« 電力危機を乗り切るためのアイデア | トップページ | リフレ派休戦宣言 »

2011年4月 3日 (日)

原発反対派に転向します

 被災地の救済と復興に向けて国民の心がひとつになろうとしているのに、相変わらず専門家と呼ばれる人たちのあいだでは党派性むきだしの不毛な議論が繰り広げられているように見えます。今週号のアエラに「原発学者は揺るがない」という記事が出ていました。従来から原発に対して賛成あるいは反対の意見を持っていた専門家の人たちが、今回の原発事故の前と後でどのように考え方が変わったか、アンケートで調査したという記事です。結果は、意外というか当然というか、誰ひとりとして以前の自分の考えを変えた人はいなかったということでした。原発反対派が考えを変えないのは当たり前として、賛成派の専門家があくまで原発推進に固執していることには違和感を感じます。いや、他人事のように言うのはよくありませんね、私自身、これまで原子力発電に対しては比較的肯定的というか容認的な意見を持っていたからです。原発に賛成する意見を表明していた人間は、専門家であるか否かにかかわらず、以前の考えを撤回するか、もしも撤回しないならばその理由を説明する責任を負っていると思います。

 今回の福島原発の事故によって分かったことは、原発というのはそれ自体が停電に対して非常に弱いものであり、わずか数時間くらい電力を止められただけで原子炉は暴走を始める危険性があり、いったん暴走し始めたらもはやそれをノーマルな管理下に戻すことは不可能だということです。原発が危険だという知識は誰もが持っていたけれども、その危険性の正体を具体的にイメージすることはなかなか出来なかった。今回のことでそれがリアルな生きた知識として共有出来たとすれば、そのために私たちが支払った代償はあまりに高いものでした(これから支払う代償が、と言った方がより正確かも知れません)。もうひとつ、これも今回初めて知ったことですが、使用済み核燃料というものが原子炉と同じ建家の中に、金属製の防護壁に囲まれることもなく大量に保管されていたという事実にも驚かされました。こちらも常に水を循環させて冷やしておかなければ、熱崩壊を起こして大量の放射性物質を撒き散らすことになるらしい。何故そんなものが文字通り原子炉の〈真上〉にぶら下げてあったかと言えば、一定温度にまで冷却させなければ輸送することも出来ないという理由からでしょう。ところが冷却までには何年もかかるので、結果として原子炉建家内には常に大量の使用済み核燃料が置かれていることになる。万が一原子炉が爆発すれば、何が起こるかは素人でも想像がつきます。

 いま福島原発では、高濃度の放射性物質を含んだ汚染水の処理が緊急の課題になっています。海上公園として使われていたメガフロートを使って汚染水を〈汲み取る〉案も検討されているようですが、素朴な疑問があります。汲み取られた汚染水はどこに持って行かれるのでしょう? その水はどのように処理されるのでしょう? それを正しく処理する方法というものが果たしてあるのでしょうか? そこまで説明した記事を私は見付けることが出来ませんでした。今回の地震は千年に一度という規模のものだったと言いますが、使用済み核燃料は何万年もの未来まで、つまり人類史的には未来永劫に亘って危険物として管理して行かなければならないものなのです。私たちが原子力エネルギーを使えば使うほど、そんなものが世界中に蓄積されて行く訳です。千年に一度の天災も、百年に一度の戦争やテロも、核燃料の永遠に続く管理サイクルから見れば決して稀な出来事ではないとも言えます。福島の原発は廃炉になるでしょうが、それまでに数十年はかかるのだそうです。いや、たとえ事故を起こしていなくても、一基の原発を計画的に廃止するためには2、30年の年月がかかるらしい。原発はコストが安いなんて全くのウソでしたね。それは人類の未来をまるごと担保に入れて、高い金利で借金をしていたのと変わらないことでした。

 この期におよんでまだ原発を擁護しようとしている専門家や評論家に対して、強い憤りを感じます。いわく、これまでに事故で死亡した人の数は原子力発電所より火力発電所の方がずっと多かった、事故を起こしたのは古い型の原発であって最新型の原発ははるかに安全に設計されている、放射性物質は自然界にもたくさんあふれているので、この程度の漏洩で大騒ぎする方がおかしい。「デマに惑わされるな」というデマに惑わされないようにしましょう。問題は事故による死者の数でもなければ、自然放射線との危険性の比較でもありません。核物質というものを扱うこと、それ自体の危険性が問題なのだと思います。最近はメンテナンスが容易な小型の原発といったものも開発されているそうで、それをイノベーションなどと呼ぶ人もいますが、そういう人は日本中の町や村がそれぞれ1個ずつの小型原発を持つといった社会を夢見ているのでしょうか。深刻な原発事故の現実を見せられてしまったいま、規模の大小や安全性の程度に関係なく、私たちは原発とはこれ以上共存出来ないと感じています。その感覚の方が健全だと思います。福島の事故を受けて、ドイツでは脱原発を訴える緑の党が支持率を上げました。各国で原発推進政策の見直しが始まっています。福島の教訓が活かされている訳です。事故の当事者である日本だけが、その流れから取り残される訳にはいきません。

 いま日本では電力の3割を原子力に依存しているそうです。今回の事故が無ければ、その比率は今後もっと高くなっていたのでしょう。これが7割だったらともかく、3割ならまだ引き返せると思います。この夏の電力不足は心配ですが、3割の節電なら不可能なことではない。いま最優先で進めるべき技術開発は、省電力型のエアコンや安価なガスエアコンの開発でしょう。これはすぐにでも始めるべきだし、政府はその開発や普及に予算をつけるべきです。(電力消費が外気温によって大きく左右されるということも、この3週間で私たちが学んだことのひとつです。) エネルギー問題には専門家でなければ分からないことが多いとしても、大筋のところではどういう方向に進むべきか私たちは正しく知っています。まずは「脱原子力」ということが第一、そしてその後には「脱化石燃料」という課題が続いています。そしてどんなに困難でコストがかかろうと、再生可能エネルギー(風力、地熱、太陽光など)にシフトして行くことが私たちに許された唯一の道です。それを世界に先駆けて実現していかなければ、日本の国際的地位は低下して行く一方でしょう。私たちは身に染みて理解しました、「地震の多い原子力先進国」というレッテルを剥がさなければ、旅行客も呼べなければモノを輸出することも出来ないことを。党派性を持った評論家のコトバに惑わされてはいけない、まずは脱原発ということで民意をひとつにすることが重要です。

|

« 電力危機を乗り切るためのアイデア | トップページ | リフレ派休戦宣言 »

コメント

巷間哲学者さんが原発反対に回られたことに好感です。
共産主義者が社会を制御しようとして失敗したように、巨大なエネルギーの制御にも人類は成功していません。
社会を形成する能力が人間を人間たらしめたという人もおりますが、何度も大破局を乗り越えながら仕組みを変えて生きのびてきたことも事実です。
これだけの大災害をもたらしつつある現実に対して一人も反省的な振り返りができない科学者はこの事実を乗りこえることができないでしょう。この現実が恐ろしく思います。

投稿: kiri | 2011年4月 3日 (日) 08時54分

北欧フィンランドに
オンカロ(秘密の場所)と言われている 原発で使用済み核燃料の埋設施設があります
18億年前の安定した岩盤へ深くトンネルを掘り
2100年まで使用済み核燃料 放射性廃棄物を厳重に埋設処理する施設です
使用済み核燃料保管が安全に数万年から10万年壊れないことを期待されてます
しかし当事者は語られてます・・安全性は"不確実性のもとで対処するしかない"と
すなわち未来の安全の保障は不可能だと言うことでした

人類はパンドラの箱を開けてしまった・・と聞きなれた文言が有るが
結果的に将来何万年も残る 
危険で健康を害する"大量のどうしようもない放射性廃棄物"を残してしまった事を指すのではないだろうか

このオンカロ事業の当事者は未来の人類に語る言葉は"Good luck"・・と
そして未来の人間は大量に放射性廃棄物を産んだ21世紀の時代をどう思うだろうか? どうか幸運を・・と
これでよいのだろうか これからでも出来る事は無いだろうかと考えさせられる、

日本は経済第一主義で数十年で すばらしい物質文明やハイテク技術を産んだ
大量生産大量消費を行い経済発展を遂げたが
それには大量の電気エネルギーや資源が必要だった
そこで資源が無い日本は原発に目を向け安全より経済性を選んでしまった
地震頻度がヨーロッパと比べ2000倍も多い地震列島日本へ
電力が足りないとの事で次々と原発を建設した

日本は真新しい家屋を次々と建設し車も新車へどんどん買い換える事が美徳の様に見えた,
TV等でヨーロッパの人々が数百年前に建てた家屋を大事そうに手入れして
住み続ける場面を見て
なんと貧しい質素な生活をしているのだろうかと思った事も有った

だが日本は限られた地球上の多くの資源を大量に消費し”枯渇"を早めた国ではないだろうか
それは間違いだっただったかもしれない。
また取り返しが付かない事故災害被害が起こる前に対策を講じた方が
コストが安く犠牲も少なくて済みます。
ある時代には正しい選択と思われていても、
時代が変わると合理的ではないリスクが大きすぎる政策と解っても
やめようとしない日本の政治姿勢にも大いに問題が有ります
"この原発事業や核燃料リサイクル事業にしても同じです"

大規模な原発事故や途方も無い大量の使用済み核燃料による汚染が起き
労働者(国民)は放射能障害を持っては働けない 放射能汚染した田畑や海では生産も生活も出来ない
今後 数百年数千年も放射能汚染した土地や海でがまんして生活することは出来ず 
いずれ国民(労働者)の健康を害し被爆難民となったり 大量消費を夢見た日本経済が破綻する未来も考えられなくも無い、
その前に過去の歴史から日本人は権力者に操られ戦争へと突っ走る事も考えられる

しかしその未来を語る前に 資源を使いきり 汚染を広げた
せまい島国日本では健康な未来の子供を残すことが出来るだろうか
かつて昔に東洋の小さな日本という島国が反映してたが 今は危険な汚染地帯で人が入っては行けない場所です
・・と海外の未来のどこかの教科書に書かれること等が有ってはならない

もし健康な子供達を末永い未来へ贈ろうとするならば
国民が内向的で有っては未来など無い
取り返しが付かない事になる前に・・
今後 独占中の全国の送電網の売却が必須で
自然エネルギー開発と徹底した省エネ推進を行い
原発を全て廃炉にして
その大量の大量の放射性廃棄物をどう処理するかによって未来が決まる
健康や安全を取り戻す為には途方も無い年月と実行力を要するが
それには一人一人の粘り強い意志表示と
離れて自分達を見る視点を持つ事が
実現成功のカギを握っている、

 想定害

投稿: | 2011年5月25日 (水) 01時53分

おっしゃる通り人類は、まだ「死の灰」の処理方法を知らないわけでこのままこんな危険なものをため込むなど本当に愚かなことだと思います。
これまでにも原発はいろいろな事故を起こしていますが、時に放射性物質が環境中に漏れ出している可能性があります。
私は全国を回って調査していますが、原発の近くの市町村には明らかに癌の死亡率の高い所があります。

投稿: 山嵐光太郎 | 2011年8月27日 (土) 08時14分

はじめまして。
時々巷間哲学者の部屋さんのお部屋におじゃましています。
さて、私は根っからの原発反対論者です。
最近、自治体ごとの癌死亡率を調べていますが、原発の近くは癌死亡率が高い傾向にあることが判ってきました。
一番はっきりしているのは、女性の膵臓癌で、2009/1995比でみると、鳥取、福島、島根、愛媛、山口の順に高いですね。
詳しくは、上記ブログまで。

投稿: 山嵐光太郎 | 2011年8月30日 (火) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/51287372

この記事へのトラックバック一覧です: 原発反対派に転向します:

» 原発危機:なぜ2号機ピットから噴き出てる水をバケツで受けない? [静かなる革命2009]
おめでとう!やったね. 汚染水の流出止まる 福島第1原発2号機 2011年4月6日 06時52分 http://www.excite.co.jp/News/science/20110406/Kyodo_OT_MN2011040601000068.html  福島第1原発2号機の取水口付近で高濃度の放射性物質を含む水が海に流出していた問題で、東京電力は6日、薬剤注入の結果、同日未明に流出が止まったと発表した。 とりあえず,2号建屋のピットから流出している高濃度放射性廃水を止... [続きを読む]

受信: 2011年4月 6日 (水) 10時55分

« 電力危機を乗り切るためのアイデア | トップページ | リフレ派休戦宣言 »