる筈ですから、宇都宮さんの得票率なんてそれでカバー出来てしまうのではないか。このブログで、これまで私はことごとく選挙予想を外して来ましたが、今回はなんだか当たりそうな予感がします(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

ビットコインから学べること

 「ビットコイン」というインターネット上の仮想通貨が話題になっています。これについてはケインズが構想した世界通貨「バンコール」につながるものだと激賞する声がある一方、インターネット時代の新手のネズミ講に過ぎないと切って捨てる声も聞かれます。いろいろ調べてみた結果、自分としてはどうも後者の見解に傾いているのですが、その発想の斬新さや可能性については認めない訳にはいかないとも感じています。今回は、昨年からの補完通貨に関する考察の延長で、ビットコインについて少し考えてみたいと思います。あらかじめお断りしておきますが、私自身はビットコインに手を出したことはないし、そのテクニカルな仕組みに対してコメント出来る立場にもありません。来るべき〈多重通貨時代〉に向けて、何か役立つアイデアをそこから借用出来ないものかと考えているだけです。

 ビットコインの新しさは、何よりも「発行者も管理者も要らない通貨」というその基本コンセプトにあると考えます。これまで発行されたどんな時代のどんな通貨にも、そんな特徴を備えたものは無かったのではないでしょうか? 最も手間のかからない通帳型のコミュニティ通貨でさえ、通帳を発行したり会員を管理したりする運営母体は必要な訳です。ところがビットコインには、それを管理する人も組織も存在しない。あるのはただ、通貨の仕組みに関する基本的なアイデアと、それを形にした不特定多数の作者によるパソコン用プログラムだけです。そのプログラムは誰でも無料でダウンロード出来るし、ソースコードも公開されているので、知識があれば修正することさえ出来る。プログラムを自由に修正することが出来るということは、通貨を勝手に発行したり偽造したりすることも出来そうなものですが、それを巧妙な方法によって防いでいるのです。

 その方法というのは(私の理解したところでは)「ネットワーク上に存在する〈悪意〉よりも〈善意〉の方が数において優勢であるという事実によって、通貨の正統性を保証する」ということのようです。いや、もっと正確に言えば、ビットコインの正統性を守ろうとする善意のハッカー(および善良な一般利用者)の組織力は、ビットコインを特定の方法によって偽造しようとする悪意のハッカーの組織力を常に凌駕する筈だという信認の上にシステムが成り立っているということです。そもそもビットコインには、創設者も運営者もいないのですから、盗まれようが偽造されようが誰も責任を取れないし、被害届を提出する先も無い訳です。にもかかわらず、多くの人がこの通貨に信認を与えているのは、単純にネットワーク上の善意の優勢を信じるオプティミズムが背景にあるからでしょう。すでにビットコインの利用者は世界中に広がっていて、善意の(と言うか順法的な)ネットワークを形成しているのですから、これが破られる可能性は限りなくゼロに近いのだろうと思います。ここまではビットコインの発案者が意図したとおりです。

 と言っても、危うさはあると思います。仮にどこかのコンピュータ・サイエンティストが世界最高速のスーパーコンピュータを使って、ビットコインのシステムをクラッシュさせようと思えば、出来ないことではないかも知れません。またはビットコイン・ソフトウェアに感染するウィルスを作って、それを拡散することに成功すれば、意外に簡単にシステムを乗っ取れるかも知れない。まあ、このへんは素人のコメントする領域ではありませんし、その程度のことはビットコインの発明者のなかでは織り込み済みであってもおかしくない。しかし、不可能を可能にするということに対する情熱が世界中のハッカーを駆動していることを思えば、どんなシステムであっても、その物理的または論理的な仕組みだけで磐石なセキュリティを維持することは難しいだろうと思う訳です。例えば、日本銀行券は世界一偽造の難しい紙幣であると言われますが、日本円の信用はそんなことで支えられている訳ではありません。現実に日本円の信用を支えているのは、通貨の偽造を重い罪と見なす日本の法律と、その法律を破る者を摘発する警察権力の存在です。それがあればこそ、私たちは安心して日本円を持っていることが出来るのです。ビットコインを持つ人は、常に価値暴落の可能性に対して怯えていなくてはなりません。この一事があるだけでも、ビットコインには本質的に通貨としての資格が無いのです。

 この先ビットコインはどのような運命をたどるのでしょう? 仮に上に述べたようなシステムのクラッシュが起きなかったとすれば、国際経済のなかで一定のシェアを維持していけるものなのでしょうか? たぶんそれも難しいだろうと思います。ビットコインにはあらかじめ〈埋蔵量〉が論理的に決められていて、それが通貨の価値を担保する仕組みになっているようです。初期の頃には個人でも比較的容易にビットコインを〈採掘〉出来たものが、いまでは1台のパソコンで新たなビットコインを掘り当てることはほとんど不可能になっていると言います。これは今後ビットコインが投機商品としての魅力を失って行くということを意味します。ビットコインに投機的な目的で参戦していた人たちが離脱したあとに、純粋に通貨としての利便性が評価されて、安定した交換レートで存続して行くことが出来れば、その時に初めてビットコインは国際通貨としての地位を確立するのではないかと思います。ただ、純粋な利便性という観点から見た場合、ビットコインには致命的な欠陥があると思います。それは取引の正統性を確認するために、インターネットからの信用保証の通信が返って来るまでに10分間程度の時間がかかるという点です。お店のレジでひとりのお客に10分間の時間をかける訳にはいきません。クレジットカードの信用確認だって、それほどの時間はかからないでしょう。とすると、これが利用出来るのは、インターネット通販といった分野に限定されることになりそうです。

 ここからは我田引水的な考察になりますが、ビットコイン的な「口座間の相互参照的な信認供与」の仕組みは、私が提案しているような減価する補完通貨にこそ向いているのではないかという気がします。というのも、稀少性を排除した補完通貨では、セキュリティのためにあまり大きなコストはかけられない訳ですし、かと言っていくら稀少性の少ないお金だとしても、あまりに簡単に偽造されるようなものであっては通貨として成り立たない。ここで私が考えているのは、ビットコインが備えているようなコンピュータの演算能力を極限まで酷使するような認証の方式ではありません、コミュニティ内のリアルな取引関係のなかで相互に認証を与えるような人間系の仕組みのことです。(例えばインターネット・オークションの「評価」のようなものですね。まだ具体的な仕組みとしてのアイデアがある訳ではありませんが…)。お金そのもののデータのなかに信用情報を組み込んで、それを取引の際に相互参照するということ、これがビットコインの画期的な新しさであり、そのアイデアは今後の補完通貨の設計に活かせるのではないかというのが今回の記事の主旨でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2014年2月 »