« ふたつの『憲法前文』を読み比べる | トップページ | 教育と国歌斉唱の問題について »

2006年5月27日 (土)

国民投票法案に関する私見

 前回のエントリーで改憲問題について取り上げましたが、昨日これに関連した重要な法案が国会に提出されました。憲法改正に必要な国民投票の具体的手続きを定めた国民投票法案というものです。現実的なものとなった憲法改正に向けて、着々と準備が進められているといった印象です。意外だったのは、自民党の案とは別に、民主党が独自に同じ名称の法案を出して来たことです。比較してみれば、多少内容に違いはあるものの、憲法改正を第一に目指したものである点は同じです。政治オンチの私は知りませんでしたが、小沢一郎さんという人も、昔から熱心な改憲論者だったんですね。民主党もつまらないところで意地を張っています。国民のあいだに憲法九条だけは守ろうという意見も根強いなか、国民の声をバランスよく代弁すべき国会という場においては、民主党も(今回に限っては)憲法改正に反対の立場を採るのが、野党第一党としてのむしろ責任であるように私などは思うのですが。

 与野党がこぞって憲法改正に熱心で、これに反対する共産党や社民党がほとんど〈死に体〉である現状では、憲法九条を守れるのは、実際に国民の直接的な意思表示だけなのかも知れません。私は憲法改正議案を国民投票にかけること自体が、現在の危うい世界情勢のなかで、取りかえしのつかない危険な賭けのような気がしているのですが、そんな悠長なことも言っていられない状況です。もしも国民ひとりひとりの良識が、日本の軍事大国化を食い止める最後の防波堤だとするならば、国民投票を具体的にどのような方法で行なうかは、慎重に検討すべき重要な問題になる筈です。ところが、これを論ずること自体が、すでに国民投票の実施を前提にしている、つまり実質上これを是認するという構図にどうしても陥ってしまう。小沢氏は、この法案を単なる手続法だと言ったそうですが(なんという暴言!)、この点でも護憲派はどうしても守勢に回らざるをえないのです。

 今回の法案を見ると、自民党案では、憲法改正に賛成か反対かをマルかバツかで、民主党案では賛成ならマルのみを記入することになっているそうです。そんなつまらない違いでも、投票の結果には多少の差が出るのかも知れません。しかし、私は危惧するのですが、まさか憲法改正への国民投票って、投票用紙にたったひとつのマルかバツを書くだけのものではないのでしょうね。当然のことですが、いくら熱心な改憲派の人でも、改憲さえすれば何でもいいと思っている人はいない筈です。ところが、この部分は今回の法案では曖昧にされているようです。当然、戦争放棄を謳った九条と、国家の宗教的活動を禁じた二十条と、憲法改正のための条件を定めた九十六条とを、十把ひとからげに論じることは出来ない。国民投票を行なうなら、個別の条文ごとに行なうべき、これはもう絶対の条件でしょう。

 憲法改正はもちろん、憲法改正議案の提出にも、国民投票の実施にも私は断固反対なのですが、もしも現実問題としてそれが仕方の無いことであるなら、私は二段階での国民投票を提案したい気がします。つまり、一回目の国民投票でまずは現行憲法を改正すべきかどうか二者択一での投票を行なう。その結果、改憲賛成派が過半数を占めたなら、次に今度は個別の条文ごとの国民投票を行なう。最初から個別の案件に対して国民の意思を問うことは、すなわち既成事実としての憲法改正を前提として受け入れさせる心理的な誘導を含むものだと思うからです。また一回目の投票と二回目の投票のあいだに、ある程度の期間を置けば、そこで国民の議論が深まるという効果も期待出来ます。また、もしも一回目の投票で改憲案が否決されれば、国際的な注目が集まるなか、日本国民が九条に対してどのような認識を持っているのか、その赤裸々な事実を晒さなくて済むというメリットもある。いずれにせよそれは他の国の対日感情に影響を与えずにはいないものでしょうから。憲法改正は国家百年の計、そのくらいの労を惜しんではならないと思います。

|

« ふたつの『憲法前文』を読み比べる | トップページ | 教育と国歌斉唱の問題について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/10263014

この記事へのトラックバック一覧です: 国民投票法案に関する私見:

« ふたつの『憲法前文』を読み比べる | トップページ | 教育と国歌斉唱の問題について »