« 選挙のルールが変わったのだ! | トップページ | 拝啓、安倍総理大臣殿 »

2007年7月30日 (月)

選挙結果への感想

 予想されていたこととは言え、ここまで極端な結果になるとは思いませんでした。テレビや新聞の論調も、自民党の予想以上の大敗に、なかば戸惑いを隠せないといった様子です。ちょうど2年前の衆院選で、自民党が歴史的な大勝をした、今回はその反動という意味もあったのだと思います。安倍首相も貧乏くじを引いたものです。でも、今となっては、これも安倍さんの政治センスの無さのしからしむるところだったのかも知れませんね。まれに見る大衆的人気を誇った小泉さんの後継者というポジションには、最初から大きなハンディキャップがあることは分かっていたのですから。一度国民に愛想をつかされてしまえば、なかなか二度目のチャンスは無いと思います。一国の総理大臣を目指すほどの人なら、一度しかない登場のタイミングを測ることは、最高度に慎重な政治的判断を要することだった筈です。今回の結果をもたらした上、さらに辞任をも拒否している安倍総理は、ほぼ自らの政治生命を絶ってしまったという気がする。勝算ありと見て、退路を絶ってみせた小沢さんとは、政治家としての格が違ったと言われても、反論は出来ないでしょう。

 ブログの記事に、選挙ネタをさんざん使わせてもらった身の上として、選挙結果について感想を書きつけておく義務を感じます。今回の選挙でまず印象に残ったのは、多くの選挙区で自民党と民主党を中心に、有力候補が非常な接戦を演じたということです。これは偶然ではないと思います。昨日の記事で、今回の選挙では自分の応援したい候補に単純に投票するのではなく、自らの1票を最大限有効に活かす方法を考えると書きました。たぶん多くの有権者が同じように考えて投票したのではないかと思います。例えば応援している政党の2人いる候補のうち、あえて劣勢と言われている候補に投票するといったパターンです。マスコミの報道に対して、有権者のあいだで敏感なフィードバック機能が働いたと考えなければ、各地でこんなに僅差の接戦が起こったことの説明は出来ないと思います。これは日本の選挙が、株価の変動に似た合理的なダイナミズムを持ち始めたということで、欧米並みの二大政党制に近付いたと考えてもいいのかも知れません。自民党と民主党では、政策面で大した違いが無いようにも思えますが、少なくとも政権交代の可能性をいつでも与党に突き付けておくことで、政と官の腐敗を防止する効果はあると有権者は考えたのです。

 比例区の方は、応援していた9条ネットの天木直人さんが、思ったほどの票を集められず、残念な結果に終わりました。10万票くらいは行くのではと思っていたのですが、3万票弱しか獲得出来ませんでした。年金選挙の陰に隠れて、護憲を掲げていた天木さんは、完全に埋没してしまった感じです。天木議員の誕生を期待する自分としては、次回はぜひ民主党の公認を受けて立候補してもらいたい気がします。いまの選挙制度と、それに対応した有権者の投票パターンからすると、二大政党以外からの立候補では、ほとんど当選の可能性は無いからです。これからはおそらく、様々な政治的立場を採る人が、大政党の中でも比較的自由に発言し、行動出来る時代になるのではないでしょうか、多少の期待もこめてそう予想します。おそらく今回の選挙の結果により、改憲問題はかなり先の長い議論になったと思います。護憲派は長期的展望に立って、作戦を練り直す時です。

|

« 選挙のルールが変わったのだ! | トップページ | 拝啓、安倍総理大臣殿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/15954347

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙結果への感想:

« 選挙のルールが変わったのだ! | トップページ | 拝啓、安倍総理大臣殿 »