« スピリチュアリズムについて | トップページ | クオリア? ミーム? オートポイエーシス? »

2006年1月24日 (火)

起業家の志と企業家の倫理

 証券取引法違反の疑いで、時代の寵児から一転して犯罪容疑者の汚名をかぶることになった、ホリエモンことライブドアの堀江貴文社長は、自らの著書やブログの中で、「世の中は金がすべて」だとか、「人の心は金で買える」といった信念を表明しているのだそうです。日付を見れば、昨年自民党が推薦して、いわゆる刺客として衆議院選挙の候補者にかつぎ出した、その以前からそういう信念で企業経営を行なっていたことが分かります。堀江氏は社員に、ライブドアを世界一の会社にしようと呼びかけていたそうですが、その世界一の意味は、要するに株式の時価総額で世界一になるということでした。

 企業経営者として、堀江氏に欠けていたものが何かは明らかだと思います。一流の企業家であれば、誰もが持っている筈の倫理性が無いのです。それは単に法を守らないとか、品行方正ではないといったことではなく、企業が世の中にどのような価値を提供して行くのか、そのことに対する明確なヴィジョンと信念が無いと言った方がいいかも知れません。それが無いから、目標はどこまで行っても金儲けでしかなくなる。しかし、それは近頃のおおかたの風潮のようにも見受けられます。これには現政権の責任も大きいのではないかと思いますが、米国流の株価で企業の価値を測ろうとするやり方が、当り前に信じられるようになっているのです。いつから日本はそれを当然のことのように受け入れてしまったのでしょう? 昔から日本の企業にはもっと大事な価値観があった筈です。例えばどんな会社でも、社是に社会貢献を挙げていない会社はまれだと思います。私たちはもう一度そういった企業倫理の原点に戻る必要があるのではないだろうか。

 昨年、私が最も尊敬していた企業家が亡くなりました。ヤマト運輸元会長だった小倉昌男さんです。日本で(というより世界で)初めて宅急便というビジネスモデルを考案し、多くの苦難を乗り越えてそれを実現した物語は伝説にさえなっています。それは戦後日本の産業史に輝かしい一頁を付け加えるものでした。今日の日本の社会は、もう宅急便が無い時代には戻れないほど、その恩恵に浴している。これこそが企業における価値の創造です。いまは同じサービスを、他の企業や郵政公社も提供していますが、ぜひヤマト運輸には、小倉さん亡きあとも、他社を寄せ付けない新しい企業価値を生み出す努力を惜しまないで欲しい。それは現代における企業のあり方の、最高のお手本であるような気がします。

 その小倉さんが、晩年取り組んだのが障害者の自立のための事業でした。ある時小倉さんは、障害者の作業所で一ヶ月に支払われる賃金が、平均して一万円程度でしかないことを知ってショックを受けます。月曜から金曜まで、朝から晩まで働いて、一万円。そして気付くのです、作業所の職員の人達は、障害者福祉に対する情熱にあふれている、しかし彼らには施設を経営するという視点が欠けているのだと。そのためにひとり一万円しか給料が払えないことにも疑問を感じていない。そしてこれが実は障害者の自立を阻んでいるのだ。ここから彼の戦いが始まります。全国で福祉関係者向けの経営セミナーを開催し、啓蒙に当たる一方、自らの財団が出資して障害者のためのお手本となる事業を立ち上げようとする。むろんそれは金儲けのための事業ではないが、いわゆる慈善事業というのとも全然違う。世の中に価値を提供し、その正当な見返りとして報酬を得、それによって働く人が自らの生活を支えて行く、つまり〈当り前の企業〉を作ろうとしたのです。

 ヤマト福祉財団が出資するスワンベーカリーでは、様々な障害を持った人たちが、健常者とともに働き、月に十万円の給料を得ているのだそうです。十万円と言えば、世間の水準からすれば安過ぎる賃金ですが、一万円の作業所に比べたら大変な進歩です。そしてこの十万円という金額は、小倉さん自身が設定した目標でもありました。と言うのも、障害者の人たちは、その障害の等級によって、月に数万円から最高八万円くらいの障害者年金を国からもらっている、それと給料の十万円を足せば、とりあえずアパートを借りて自活することが出来る金額だからです。障害者の自立ということは、何よりもまず経済的な自立でなくてはならない。私はこの発想は、企業家小倉昌男ならではの、現実を直視した、素晴らしいものではないかと感じ入りました。単なる理想論ではないのです。

 小倉さんはすでに伝説上の人ですが、もうひとり、今が盛りの注目したい企業家がいます。居酒屋チェーン『和民』を率いる渡邊美樹さんです。何故私がこの人に注目するかと言えば、以前テレビの番組でその経営哲学を聞き、やはり感じ入ったことがあったからです。渡邊社長は、すでに外食産業では充分な成功を収めた人ですが、現在は老人ホームの経営に情熱をそそごうとしている。テレビでは、ワタミグループに買収された老人ホームが、経営が替ることによりいかに劇的に変化するかをドキュメンタリー風に映していました。それまではいかにも給食という感じだった食事が、旅館や料亭のような食事に一変する。器だってプラスチックの安っぽいものから、素敵な陶器製のものに変っている。軽い痴呆症のように見えるおじいさんが、それまでは施設の食事にほとんど手を付けようとしなかったのが、新しい食事になってからは、いかにも美味しそうに食べている様子が印象的でした。

 渡邊社長は、2020年までに自ら手がける老人ホームを千棟にまで増やしたいのだと言います。話を聞けば、それも単に自分の事業を拡大したいという動機ではないのです。渡邊さんはこう言いました、千棟と言えば、日本の老人ホームの10パーセントに当たる。もしも日本の老人ホームの10パーセントがこれだけの質のサービスを提供するようになれば、競争原理が働いて、他の老人ホームの質も上がることになるでしょう。それは来るべき高齢化社会を、もっと幸福なものにすることにつながるのではないでしょうかと。素晴らしいではないですか。私はここに若々しい起業家の軒昂たる志と、成熟した企業家の高い倫理性の合体を見たような気がしました。渡邊社長はまた、こんなことも言っていました。子供の頃に母を亡くし、おばあちゃん子として育った自分は、お年寄りが喜ぶ顔を見るのが何より好きなのですと。

 しかし、渡邊さんはまだまだこれからの人です、ここで手放しで賞賛するのは控えましょう。野心家である彼は、さらにこの他にも学校経営や環境ビジネスにも手を広げようとしているらしい。ビジネスマンとしては負け組の自分が言うのも変ですが、これは事業戦略としては危ういものと思えます。裸一貫、料理人として出発した渡邊さんの強みは、やはり「食」の部分にあると思う。事業には選択と集中が必要だと、経営学の教科書には書いてあります。ぜひ渡邊社長には、2020年を目標に、老人ホーム事業の拡大に全力を傾けて欲しい。そして日本の老人福祉の基本レベルをうんと引き上げておいて欲しい。その頃には、そろそろ私も老人福祉のお世話になる年代にさしかかると思いますので。(笑)

|

« スピリチュアリズムについて | トップページ | クオリア? ミーム? オートポイエーシス? »

コメント

 企業と倫理の問題ですね。

 ヤマト運輸小倉会長は「資本主義は倫理観があればまわっていく」と言った人です。
 私も明言だと思います。

 利潤を追求する事が倫理観を基層にしていれば労働環境は目覚しく改善されるはずです。

 さて、XのX氏ですが、過酷労働・賃金未払いで有名な人です。
 彼は新業種に目をつけるのが早い人で、新業種とは国から助成金の出る業種です。彼のその施設で働く人の労働条件に目を向けて下さい。

 別の「世界」が見えます。

投稿: lera | 2006年3月 7日 (火) 14時55分

X氏というのは、渡邊氏のことでしょうか? 過酷労働はともかく、賃金未払いはまずいですね。ただ、私は思うのですが、成功した企業の経営者に対しては、毀誉褒貶が激しいのは普通のことで、それをそのまま鵜呑みにして判断するのは避けたい気がします。もしも渡邊さんが、企業家として本当に日本の老人福祉のレベルアップに情熱を燃やしているなら、自社の社員に多少過酷な労働を期待するのは当然ですし、その情熱に共感した社員なら社長について行くと思います。一時のヤマト運輸もそうだったと思いますが、大きな事業を成し遂げる企業というのは、そういう部分があると思います。私は応援しながら見守って行きたいと思っています。

(但し、私自身が彼の下で働きたいかと言えば、それは絶対にノーです。笑)

投稿: Like_an_Arrow | 2006年3月 8日 (水) 01時05分

 この問題は世間的には「結論」が出ている問題なので、遅れて論議することに少々違和感はあります。

>多少過酷な労働を期待するのは当然
 これは、けして批判ではないのですが、こういうお言葉を聞くと本当に立っているポジションが違うんだなぁと思います。

 私は、たったひとりの人権のために闘ってきたわけです。
 それがたまたまアイヌ民族であったり、在日韓国・朝鮮籍の人だったり、被差別地域の人だったり、女性労働者であったり、冤罪被害者だったりするわけです。

>多少過酷な労働を期待するのは当然
 このお言葉は「発展のためなら多少の犠牲は」という言葉に近いように思えます。頭にまず「公害」が浮かんでしまいます。

 そして社会の単位が「個」ではないと思えてしまいます。グローバリズムをどう受け止めるのかと思ってしまいます。

備考として

 簡単に「事実」関係だけ述べておきます。
 新自由主義経済体制下で、政府は「小さな政府」を目差していて、その一環が「福祉の外注化」です。

 「福祉の外注化」で助成金を出します。利潤を追求する企業が、「政府の肝煎」で名をあげます。助成金も入ります。
 
 昨今問題になっている施設内での虐待はご存知だと思いますので、この先は説明しなくてもお分かりでしょう。

 医食住という基本的生活に必要な環境は利潤を追求する企業に任せるにはあまりに白紙委任的だと思います。
 その結果がBSE、耐震偽装、医療過誤な訳です。

 もし、できればmori夫さんのご意見もおうかがいしたいと思っております。

投稿: lera | 2006年3月 8日 (水) 14時55分

うーん、やっぱりピンポイントで狙われました。「多少過酷な労働を期待するのは当然」、この言葉だけが単独で引用されてしまいました、しかも二回も(笑)。しかし、この文章はそのあとの「その情熱に共感した社員なら社長について行くと思います」という部分と合わせて読んでいただきたかった部分なのです。

私も民間企業(営利企業)に長くいる人間なので、その矛盾したところも素晴らしいところも、肌身で感じて来たつもりです。今はもう終ってしまいましたが、テレビの人気番組だった『プロジェクトX』を私は楽しみに見ていました(こんなことを言うと、また甘いと言われちゃうかな?)。あの番組で取り上げられた人たちが素晴らしいのは、チームがひとつの目標のために一丸となった時には、全員が崇高とも言えるミッション遂行者になりきることです。過酷労働は嫌だとか、超過勤務は御免だとかいう人はひとりもいない。別に洗脳されている訳ではない、自分の心の中から湧き起こるものがそうさせるのです。

でも、leraさんがおっしゃるのですから、渡邊氏については少し注意して見守る必要があるのかも知れませんね。経営トップの口にする「志」が、ホンモノであるのか、それとも単なる金儲けの口実または売名行為であるのか、それは特にその会社の社員には敏感に感じ取られるものだと思います。それは企業の末端にまで伝わって、その実態をあらわにする。家の近くの渡邊さんのお店に定期的に通って、今後どう変って行くかを冷静に観察してみることにしましょうか。(笑)

投稿: Like_an_Arrow | 2006年3月11日 (土) 03時16分

>この言葉だけが単独で引用されてしまいました
 この言葉だけ引用したのではないんですよ。それ以後は不要だったんです。

>その情熱に共感した社員なら社長について行くと
 これが危険なんです。徴兵や新興宗教や選挙応援の常套句です。
 最低限の人権を守れないところに「共感」は存在しません。

>『プロジェクトX』
 あの番組が色々なところから訴えられ、しまいには取り上げた企業から賛同金を取っていました。
 単純な情操操作です。

>渡邊氏
 これはすでに解決済みの問題です。

投稿: lera | 2006年3月13日 (月) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138790/8323838

この記事へのトラックバック一覧です: 起業家の志と企業家の倫理:

« スピリチュアリズムについて | トップページ | クオリア? ミーム? オートポイエーシス? »