« もう一度、日本をあきらめない | トップページ | あらためて裁判員制度に警鐘を鳴らす »

2009年5月17日 (日)

筋目を通せなかった民主党

 民主党の代表選は下馬評どおり鳩山由紀夫さんが岡田克也さんを負かしました。124票対95票という結果については、岡田氏の善戦を言う向きもあるようです。政権交代に期待するひとりとして、私は岡田さんに次の代表になってもらいたいと思っていました。この二人の政策論を聞く限り、さほどの相違があるとも思えませんし、どちらが代表になったとしても、党内に向けては今回の代表選がしこりにならないよう融和的な方針を採るのでしょうから、政局に大きな影響があるとも思われない。国民に対するアピール度という点でも、お二人はまあ似たり寄ったりだという気がします。ただ、民主党議員がここで鳩山氏を選んだということには、もっとずっと重大な意味があります。それはつまり民主党は国民に対して筋目を通すことが出来なかったということです。

 西松問題で国民の支持率が下がり、代表が辞任に追い込まれたのですから、今回の代表選は何よりもまずこの点で襟を正す姿勢を見せなければなりませんでした。最後まで小沢氏をかばい、小沢さんと一蓮托生だとまで言った鳩山さんは、少なくとも今回は代表選に出るべきではなかった。国民が直接関わることの出来ない党内選挙なのだから、筋を通すためにはそれしかなかった筈です。ましてや当の小沢氏の肝入りで、ほとんど出来レースのような選挙だった訳ですから、いくら党内では拍手喝采を浴びたとしても、本来は国民に対して顔向け出来ないくらいのものではないのか。これは鳩山さんという政治家に、党代表としての実力があるかどうかというような話ではない、政治家としての倫理性の問題です。現在のこの国の政治で、何が一番の問題かと言えば、政策や財源問題をどうするかということよりも、政治家や官僚の道徳的な堕落をどうたたき直して行くかというその点にあると思います。その使命を与えられている次期政権政党の党首に、倫理的に問題のある人を就ける訳にはいかないのです。

 おそらく今回投票した124人の民主党議員のなかには、ここで鳩山氏に一票を入れることは国民に対する背信行為なのではないか、そう思って最後まで迷った人も多かったのではないでしょうか。少なくとも多くの議員が投票後に後味の悪さを味わったに違いないと思います。よろしい、その後味の悪さこそが真実だったことを、今度は有権者があなたがたに証明してみせようじゃありませんか。今回の代表選を見ていて、岡田氏の支持に回った若手を中心とする95人を私は頼もしく思いました。いや、実を言えば、たとえ誰が代表になったとしても、民主党による政権交代はやはり必要だとさえ思っているのです。それでも次の選挙での自分の一票は、民主党に投じる訳にはいかなくなりました。政治の世界から自浄能力が失われ、野党でさえ権力構造に絡め取られる構図がはっきりしてしまった以上、政治に筋目をつけさせる最後の役割は、私たち有権者が引き受けるしかないからです。

|

« もう一度、日本をあきらめない | トップページ | あらためて裁判員制度に警鐘を鳴らす »

コメント

Like_an_Arrowさん、こんにちは。

いつも拝見させていただいていますが、最近は社会的な問題を扱った記事が多いですね。それはそれで結構なのですが、前の方の記事のように浮世離れした事柄について思索をめぐらしたものも読んでみたい気がします。

生意気言ってすみませんでした! では。

(ちなみにわたしは以前2008年10月14日の記事にY.という名前でコメントした者です。その時お教えしたブログはもうやめて、現在は別の所でブログを書いています)

プロフィール
http://www.hatena.ne.jp/champagnebuddhist_hiro/

投稿: champagnebuddhist_hiro | 2009年5月23日 (土) 22時01分

champagnebuddhist_hiroさん、コメントをありがとうございます。

私のブログには、インターネット検索で覗きに来てくださる一見さんはいらっしゃいますが、リピーターの方は少ないので、こうしたコメントをいただくと励みになります。

この時期、どうしても話題が政治や裁判員制度に偏ってしまいますね。気持ちの上では、自分の主戦場は『哲学論考』と題したブログの方だと思っているのですが、こちらは開店休業の状態が続いています。書きたいテーマが無い訳ではないので、長い目で見てやっていただけたらと思います。

champagnebuddhist_hiroさんのブログもまたゆっくり拝見させていただきますね。お互い細く長く続けて行きましょう。

投稿: Like_an_Arrow | 2009年5月25日 (月) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/45040862

この記事へのトラックバック一覧です: 筋目を通せなかった民主党:

« もう一度、日本をあきらめない | トップページ | あらためて裁判員制度に警鐘を鳴らす »