« 生活保護の問題を倫理で論じてはいけない | トップページ | 原発再稼働で何よりも争点にすべきこと »

2012年6月10日 (日)

大飯原発の再稼働を許す訳にはいかない

 消費税増税に政治生命を賭けると宣言した野田首相が、大飯原発の再稼働に向けても意欲を燃やしています。「国民生活を守るため、再稼働すべきだというのが私の判断だ」というのがその根拠だそうです。国民の多くが、原発を止めて国民の生活と生命を守って欲しいと願っているのに、この認識の食い違いは何なのだろう? この夏の電力不足を乗り切るために臨時稼働をするというのなら、まだ理解出来なくもありません。しかし、野田さんは今回の再稼働は夏場限定のものではないと明言している。いま脱原発をめぐる議論は国論を二分する大問題になっているのです。失礼だが、支持率20%の首相の一存で決めていい問題ではない。消費税の問題にしても原発問題にしても、これからの国のあり方を決定づける重大で息の長い問題です。総選挙や場合によっては国民投票まで視野に入れながら、議論を深めて行くべきテーマです。おそらく野田さんは首相としての2期目はないことを自覚していて、短期間で成果を上げようと躍起になっているのだと思います。国家百年の計を論じるべき時に、「あとは野となれ」というマインドを持った短期決戦型の首相をいただいてしまったことがこの国の不幸です。

 私自身は脱原発派であることを断った上で言いますが、大飯原発はたとえ夏限定でも再稼働すべきではありません。もちろん地震や津波の危険性のこともありますが、それ以上にもっと前向きな理由があります。それはつまり、この夏の電力不足は、これからの日本にとって大きなチャンスになるのではないかと思うからです。私たち国民が「原発無しでもやって行ける」という自信を持つためには、真夏にすべての原発が止まっていることが必要な訳で、その意味では原発再稼働はせっかくのチャンスをつぶすことになるのです。それはこれからの時代のエネルギーシフトに向けた第一歩となる筈のものでした。無責任な発言をしているつもりはありません。昨年は関東が電力不足で、計画停電なるものも実行されましたが、ひと夏を越してみれば、原発無しでも何とかなるということが実感として共有出来たと思います。今年は関西の番だったのです。もともと関西電力は原発依存度が高いという問題を抱えていた訳ですが、この夏の電力不足はピーク時でも最大15%程度なのだそうです。これは昨年の関東と同等の数字です。ピーク時電力というのは、記録的猛暑の真夏日の昼下がりを基準にしていますから、計画停電が発動されたとしてもわずかな回数と時間帯で済むでしょう。昨年の経験から言わせてもらえば、家庭での節電や企業のシフト操業によって十分乗り切れる範囲です。

 野田さんという人は、財務省や財界の操り人形のようにしか見えませんが、これは国の将来を短期でしか考えないこととつながっています。短期的な経済の視点から見れば、原発というのは圧倒的に有利な存在です。その安い発電コストは、当面の財政運営や企業経営にとっては強い味方であるに違いありません。しかし、その安いコストは将来に非常に高いツケを回すことで成り立っていることを私たちは知ってしまいました。いまの脱原発の世論は、単に原発事故が再び起こることが恐いといった単純なものではありません。将来また起こるかも知れないシビアアクシデント(それは自然災害としてのみ起こるとは限らない)のリスクと使用済み核燃料の処理というふたつの重い課題を、私たちは将来世代に押し付けることは出来ないと感じているのです。最近でも多くのエコノミストや評論家が原発再稼働の必要性を説いて回っているようですが、よく見ればたいてい彼らは高齢世代に属している人たちで、「あとは野となれ」というメンタリティの持ち主です。正直に言って、私はそういう人たちとは議論の必要性すら感じない。私たちにとって本当に必要なことは、私たちの子や孫たちにどのような社会を残してやれるかということで、その大きなテーマと比べればこの夏の電力不足なんて取るに足りない問題に過ぎないと考えているのです。

 菅直人前首相がどこかで行なった講演のなかで、原発政策については次の総選挙で国民の信を問うべしと語ったそうです。このところ菅さんの動向をニュースなどでも聞くことが少なかったので、これにはとても頼もしく感じました。最近、原発事故の時の菅さんの対応をめぐって、マスコミも批判的な口ぶりでしかものを言いませんが、これは私にとっては腑に落ちない話で、あの時一国の首相が身の危険も省みずに現地に飛んだことで、私たち国民は(そしておそらく現場の作業者たちも)どれだけ心強く感じたことか、そのことをもう一度思い出してみる必要があると思います(なにしろ東電の幹部だって誰一人現地入りはしなかったのですから)。その時の指示が適切だったどうかなんて大して重要な問題ではありません。あの時私たちは、まだ政府は国民を見捨てていないという明確なメッセージを受け取ったのです(自衛隊や消防の活躍も私たちに希望を与えてくれましたね)。あの時の信頼が、その後の野田政権の誕生ですべてご破算にされてしまった。とにかくここはもう一度、脱原発派の議員たちの頑張りに期待するしかありません。橋下大阪市長も、あれほど大飯の再稼働には反対していたのに、いつまでも建て前は言っていられないなどと言って、あっさりと再稼働容認に転じてしまった。面白いことに、原発問題はリトマス試験紙のように政治家の本性を暴き出してくれる。おそらく大飯は再稼働するのでしょう。だが、私たちはこの混乱のなかで誰がどういった発言をし、行動をしたかということを、次の選挙の時までよく覚えておく必要があります。

|

« 生活保護の問題を倫理で論じてはいけない | トップページ | 原発再稼働で何よりも争点にすべきこと »

コメント

それでも日本人は原発再稼働を選んだ。


一億総懺悔への道、この道はいつか来た道。


安らかに眠って下さい、過ちは繰り返しますから、、、、

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年6月10日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/54924087

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発の再稼働を許す訳にはいかない:

« 生活保護の問題を倫理で論じてはいけない | トップページ | 原発再稼働で何よりも争点にすべきこと »