« ドラクマとユーロを併用したらどうだろう? | トップページ | 小沢一郎氏のための演説原稿 Part.2 »

2012年7月 1日 (日)

「造反五十七士」に期待する!

 野田政権が提出した消費増税関連法案に対する衆議院の採決で、党議拘束がかかっていたにも拘わらず、民主党議員の57人が反対票を投じました。もちろん小沢グループが中心ですが、その他の派閥の議員も含まれています。野党である自民党からは、造反議員を除籍しろという圧力がかけられています。57人が民主党から離脱すれば、衆議院で過半数割れをするからです。消費増税に政治生命を賭けると見栄を切った野田首相も、身内の造反議員を切る決断は出来ないらしい。自ら造反劇を演出した小沢氏は、明日(7月2日)には離党するかどうかの決断をすると言っているようですが、これもどちらに転ぶか分からない状況です。

 たとえいま野党から内閣不信任案が出され、衆院解散ということになっても、有権者の多くは投票したい政党を決められない状況でしょう。もしも小沢氏が新党を結成したら支持するかというアンケートに対して、支持すると答えた人はわずか15%だったそうです。これは私には少し意外でした。増税問題に関しては、民主党のなかで「筋目を通した」のはこの57人なのだから、もう少し世論の支持を集めてもいいと思ったからです。それだけ小沢一郎という人は、国民から嫌われているということなのでしょう。

 それにしても、大手マスコミがこぞってアンチ小沢キャンペーンを張っていることには、そら恐ろしさを感じずにはいられません。最近も小沢氏の離婚問題が週刊誌に大きく取り上げられ、妻の自筆の手紙なるものが公開されました。ところが、有田芳生さんのブログ記事によれば、掲載された手紙の筆跡には疑問があるというのです。そんな小細工をしてまで小沢氏を追い落とそうとするマスコミには、どんな深い闇が隠されているのだろう? そこに不気味さを感じる方が健全な市民感覚なのではないかという気がします。

 今回の造反劇では、ふたつの点を分けて考えるべきだと思います。ひとつは消費増税そのものに対する評価で、もうひとつは政治家としての誠実さの問題です。増税に関してはすでに政局絡みで採決されてしまったので仕方ありませんが、民主党のなかで今回増税に賛成票を投じた議員は、誠実さという点で(わたし的には)政治家失格なのです。そう心に決めました。もちろん造反議員のなかには、次の選挙を睨んで、死中に活を求めるという打算で反対に回った人もいる筈です。しかし、その動機がどうあれ、筋目を通したかどうかが重要だと考えます。そういう意味では、今回の法案採決は、有権者にとても有益な情報を与えてくれたとも言えます。

 政策で選ぶにせよ、人柄で選ぶにせよ、次の選挙では政党ではなく個々の候補者を見て私たちは投票しなければならなくなるでしょう。小沢新党が立ち上がるにせよ、あるいは腰砕けのまま民主党に留まるにせよ、今回のことは私たちの選挙に関する意識を高めるチャンスになるものです。いまは多くの議員が自身のホームページやブログやツイッターアカウントを持っていますから、有権者にとっては政治家個人の考え方や人となりを知る手段も増えています。とりあえず自分自身の参考のために、今回の造反議員57人プラス棄権・欠席した16人の名前と参照先を一覧表にまとめておきます。(1年半後には、ここに挙げたURLのうちどのくらいが残っているかと考えると、少し憂鬱になりますが…)

■ 消費税増税法案に反対・棄権・欠席した民主党議員

氏名     選挙区   投票 ホームページ     Twitter 
鳩山由紀夫 北海道9 ⑧ 反対 鳩山由紀夫 hatoyamayukio
横山北斗 青森1 ② 反対 横山北斗オフィシャルサイト  
階猛 岩手1 ② 反対 しな たけし shinatakeshi 
畑浩治 岩手2 ① 反対 畑こうじ  
小沢一郎 岩手4 ⑭ 反対 Ozawa Ichiro Website  
石山敬貴 宮城4 ① 反対 石山敬貴 KeikiIshiyama 
京野公子 秋田3 ① 反対 京野きみこ kyonokimiko 
石原洋三郎 福島1 ① 反対 石原洋三郎  
太田和美 福島2 ② 反対 太田かずみ  
中野渡詔子 比例東北 ① 反対 中野渡のりこ  
高松和夫 比例東北 ① 反対 Takamatsu Style  
菊池長右エ門 比例東北 ① 反対    
福島伸享 茨城1 ① 反対 福島のぶゆき  
小泉俊明 茨城3 ③ 反対 小泉としあき koizumitoshiaki 
山岡賢次 栃木4 ⑤ 反対 山岡けんじ  
小宮山泰子 埼玉7 ③ 反対 小宮山泰子ホームページ  
松崎哲久 埼玉10 ② 反対 松崎哲久 mztminshu 
三宅雪子 比例北関東 ① 反対 Yukiko Miyake Website miyake_yukiko35 
石井章 比例北関東 ① 反対 石井章公式オフィシャルブログ  
黒田雄 千葉2 ① 反対 黒田ゆう  
岡島一正 千葉3 ② 反対 岡島一正オフィシャルブログ  
岡本英子 神奈川3 ① 反対 岡本英子 okamoto_eiko 
橘秀徳 神奈川13 ① 反対 たちばな秀徳公式サイト touch_tachibana
樋高剛 神奈川18 ③ 反対 ひだか剛  
金子健一 比例南関東 ① 反対 金子健一 chiba11kaneko
水野智彦 比例南関東 ① 反対 水野智彦オフィシャルサイト  
相原史乃 比例南関東 ① 反対 相原史乃  
青木愛 東京12 ② 反対 青木愛  
木村剛司 東京14 ① 反対 木村たけつかWEBSITE  
東祥三 東京15 ⑤ 反対 東祥三  
初鹿明博 東京16 ① 反対 初鹿明博 AkiHatsushika 
小林興起 比例東京 ⑤ 反対 小林興起  
川島智太郎 比例東京 ① 反対 TOMOTARO.ORG  
中津川博郷 比例東京 ③ 反対 中津川ひろさと  
加藤学 長野5 ① 反対 加藤学 kato_gaku 
牧義夫 愛知4 ④ 反対 牧義夫  
鈴木克昌 愛知14 ③ 反対 鈴木克昌オフィシャルサイト  
橋本勉 比例東海① 反対 橋本べん公式ホームページ  
笠原多見子 比例東海① 反対

笠原多見子

 
大山昌宏 比例東海① 反対 大山昌宏Official Web Site  
平智之 京都1 ① 反対 平智之 tairatomoyuki 
熊田篤嗣 大阪1 ① 反対 熊田あつし kumaatsu 
萩原仁 大阪2 ① 反対 はぎはら仁  
村上史好 大阪6 ① 反対 村上史好  
大谷啓 大阪15 ① 反対 大谷啓  
辻恵 大阪17 ② 反対 つじ恵  
中川治 大阪18 ② 反対 中川おさむ  
熊谷貞俊 比例近畿 ① 反対 熊谷貞俊  
菅川洋 比例中国 ① 反対 すけがわ洋  
古賀敬章 福岡4 ② 反対 古賀たかあき kogaissei
福田衣里子 長崎2 ① 反対 福田えりこ  
山田正彦 長崎3 ⑤ 反対 山田正彦  
松野頼久 熊本1 ④ 反対 松野頼久  
福嶋健一郎 熊本2 ① 反対 ふっけん通信 fukken01
川内博史 鹿児島1 ⑤ 反対 川内博史 kawauchihiroshi
玉城デニー 沖縄3 ① 反対 Denny Dot Com tamakidenny
瑞慶覧長敏 沖縄4 ① 反対 瑞慶覧チョービン  
柳田和己 比例北関東 ① 棄権 やなぎた和己  
山岡達丸 比例北海道 ① 棄権    
黄川田徹 岩手3 ④ 棄権 黄川田徹  
橋本清仁 宮城3 ② 棄権 橋本きよひと hkiyohito
宮崎岳志 群馬1 ① 棄権 宮崎タケシ公式website  
石関貴史 群馬2 ② 棄権 石関貴史  
石森久嗣 栃木1 ① 棄権 石森ひさつぐのホームページ Dr_Ishimori
福田昭夫 栃木2 ② 棄権 福田あきお  
小沢鋭仁 山梨1 ⑥ 棄権 小沢さきひと公式ホームメージ OzawaSakihito 
村井宗明 富山1 ③ 棄権 村井宗明 Muraimuneaki 
篠原孝 長野1 ③ 棄権 しのはら孝  
梶原康弘 兵庫5 ② 棄権 梶原やすひろ  
玉置公良 比例近畿 ① 棄権 たまき公良  
空本誠喜 広島4 ① 棄権 空本せいき  
原口一博 佐賀1 ⑤ 棄権 原口一博公式ウェブサイト kharaguchi 
羽田孜 長野3 ⑭ 欠席 TSUTOMU HATA  

|

« ドラクマとユーロを併用したらどうだろう? | トップページ | 小沢一郎氏のための演説原稿 Part.2 »

コメント

消費税の何処がいけないのか?それを誰も考へてはゐない。
税制の直・間比率や赤字国債が問題だとジャーナリズムに騙されて来ても、表面上北欧なみになれれば実質もさうなるのだと、自分たちの自助精神の欠如や政府監視能力のなさを棚に上げて、自画自賛気味で無知蒙昧の日本人の体質に問題があることを忘れてゐる。

中国人は政府などに頼ることはしないし
人口が本国に一千万のギリシア人はオーストラリアにも百万人ゐて世界各地で活動してゐるのです。

ユーロ危機はドイツが搾取し過ぎたのだからそれを戻せば簡単に解消するし、投機筋の思惑が作つたシナリオに乗せられてゐるだけの話。

勿論その思惑が日本に向けられる懼れは十分あるので、その対策としては消費税増税もその財源に過ぎない、復興需要や福祉と称するばらまきケインズ政策を止めさせるべき。

投稿: | 2012年7月 7日 (土) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/55094858

この記事へのトラックバック一覧です: 「造反五十七士」に期待する!:

« ドラクマとユーロを併用したらどうだろう? | トップページ | 小沢一郎氏のための演説原稿 Part.2 »