« 政策としてのベーシックインカム論(1) | トップページ | 政策としてのベーシックインカム論(2) »

2010年6月13日 (日)

「たられば」を許さないPOGルール

 毎年、6月上旬のこの時期だけは、気持ちをブログに専念させることが出来ず、1本の記事を書くにも難儀します。ワールドカップじゃありませんよ、POGの指名会があるんです。このブログに目を留めてくださっている方はご存じないかも知れません、POGというのは競馬の「ペーパー馬主ゲーム」のことです。もう10年以上も続けているかな。最近は自分で馬券を買うこともほとんど無くなりましたが、仲間と楽しむこのゲームだけはどうしても卒業出来ない。日本ダービーで盛り上がってから、今年の2歳馬がデビューするまでのこの時期、私たち競馬ファンはお祭りのように気持ちが高揚する毎日なのです。今回は私たちのサークルがどんなルールでPOGのドラフトを行なっているか、それをお伝えしようと思います(ちょっと他のことを考える余裕が無いので)。このブログ始まって以来の脱力系記事ですね。(笑) 

 ホンモノの馬主になるのは金持ちの特権ですが、馬主になったつもりになら誰でもなれる、それがPOGです。誰が考案したのか知りませんが、ノーベル賞なみの発明だと思います。こんなに安上がりに1年間楽しめるゲームが他にあるだろうか? 「強く美しいサラブレッドは好きだけど、競馬というギャンブルはどうも」という人にも、POGはおすすめです。ルールは簡単、何人かの仲間を募って、ドラフト会議を開く。これからデビューする今年の新馬を10頭くらいずつ選んで、そのオーナーになる。あとは1年間、自分の持ち馬を応援しながら成績を競うのです。得点をどのように計算するかは、そのサークルごとの取り決めです。競走馬が実際に獲得した賞金額を得点にしているところもあれば、レースのグレードごとに勝利ポイントを決めているところもある。私たちのサークルは「相馬眼」の確かさという名誉を賭けているだけですが(ホント?)、わずかなチョコレートを賭けてギャンブルの気分を味わっている人たちもいるらしい。伝統的にこのゲームでは、チョコを賭けることになっているのです。え、日本円を賭けている人たち? いる訳ないじゃないですか、裁判員制度まであるこの国で。

 ゲームのルールは単純でも、ドラフトのやり方にはサークルごとの流儀があります。一般的な方法はプロ野球のドラフト会議を思い浮かべてもらえば分りやすいと思います。各チームが一位指名の選手の名前を書いた紙を投票箱に入れる。もしも複数のチームが同じ選手を指名していたら抽選になります。もちろん単独指名なら交渉権はそのチームが獲得します。抽選に負けたチームは、残った選手から再指名する(再指名チームが複数あるなら、ここでも投票箱を使うべきです)。こうして一巡目の指名が終わったら二巡目に入ります。だから抜きん出た選手がいる場合など、指名順位をどうするかが重要な戦略になりますし、くじ運に強いのも監督の資質のひとつということになる。POGの場合も同じです。指名馬がバッティングすればじゃんけんということになる訳ですが、もしも自分が一位指名したにもかかわらず、じゃんけんで負けて人に取られた場合、その馬が大活躍をして皐月賞やダービーまで勝ったりしたら、1年間のあいだ悔しさは増すばかりということになります。

 これはせっかくのゲームをストレスの多いものにするだけでなく、ふだんの競馬観戦においても邪念が紛れ込む要素になりますから(だって、じゃんけんで負けて人に取られた人気馬を、あなたは素直な気持ちで応援出来ますか?)、ルールの改善が必要なところです。私たちのサークルで採用しているドラフト・ルールは以下のようなものです。全員が投票用紙を書いたら、ランダムに1枚ずつ開票して行き、その都度オークションを行なうのです。もちろん競りかける人がいなければ、その馬は無償で投票した人のものになります。しかし、競りかける人がいれば、最も高い値段をつけた人がその馬を落札します。同じ巡目でその馬に投票していなかった人もオークションに参加出来ます。(本当にその馬が欲しい人だけでなく、単に値段を吊り上げるために競りに参加する人もいるし、値段を吊り上げるだけのつもりだった人が落札させられてしまうこともあります。ここは駆け引きです。) 1回の巡目で各人が取る馬は1頭とは限りません。オークションで他人の指名馬を競り落とせば、何頭でも自分のものに出来ます(費用はかかりますが)。その1巡で馬を取れなかった人が、追加指名をすることは出来ません。馬は必ず投票され、開票されるという手続きを取って誰かの手に落ちるのです。当然、ドラフトが進むうちに各人が取った頭数にばらつきが出来ますが、これは構いません。規定の頭数の馬を取り終わった人から抜けて行き、最後の1人になったら好きな馬を取ることが出来ます。オークションの売上はプールされ、参加者全員に均等に割り戻されます。これはこれから始まる1年間のポイント・レースのハンデとして記録されることになります。もうひとつ大事なルールがあります、開票された馬がオークションになった場合、その巡目でその馬に投票した人は無料でオークションに参加出来るのですが、そうでない人にはオークションへの参加料が課せられるのです(競り落とせなかった場合には参加料は取られません)。そうしないとむやみにオークションを誘発することになるし、本当に欲しい馬に投票するインセンティブが無くなってしまいますからね。

 オークションで支払われる金額や参加料もチョコレート換算です。参加料の方はどれくらいの額が妥当か、それぞれのサークルのレートによって異なる筈ですから、あらかじめ試算して合意しておくことが必要です。積極的にオークションに投資して人気馬を集めた人は、最初にその分のマイナスを背負ってスタートすることになります。そのビハインドを撥ね返せる素質馬と見込んだからこそ、高い値段で買い取ったということになるのです。合理的でしょ? 私たちは長年この方式でやっているのですが、これのいいところは、「あの時じゃんけんに勝っていたら」、「一位指名の馬をこちらにしていれば」、そんな言い訳を一切許さないという点です。本当に欲しい馬は、先行投資をすれば必ず取れるのですから。完璧な自己責任の世界です。またそこまでして自分の持ち馬にしたのですから、1年間を通じてその馬を応援する気持ちにもいっそう熱がこもりますし、人の馬に対しても素直な気持ちで声援を送れるようになります。いいことずくめ。ということで、こんな説明で分かっていただけましたか? POGをやる人にとっては参考になる情報だと思うのですが…って、こんなところで油を売っている場合じゃなかった。今日はこれからドラフト会議なんです。自信の馬は選んであるし、今年こそ万年最下位の汚名返上だ!

|

« 政策としてのベーシックインカム論(1) | トップページ | 政策としてのベーシックインカム論(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/48613910

この記事へのトラックバック一覧です: 「たられば」を許さないPOGルール:

« 政策としてのベーシックインカム論(1) | トップページ | 政策としてのベーシックインカム論(2) »