« もう一度、裁判員制度と死刑の問題について | トップページ | 裁判員制度で有罪率99.9パーセントはどうなる? »

2009年4月26日 (日)

「推定無罪」という思想をめぐって

 長いあいだ世間の注目を集めていた「和歌山カレー事件」に対する最高裁判決が下りました。一審、二審の判決は覆ることなく死刑が確定したのです。私はこの事件に特に注意を払っていた訳でもありませんし、今回の判決の妥当性についても評価出来る立場にはありません。ただ、この事件のように決定的な物的証拠が無く、別に真犯人がいるかも知れないと合理的に疑うことが出来る事件では、「推定無罪の原則」というものが適用されるということは常識として知っていました。だからこうもあっさりと死刑が確定したことに、なにか意外な感じを持ったのです。インターネットでいろいろな人の意見を拾ってみると、同じように感じている人が多いことが分かります。来月からいよいよ裁判員制度が始まりますが、もしもこの事件を自分が裁かなければならない立場だったとしたら…。そんなことを想像した人も少なくない筈です。

 推定無罪というのは、平たく言えば「疑わしきは罰せず」という原則のことです。これはたとえ法律に明文化されてはいなくとも、今日の民主主義国家ではいわば不文律として通用している世界共通のルールなのだそうです。日本国憲法の第31条、「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命もしくは自由を奪われ、またはその他の刑罰を科せられない」に、推定無罪の原則が含まれているという解釈もあるようです。刑事裁判において極めて重要なことは、「冤罪」というものを出さないことです。たとえ死刑制度を強く支持する人でも、この点について異論のある人はいないだろうと思います。裁判員制度というのは、国民がプロの裁判官と一緒に事件に関する事実の認定を行ない、もしも有罪であるならば刑の重さをどうするかを決めて行く制度です。国民の8割が死刑制度を支持していることからも分かるように、一般的に日本人は犯罪に対しては非常に強い応報感情を抱いている。このため裁判員制度が施行されたあとには、これまでよりもいっそう厳罰主義が進んで、死刑判決も増えるのではないかという懸念を私は持っています。それでも、裁判長は裁判員の人たちに推定無罪の原則については最初にレクチャーするだろうし、この制度によって冤罪というものが有意に増えることはないだろう、そういう楽観的な見通しを私は持っていました。が、今回の判決で、この点についても私は不安を感じるようになって来ました。

 推定無罪というコトバについて、インターネット上にこんな説明があるのを見付けました、「たとえ十人の真犯人を取り逃がしても、ひとりの冤罪被害者を出さないための思想」だというのです。とてもうまい表現だと思いました。と同時に、この論理をよく考えてみると、推定無罪の原則というのは誰にでも受け入れられる普遍的な思想ではないということにも気付くのです。例えばこんなふうに数字を置き換えてみます、「たとえ千人の真犯人を取り逃がそうとも、ひとりの冤罪被害者を出してはいけない」。どうでしょう、これだと少し説得力が減るのではないでしょうか。和歌山カレー事件の被告が真犯人である可能性が、90パーセントなのか、99.9パーセントなのか私は知りません。ただ、100パーセントではないことは確かだと思います。だとすると、推定無罪の原則が適応される境界線というのはどこにあるのでしょう? 今回の事件では、指紋やDNA鑑定のような直接的な証拠は何ひとつありません。いや、たとえ指紋やDNA鑑定で容疑者が特定されたとしても、それでも冤罪の可能性を100パーセント排除することは難しいに違いない。もしも裁判員として出廷した私たちに、推定無罪の原則を守らせようとするのであれば、その厳密な運用ルールを定義してもらう必要があります。

 前回の記事で、また過去に書いた記事でも、私は死刑制度のある日本には参審制よりも陪審制の方が馴染むのではないかという主旨のことを書きました。今週の最高裁判決のニュースについて考えるなかで、この私の考えはまったくの勘違いだったことに気が付きました。裁判員にはふたつの任務があります、事実認定と量刑とです。もしも被告が起訴事実を全面的に認めている事件なら、事実認定の面での難しさはそうないでしょう。しかし、今回のような被告が無実を主張しているような事件では、その困難さは想像するに余りある。そもそも自分がこのような事件に裁判員として駆り出されて、無罪か有罪かを判定しろなんて言われたら、一体何を根拠に判断すればいいのだろう。もしも量刑ということなら、素人の裁判員でもその人なりの判断を下すことが出来るかも知れません(実は私はこの点にも多いに疑問があるのですが…)。だが、事実認定について裁判員が責任ある意見を述べることなんて出来る訳がない。裁判での審理も、6人の素人探偵が下手な謎解きをする以上のものにはなりようがないと思います。陪審制というのは、このように素人には判断の難しい部分だけを、ことさら素人の判断に任せようという倒錯した制度だと言えると思う。ドラマや小説の道具立てとしては面白いけれども、公正で正確であるべき裁判の仕組みとしては根本的に欠陥のある制度だと考えざるを得ません。たとえ冤罪であることが後で判明しても、それは市民の下した判断であって、職業裁判官に責任は無いのです。これは司法の責任放棄以外の何ものでもないのではないか。

 私は本質的に市民の直接司法参加というものに反対する立場の人間ですが、もしも自分なりの裁判員制度改革案を考えるとしたら、次のふたつは譲れないポイントになります。ひとつは市民が量刑にまで参加する前提として、西欧諸国のように死刑制度が廃止されていること、これはすでに何度も書いて来ました。もうひとつは、陪審制とは逆に有罪か無罪かの判断は、市民ではなく司法機関が責任をもって行なうということです。市民は刑の重さを決める話し合いには参加するけれども、有罪かどうかを決める判断には一切関わらないものとする。そもそも無実を主張する被告人が真犯人かどうかを決められるものがあるとすれば、客観的な証拠に基づく科学的な捜査以外には無い筈です。戦後の冤罪事件のなかには、検察が被告人に有利な証拠を隠していた場合があったという話を聞いたこともあります。司法改革が必要なのはこうした部分についてです。だいたい有罪を立証する立場の検察が証拠を一手に押さえていることがおかしい。むしろ無罪を立証する立場の弁護側の捜査官を取り調べ段階から参加させ、合同で捜査に当たらせるくらいの思い切った制度改革が必要だという気がします。日本は犯罪に対しては高い検挙率と有罪率を誇っています。精密司法と呼ばれることもあります。この精密司法の公平性と正確性をさらに高める改革なら、国民の理解と賛同も得られるだろうと思うのです。

 今回の判決に対して、弁護側は再審請求を出すことがすでに伝えられています。死刑が確定するまでには、まだまだ時間がかかることになるのでしょう。これは私自身の個人的な推測ですが、たとえ死刑が確定したとしても、おそらくこの事件で死刑が執行されることはあるまいと思います。最近は死刑執行に熱心な法務大臣が多いようですが、それでも本人が無罪を主張しており、冤罪の可能性がとりざたされている死刑囚に対して刑が執行される例はほとんど無いからです。本来なら刑の確定後、半年以内に執行しなければならないという法律の規定があるにもかかわらず、司法の最高責任者自らが法を守っていない現実がある。これはどう考えてもおかしな話で、だったら最初から死刑判決など出さなければ良かったのである。これは事実として、日本の司法組織のなかで推定無罪の原則に対する認識のずれがあることの証拠であると私は見ます。最高裁は自ら下した死刑判決に対し、法で定められた期間内に刑の執行がされていない事実について、法務大臣に警告を発すべきでしょう。それをしていないという事実が、すなわち裁判所が無責任な官僚主義に毒されていることを証明しています。日本は死刑を存続させていることで国際社会から非難を浴びているのです。国家権力の最大の行使である死刑というものについて、司法の内部でこのような責任の押し付け合いがあることは、とうてい看過出来ることではありません。裁判員制度というのは、司法が負うべき厳粛な責任というものを、さらに曖昧にさせるための制度であるとも言えます。もしも司法改革が必要なら、裁判員制度のようなものではなく、司法組織内部の官僚主義を打ち破るところから始める必要があると私は思います。

|

« もう一度、裁判員制度と死刑の問題について | トップページ | 裁判員制度で有罪率99.9パーセントはどうなる? »

コメント

>本来なら刑の確定後、半年以内に執行しなければならないという法律の規定があるにもかかわらず、司法の最高責任者自らが法を守っていない現実がある。・・・最高裁は自ら下した死刑判決に対し、法で定められた期間内に刑の執行がされていない事実について、法務大臣に警告を発すべきでしょう。

よくわからないんだけど、この現状は死刑反対論者のLike_an_Arrowさんにとっては良いことなんじゃないんですか?この文章だとちゃんと死刑を執行しろ、と要求しているように読める。Like_an_Arrowさんの立場としては彼らが仕事をしないほうがいいわけでしょう?

何故死刑がなかなか執行されないかというのは(死刑制度そのものの是非はともかく)誰であれ死刑をやりたくない、という多分に人間的理由であって、結局、死刑制度廃止の方向へ持っていく為には何よりこの人間的生理現象を目覚めさせるより道はないんじゃないのかなあ。

それは裁判員制度によって図らずも目覚めざるを得ない生理現象ではないか、というのが以前のレスの要旨だったのだけど。(華麗にスルーされてたけど)

Like_an_Arrowさんは気に食わないらしいけど、この裁判員制度導入がなかったらそもそも人々は死刑に対して空想的な想念を持つに留まり続けていただろうから、とにかく何らかのアクションの始まりになることは明らかだろう。

投稿: 法哲 | 2009年4月26日 (日) 17時15分

法哲さん、こんにちは。

いただいたコメントに対してスルーしていた訳ではないのですが、時間的にも精神的にもゆとりが無くて、ご返事することも出来ずにいました。裁判員制度と死刑の問題については、自分のような門外漢にしてみると、すでに書き過ぎるくらい書いて来ました。どうしても書かずにはいられない気持ちがあるのですが、最近はもう無力感の方が先に立ってしまって、文章も荒れて来ているのを感じます。

> この現状は死刑反対論者のLike_an_Arrowさんにとっては良いことなんじゃないんですか? この文章だとちゃんと死刑を執行しろ、と要求しているように読める。

ここのところは反語的な意味で書きました。たとえば以前の記事でこんな書き方をしたこともあります、「もしも死刑が被害者遺族への慰撫のためのものなら、日本は年間千数百人の殺人犯を死刑にしなければならない」、あるいは「死刑の犯罪抑止効果を言うなら、公開処刑を復活すべきである」。これと同じようなレトリックで、「もしも死刑を執行出来ないなら、死刑判決など下すべきではない」と言ったまでです。半年ルールに従ってどんどん刑を執行しろと言っている訳ではありません。

> この裁判員制度導入がなかったらそもそも人々は死刑に対して空想的な想念を持つに留まり続けていただろうから、とにかく何らかのアクションの始まりになることは明らかだろう。

これはもしかしたら正しい指摘かも知れないと思います。裁判員制度によって、多くの人が初めて死刑についても真剣に考え始めるのかも知れません。私自身だって、この制度のことを知って何かを〈目覚め〉させられた人間のひとりですから、ひとつのきっかけとしての意味は認めます。でも、だからってそれを裁判員制度導入の効能と言ってしまっては本末転倒のような気がします。法哲さんは、この制度が始まったら、死刑判決が減るだろうと予想されているのでしょうか? 私は逆に増えるだろうと予想しているんです。(日本は「魔女狩り国家」になるだろうとまで書いたことがあります。) しかし、これだけは実際に制度がスタートして暫く経ってみないと分かりませんね。私の考えが杞憂に終って、裁判員制度によって日本の世論も死刑廃止の方向に向かうなんて結果になれば、それは望ましいことだと思うけど、たぶんそんなことはあり得ないだろうと思うんですよね。

投稿: Like_an_Arrow | 2009年4月29日 (水) 02時53分

>法哲さんは、この制度が始まったら、死刑判決が減るだろうと予想されているのでしょうか? 

これはやはり始まってみないと何とも言えませんね。しかし少なくとも裁判員として参加した(させられた)人はたとえ死刑賛成論者であろうとそしてどんな重大な事件でも軽軽に死刑求刑とはいかないと思いますよ。本職の裁判官と違ってその件が終わったら解放されるわけでそんな重たい決断を担うというのも割が合わないと思うし。・・・・うーん、絶対そうだとは言えないけど。

死刑がなかなか執行されないという現象を Like_an_Arrowさんは批判的に捉えていますけど、同時にやっぱり人情としてどんなに悪いことをした人間とはいえ、自分の手で直接的に・間接的に殺す、というのは嫌だ、という(特に当事者でない人なら)誰もが持っている感情の表れと僕は解釈しているので、一般人なら尚さらではないでしょうか。

裁判を傍観しているだけの「一般大衆」はこれまで通りその時の感情で無責任に言いたいことを言う、というのは変わらないとは思いますけど、自分が裁判に関わる可能性が少しでもある、という状況はこれにもあくまで内面的にですが、地殻変動を起こすのではないでしょうか。それが死刑制度そのものへと(すなわち撤廃へと)向けられるかどうかは難しいけど・・・・

もしかすると量刑が相対的に増えて、死刑は回避傾向になるのではないかなあ、とも予想するのですが。実は重罰傾向というのはこういう方向もあるんじゃないんですかね。これをLike_an_Arrowさんがよしとするのかどうかは分かりませんが。

投稿: 法哲 | 2009年4月29日 (水) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/44795705

この記事へのトラックバック一覧です: 「推定無罪」という思想をめぐって:

» 普遍的ということ [時は金なり]
【全ての現象の理解や問題の解決に役立つ、共通の(少ない)法則】 があれば、 現在の高度に専門化、細分化、多様化した学問体系、知識体系、技術体系において その価値は、とても大きいものになるでしょう。 [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 20時12分

« もう一度、裁判員制度と死刑の問題について | トップページ | 裁判員制度で有罪率99.9パーセントはどうなる? »