« 大飯原発の再稼働を許す訳にはいかない | トップページ | ドラクマとユーロを併用したらどうだろう? »

2012年6月17日 (日)

原発再稼働で何よりも争点にすべきこと

 政府からの要請を地元の福井県知事が承認し、いよいよ大飯原発の再稼働が現実のものとなりました。福井県知事も大阪市長も一応は再稼働に慎重な姿勢を見せていましたが、いまから見ればシナリオ通りの出来レースだったのでしょう。いくら国民のあいだに脱原発の機運が高まっていても、権力の中枢が原発推進派で占められているのでは、私たちになすすべはありません。野田首相は「国民の生活を守るため」という言い方をしていました。要するにこの国の為政者たちは、「国民の生活」と「国民の生命」を天秤にかけて、前者を優先した訳です。これが政策決定として100%間違っているとは言いません。原発は事故さえ起きなければ、そして核廃棄物の処理を押し付けられる将来世代の不利益さえ考えなければ、当面の政策としてこの上なく有利なものだからです。国民のあいだにも性急な脱原発に対して懐疑的な人が多いのは、この天秤のバランス感覚が人によって異なっているからでしょう。この先日本が脱原発に舵を切るにせよ、原発推進に回帰するにせよ、天秤の両側にぶら下がっているメリットとデメリットについては国民的合意を形成しておく必要があると感じます。

 大飯原発のストレステストに関して、テレビや新聞がほとんど報じなかった重大な疑惑があることをインターネットで知りました。地震や事故の際に原発を止めるためには、運転中の核燃料の隙間に「制御棒」を瞬間的に差し込む必要がある訳ですが、この制御棒の挿入時間を関西電力が書き換えていたというのです。最近、原発付近を走る活断層が新たに発見され、従来想定されていたよりも強い地震が起こる可能性が指摘され始めたからです。要するに国の基準に合うように、数字を改竄した訳ですね。大手マスコミはこの問題をスルーしたようですが、もちろん再稼働に反対する団体がこれを見逃す筈はなく、インターネット上にはこれを検証する資料もアップされています。にもかかわらず、原子力安全・保安院はストレステストの結果を、問題無しとして通してしまいました(ちなみに制御棒の挿入時間に関する国の安全基準を作ったのも、同じこの政府御用機関です)。社民党の福島党首はこの問題を追及するための質問主意書を提出しましたが、政府の回答はまったく説得力を欠くものでした(保安院としては関西電力の提出した数字の妥当性までは確認していないなどと、しれっと書かれています)。制御棒の挿入性能なんて、一般の国民にとっては専門的過ぎて興味も持てないような話ですが、原発再稼働の問題においてこれは何より重要なポイントだと考えます。何故なら、比喩的な意味でも何でもなく、私たちすべての国民の生命はこの制御棒の性能にかかっていると言っても過言ではないからです。

 福島の事故を経験した私たちは、原発事故には2種類あるということをもう一度認識しておく必要があります。ひとつは福島型の事故、もうひとつはチェルノブイリ型の事故です。このふたつの原子力事故は、どちらもIAEA(国際原子力機関)の分類によればレベル7に相当する重大事故ですが、両者には決定的な違いがあります。原子炉そのものが破壊されたかどうかの違いです。チェルノブイリが史上最悪の原発事故である所以は、原子炉そのものが爆発を起こし、遮蔽するものの無くなった核燃料が、巨大な炎となって10日間に亘って燃え盛った点にあります。10日後に鎮火したのも、決死の消火作業が効を奏したからというより、むき出しの核燃料がすべて燃え尽きたからでしょう。これによって、事故を起こしたのはたった1基の原発だったにもかかわらず、福島第一の10倍もの放射性物質が大気中にばらまかれた訳です。これに対して福島の事故がそこまでの大惨事に至らなかったのは、何よりも事故の初期に制御棒が核反応を止めることに成功したからだと言えます。福島第一の4基の原発には、使用済み燃料も含め、事故を起こしたチェルノブイリ原発の10倍もの核物質が貯蔵されていたと言います。もしも制御棒が正常に作動していなければ、福島の事故はチェルノブイリの10倍、実際に起こったことの100倍もの大惨事になっていた可能性があるのです。この夏の電力不足がどうこう言うレベルの話ではない、まさに国の存亡にかかわる瀬戸際だったのです。

 東日本大震災の際に、福島第一の敷地内で観測された地震の揺れの強さは最大507ガルというものでした。静止していた物体が1秒間に5m7cm動くくらいの揺れということです。設計上、大飯原発は700ガルの揺れがあっても、制御棒は正常に動作するように設計されているそうです。地盤の堅牢さや従来判明している活断層との位置関係から、それ以上の強い揺れは起こらないと想定しているのです。ところが、新たに大飯原発の敷地付近にも活断層があることが分かり、これが連動すると1000ガルの強さの揺れもあり得るという説が出て来た。関西電力が制御棒の挿入性能を改竄した背景には、この1000ガル対応という意図があったようです。再稼働反対派もこの点をついてストレステストの結果は無効だと主張している訳ですが、それじゃあ制御棒の性能を向上させて、1000ガルをクリアすればオーケーかと言えば、そう単純な話でもないでしょう。東日本大震災で記録された最大の揺れは、宮城県栗原市の地震計が記録した2933ガル(!)というものだったそうです。はるか大平洋沖の海底を震源とする地震でも、内陸部でそれだけの揺れが起こることがある訳です。2008年の岩手・宮城内陸地震では、ギネス記録にも認定された4022ガル(!!)という激しい揺れが観測されています。この時の地震はマグニチュード7.2だったそうですが、その程度の「ふつうの」地震でも、局地的にそれほど激しい揺れが起きることがあるのです。そうした局地的な強い揺れが運転中の原発を襲えば、どんなに性能アップした制御棒でもものの役には立たないだろうと思います。

 たとえ停止中の原発であっても、大きな地震や津波に襲われれば大事故は起こり得ます。電源喪失によって冷却装置が動かなくなることもあるし、核燃料プールそのものが損傷を受けることだってあるかも知れない。が、それがチェルノブイリ型の事故にまで発展する可能性は少ないでしょう(もちろん可能性ゼロではありません)。福島型の原発事故なら、私たちはそれがどのようなものであるか身をもって知っている訳です。その経験を活かして、次回はもっとうまく対処出来るだろうとも思います。原発の廃炉までは数十年かかる訳ですから、そのリスクに対してはこれからも常に準備しておく必要があります。しかし、運転中の原発がチェルノブイリ型の事故を起こせば、これはもう未知の領域です。福島で起こったこととはまったく異なる、ほんもののカタストロフがやって来る。これに対してはどのような備えをしたって無駄です。原発を再稼働するということは、そのリスクのふたを開けるということなのです。私たちは止まっている原発と動いている原発のリスクの大きさの違いを、もう一度よく考えてみる必要があります。もしも原発推進派がこのふたつのリスクを分けて認識した上で、それでも再稼働は必要だと言うなら、それはもう考え方の違いなので仕方ない。但し、その区別を曖昧にした上で原発の安全性を説くことは許されません。大飯原発でも堤防を高くしたり、予備電源を高い位置に設置したり、いざという時のためにベントフィルターを取り付けるといった対策が採られるようですが、それはせいぜい福島型の事故への備えでしかない。それをもって原発の安全性は確保されるなどという政治の言葉に騙される訳にはいかないのです。

|

« 大飯原発の再稼働を許す訳にはいかない | トップページ | ドラクマとユーロを併用したらどうだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/54988515

この記事へのトラックバック一覧です: 原発再稼働で何よりも争点にすべきこと:

« 大飯原発の再稼働を許す訳にはいかない | トップページ | ドラクマとユーロを併用したらどうだろう? »