« 財政破綻によるリセットを容認してはいけない | トップページ | リフレ政策でハイパーインフレは起きるのか? »

2011年3月14日 (月)

停電輪番制はダメ、節電は行政主導で!

 「3.11大震災」、のちにそう回顧されるであろう今回の災害に対し、机上の思索家がコメント出来るようなことは何もありません。しかも自分が被災地から遠いところにいる立場であってみれば、被災された方への激励の言葉も亡くなられた方への哀悼の言葉も偽善に満ちた虚しいものでしかない。避難所で冷静に行動している方たち、瓦礫のなかで救援に当たっている方たちの様子をテレビの画面で見て、この国の人々の民度の高さに改めて驚いています。

 身の回りで気がついたことについて、ひとつだけコメントを書き付けておきます。それは今朝から始まった輪番制の計画停電についてです。昨夜のニュースでこの対応策について知った時、状況が切迫していることを思い知ると同時に、東京電力の決断に賛嘆の念を持ちました。このまま電力供給を続ければ、予測出来ない停電が各地で起こる可能性がある。それよりも地域を限って計画的に停電させれば、不測の事故などもあらかじめ防げる筈だからです。今回の災害においては、原発の事故についてタイムリーに情報を開示していることも含め、東京電力は適切に行動しているように見えました。

 ところが今朝になって、計画停電は思ったほど周到なものでもなく、合理的なものでもないことを皆が知りました。停電区域のグループ分けが細か過ぎたため、首都圏近郊のJR線や私鉄線が寸断されて、ほとんど無秩序に運休することになってしまった。これは明日からでもやり方を変えるべきです。東電は基本的に送電をストップすることをせず、行政の指導で各鉄道路線について営業・運休を交代でさせればいいのです。例えば方面が比較的近い東海道線、東急線、京急線はそれぞれグループを分け、輪番制で運休させる。小田急線と京王線、中央線と西武新宿線、常磐線とつくばエクスプレス、総武線と京成線、西武池袋線と東武東上線…まあ、組み合わせの例が適切かどうか分かりませんが、そのように日替りで動く路線を変えて行く。そして鉄道を利用する客にも、自分の利用する路線が運休の日にはなるべく出勤を控えるようにお願いするのです。

 こうすれば通勤時の鉄道路線が比較的整然とコントロールされるでしょう。とにかく3時間ごとに強制停電というやり方は最悪です。朝出勤出来ても、夕方家に帰れない人が続出する。こんな輪番制はまったく無意味です。それと同時に政府は各業界に対しても操業の輪番制を敷きます。こちらは1週間単位で、上場企業に対して業種別に休む週を決めるのです。(中小企業保護の意味から、非上場企業は対象外としましょう。) 例えば、今週は鉄鋼・金属、電機、繊維・紙の各企業が操業停止、来週は化学、機械、輸送機器業界の各企業が休むといった具合です。(社会的混乱を避けるため、サービス、運輸、通信などの業界は規制対象外とします。) とにかく電力という産業の基盤であるリソースが不足している訳ですから、いかに限られたリソースを効率的に使うかを考えなくてはならない。その答えが地域別の強制停電である訳はありません。

 もちろんそれと同時に各家庭、各職場で節電を徹底させることは当然です。そして電力会社は電力消費量をモニターしながら、その結果を毎日政府に報告する。政府はそれを見て、徐々に規制を解除して行ったり逆に強化して行けばいい。コンピュータの世界では、電力不足や機器の障害などが起こった時、縮退運転という方法で対応する場合があります。これは機能を限定したり、アクセス数を制限することで、限られたリソースを最も効率的に使うための工夫です。いまの状況で求められているのは、「日本を縮退運転する」ことに他ならないと思います。そのために政府は強い指導力を示して欲しい。私自身、今日は通勤の足を止められてしまい、自宅待機をしているのですが、明日から一体どうしようと思い悩みながら、そんなことを考えた次第です。

|

« 財政破綻によるリセットを容認してはいけない | トップページ | リフレ政策でハイパーインフレは起きるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/51117989

この記事へのトラックバック一覧です: 停電輪番制はダメ、節電は行政主導で!:

« 財政破綻によるリセットを容認してはいけない | トップページ | リフレ政策でハイパーインフレは起きるのか? »