« 皇室典範問題私見 | トップページ | 山崎ハコさんの歌 »

2006年2月22日 (水)

自己の中にもある対立軸

 例えば前回取り上げたような皇室の問題であるとか、靖国神社と戦争責任の問題、自衛隊のあり方や憲法改正の問題といった、今日の日本にとって非常に重要で、しかも国をあげての論争を巻き起こしている問題について考えてみると、その大元にあるのはみな同じ対立の構図だということに気が付きます。それが適切な言葉かどうか分かりませんが、要するに右翼思想と左翼思想の対立という構図です。第二次大戦で国粋的な軍国主義が破綻し、ソビエト連邦の崩壊で共産主義体制が行き詰まった現代という時代の思想状況について、そんな単純で図式的な捉え方で捉え切れる訳がない。にもかかわらず大抵の議論はこの対立軸の上に無理矢理乗せられてしまう。政治的な議論をする人に対しては、まずは右か左かで値踏みしようとする傾向は、今も厳としてあるように思います。簡単に言えば、相手が敵陣営なのか味方陣営なのかを見極めようとするのです。

 私はもともとどのような政治的立場にも立ちたくない人間だったので、政治的な問題に対する関心も薄かった。いや、自分の内面の問題に手一杯で、外部の世界のことにまで気が回らなかったのです。最近このブログを始めたのをきっかけに、政治の問題についても少しずつ考えるようになったというのが実のところです。それでテレビの時事討論の番組なども、機会があれば見るようにしているのですが、そこで不思議に思えるのは、出て来る人たちがみんな自分の信条を梃子でも譲ろうとしないことです。対話や討論というものが有益なのは、自分とは違う考えを持った人の意見を聞いて、それを自分の中で反芻して新しい自分の考えをまとめて行く、そのプロセスに意味があるからだと思います。ところが、マスコミに登場する有名な論客と言われる人たちには、そういう謙虚さというか柔軟性といったものが全然無いように感じられる。最初のうちこそ、専門家のいろいろな意見を聞いて啓発されたりもするのですが、そのうちに飽きて来る。いつも同じような顔ぶれで、しかも同じ人は同じことしか言っていない。相手の意見を聞こうとか、それを真面目に考えてみようという態度は、ほとんど皆無のように見受けられます。この人たちが対話を続けても、たぶん百年経っても議論は平行線なのではないかと思ってしまいます。

 これは自分の経験からというよりも、思索の結論として言うのですが、我々が他人との間で意見の対立を経験する時、その意見の違いや議論のぶつかり合いは、実はそれほど根の深いものではないのがほとんどの場合だと思うのです。人間誰だって最初から右翼思想や左翼思想を持って生まれて来る訳ではない、その時代の空気や周囲の人の意見に影響されて、自分の立場や思想というものを作って行くのでしょう。誰も自分の年齢よりも長い年月に渡って、ひとつの思想を信奉して来た人はいないのです。だとすれば、意見の対立が感情的なものにまでエスカレートしそうになった時には、自分が守ろうとしている思想や信念が生まれた時点まで戻ってみて、そこから仕切り直しをしてみたらどうだろう。そうすれば、議論は常に生産的なものになるでしょうし、相手を憎まずにいられないほどの排他的な信念というのも生まれようがないでしょう。

 天皇制の問題にしても、靖国参拝の問題にしても、虚心坦懐に自分の心を振り返ってみれば、世間で対立している二つの考え方が両方とも自分の中にあることに私は気付きました。以前、靖国問題について考えてみようと思い、高橋哲哉さんの本と小林よしのりさんの本を続けて読んだことがありました。ともに同じ天を戴かないというくらい鋭く対立する本ですが、私はその両方に共感しました。そしてこんなことを考えました。そもそも自分の心の中に、対立する要素を持っているからこそ、人は議論を仕掛け、自己を主張するのだとも言える。信条をめぐっての他人との対立というのは、実は自分の中にあって自分が否定したい部分を他人に投影しているだけなのかも知れない。もしもそれが無いなら、そもそも議論をする理由も無いではないか、と。例えば、全く異なる文明を持つ宇宙人と人類が遭遇した場合、そこには武力での対立や衝突はあるかも知れませんが、価値観をめぐっての対立や論争などは起こりようがないでしょう。人は多少は自分と似たところのある相手としか、心理的な対立を起こさないものなのではないか。

 これは同じ日本人同士なのだから、無益な近親憎悪のようなことはやめようという意味ではありません。国籍や宗教が違っていても同じことです。誰だって生まれてから後に身に付けたいろいろな知識や習慣や思想をはぎ取ってみれば、そこには<快と苦のセンサー>とでも呼ぶしかない裸の自我が現れるでしょう。自分が存在していることの不思議さを実感することは、哲学する者の常に立ち還るべき原点だと思いますが、そこまで遡ってみれば、そもそも意見や信条の対立ということ自体が相対化され、無化されてしまう地点に行き着くと思う。それは何か宗教的な悟りに達するというようなことでは全然なくて、むしろ風刺漫画家が口論をする二人の男を滑稽に描き出してみせる、その視点に近いものであるような気がします。出来れば、そういう視点を保ちながら、現代の様々な問題を考察してみたいと思う。そこまで達観してしまえば、天皇制の問題はおろか、北方領土や竹島(独島)の問題だって、イスラエルとハマスの問題だって、恐れるに足りずだ。哲学者を名乗る以上、そこまで腹をくくらなければ、政治の問題になど口出し出来るものではない。これは私の信念です。この信念については、私は梃子でも動きませんし、誰の反論も許しません。(笑)

|

« 皇室典範問題私見 | トップページ | 山崎ハコさんの歌 »

コメント

対立軸論に関しては同感するところ大です。

 「対立軸論」はかなり利用されています。例えば黒田寛一の組織論です。
 自らの意志を実現するには組織拡大が是という論理です。すると、組織を拡大あるいは守る事が一義的になります。
 そこで「どちらか?」になるわけです。

 例えばアナーキストやリバタリアンは右翼も左翼も批判しますが、資本主義を肯定する場合もあります。

 今「活動界」で主流なのは「党派を超えたテーマグループ」です。
 社会的な活動のテーマによって参集しようというものです。マスメディア(朝までなんとか、とかしゃべりば、とか)だけ見ていると、対立軸の不毛さしか見えませんが、世間の人々はもっとしなやかです。
 

投稿: lera | 2006年3月 7日 (火) 12時43分

leraさん、こんばんは。

そうですか、「朝なま」「しゃべりば」はダメですか(笑)。冷静に考えれば、テレビ局はわざわざ意見が対立することが分かっている論客を集めて、議論を白熱させて視聴率を稼いでいる訳ですよね。朝まで意見が対立しているからこそ、番組の存在意義もあるのでしょう。それを承知で楽しめる人だけが見ればいいのかも知れません。

「活動界」という世界のことも、私はよく知りませんが、「党派を超えたテーマグループ」というのはいいですね。今の世の中は、あまりに複雑で問題も多岐に渡っているので、一般の生活人が社会問題すべてに見識を持つことは不可能だと思います。かと言って、政治や社会に無関心になれば、何も変えることは出来ない。自分に専門のテーマをいくつか絞って、そのことについて勉強したり考えたりして行くことはいいことだと思います。これに関連して、以前の記事で直接民主制についてのひとつのアイデアを書きました。よろしければまたご意見ください。

投稿: Like_an_Arrow | 2006年3月 8日 (水) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/8792866

この記事へのトラックバック一覧です: 自己の中にもある対立軸:

« 皇室典範問題私見 | トップページ | 山崎ハコさんの歌 »