« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

恋愛蔑視

 前回は若い頃の恥をさらすような内容の文章を書きましたが、今回もまた調子に乗って若年期の思い出のカミング・アウトを。十代から二十代始めにかけて、とにかく恋愛であるとか、男女交際(死語ですね)であるとかを、死ぬほど軽蔑し、憎悪していた時期がありました。昨今では制服姿の高校生とおぼしきカップルが、なんのてらいもなく街中を手をつないで歩いている姿も、特に珍しいものではなくなりましたが、三十年前の高校生には、まだ昔の男女七歳にして席を同じうせず的な倫理観が多少は残っていたものです。私は別にそうした古風な倫理観を持ち合わせていた訳ではありませんが、別の理由から恋愛感情に対しては激しい嫌悪を抱いていた。

 別の理由というのは、まったく簡単なことです。要するに異性にモテなかったのです。しかし、当時の自分は、その事実については絶対に認めようとしなかった。むしろ自分は恋愛など超越しているのだと考えていたものです。恋愛を超越して、何を目指していたのか? 最初は文学的創造を目指したのですが、もちろん恋愛心理のイロハも知らない自閉症的な若者に、豊かな文学創造の世界が拓けて来る訳もありません。で、もっと抽象的な論理の世界に逃げ込んだのが、私が哲学を始めた理由でした。恋愛経験も無く、死刑囚になったこともない自分が、ドストエフスキーになることは無理かも知れないが、ニーチェにだったらなれるかも知れないぞ。当時の自分は、例えばツァラトゥストラの中にあるこんな文章によって自己正当化をしていました。『ある男性は真理を求めて、勇士のように出掛けて行ったが、ついに手に入れて来たのは、可愛らしい、お化粧をした虚偽だった。』

 考えてみれば、自分のこれまでの人生を振り返ってみても、失恋というものを一度も経験したことがないのです。得恋ばかりだった訳ではありません、そもそも恋というものをしたことが無かったので、失恋を経験するチャンスも無かっただけです。むろん異性に興味が無かった訳ではないし、ほのかな恋心は数え切れないくらい経験して来た。ただ、一度も恋の告白をしたことがない、つまり自分が失恋するシチュエーションを周到に避けて来たのというのが事実でした。味気ない人生と言われればそれまでですが、若い頃の自分はそのことで失ったものよりも、得たものの方が多いと思い込んでいました。

 歴史を振り返ってみれば、このタイプの情熱が、偉大な芸術や哲学を生み出す原動力になった例も少なくないと思います。ニーチェはその代表選手だと思いますが、前回取り上げたカフカにしても、短い生涯に三回も婚約破棄をして、生涯独身を貫いていますし、人間に対する恐ろしいほどの洞察力を持っていたチェーホフも、自身の結婚に対しては非常に慎重な態度をとっていました。心をふるわせるどんな激しい恋愛も、最後は平凡な結婚生活に行き着く以上、これを恐れて避けようとするのは、芸術家や哲学者の本能なのかも知れません。

 どうでしょう、今の若い世代の人たちにも、こうした気分は通じるものでしょうか? いまも高校の教室の中には、ひとりぐらい男女問題については超然とした態度をとり、周囲からは変人のように思われている青年がいるものでしょうか? 豊かな平和な時代に生まれて来た私たちは、昔の若者のように、戦争や貧困の中で自分を鍛えて行く機会というものを持っていません。青春というものが、苦悩と克己の時代であるとするならば、異性にモテないという平凡な事実だって、結構自分の心に火をつける、大きな情熱の火種になるものではないかと思います。

 いや、誤解を受けないように断っておきますが、これはみんな自分の若い頃の話です。その後自分も社会復帰のリハビリテーションを経て、平凡な勤め人になり、平凡な結婚をして、人の親にもなった。街中でイチャイチャするカップルを見ても、ほほえましいとまでは思わないまでも、激しい嫌悪や憎しみを感じることはなくなりました。若い頃は本当に激しい反感を抑えられなかったものですが、今はもうその時の気分を思い出すことも出来ません。それにしても、あの頃のあれは一体何だったのだろうと、今では不思議に思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

ブログとカフカ

 人間、五十歳にも近くなると、若い頃のことが他人事のように思い出せるようになるものです。以前は思い出すだけでも心の傷にさわるようで、つらかった記憶です。若い頃、作家を目指していた一時期がありました。まあ、子供の頃から理屈っぽい、ひねたガキでしたから、思春期を過ぎ、文学青年になっても生硬な哲学的な小説ばかり書いていた。その頃の自分のアイドルは、埴谷雄高や椎名麟三といった作家でした。文学賞に応募したこともありますが、もちろん予選にだって残るはずがない。今となっては懐かしくもあり、馬鹿々々しくもあるような青春のひとこまですが、当時は本当につらかったことを覚えています。

 最近、文学賞をとって華々しくデビューする若い新人作家の人たちには、そういった二、三十年前の文学青年の悲壮感のようなものは、まったく感じられません。むしろ若い時代にしか書けない作品を書くことで、さなぎが殻を脱いで羽化するような、成長の一過程を楽しんでいるような自然な感じがします。表現はそれぞれ個性的でも、何か共通した爽やかさのようなものを感じる。どうしても自分は作家になりたいという野心は、それだけでもう古臭いもののように思えます。だいいち、それは現代の若者の感覚からすればカッコ悪いことだし、そうした野心が見え見えの作品は今の読者のテイストにも合わなくなっているのでしょう。

 自分には作家としての資質が決定的に欠けていることを、心のどこかで自覚し始めていた頃、フランツ・カフカという作家に出会い、強い衝撃を受けました。その作品にというよりも、その生き方に戦慄を覚えたのです。外国文学が好きな方はご存知だと思います、「変身」や「城」などの暗い絶望的な作品で知られるカフカは、生前作品をほとんど発表しなかったのです。昼間は名も無い勤め人としての生活を送りながら、夜はひとり部屋に閉じこもり、あのような作品を発表のあてもなく書いていた。死ぬ間際には、友人に自分の原稿をすべて焼き捨てるように遺言しています。友人はその遺言に従うことに忍びなく、その作品を公開しました。こうしてカフカの名前は文学史に残ることになったのです。この事実を知った時、これこそ自分の理想の生き方だと思いました。野心にあふれているのに、自分の才能の無さにも気付いている文学青年にとって、それは自尊心を傷つけないためのアイロニカルな最後の隠れ家のようなものだったのです。

 しかし、そこから先がやはり天才と凡人の違うところ。それから黙々と自己の世界に沈潜して、ひたすら哲学的な作品を書き続けたかと言うと、やがて文学からも哲学からも遠ざかって、ホンモノの平凡なサラリーマンになってしまいました。まさに「変身」(笑)。それはたぶん多くの人がたどる道なのでしょう。時々若い頃の夢を思い出して、心にほろ苦さを感じることはあっても、昔の病的とも思える自尊心の痛みは、今はもう味わおうと思っても味わうことも出来ない。要するに歳をとったのです。

 ところが、時代が変って、ふと気付いてみれば、同時代を生きる人たちの中にたくさんのカフカが生まれていました。つまりインターネット・ブロガーのことです。インターネットが普及して、ブログという誰でも簡便に利用出来るメディアが登場した。人がブログを始める理由はさまざまでしょうが、特に私が愛読しているブログの中には、非常に孤独な感じのする自己省察的なものが多いのです。自分もブログを始めてみて分かりました、ブログを維持して行くのは本当に孤独な営為だということが。とにかく訪問してくれる人がいない。一部のオピニオン・リーダー的な人の運営する人気ブログは別でしょうが、まず一般人のブログはそんなものだろうと思います。しかも、どういう訳か私は今のこの状況が気に入り始めているのです。それは若い頃に憧れたカフカのような、名誉のためでもなく、金儲けのためでもなく、ただひたすら自己探求の道を孤独に歩いて行く、そうした生き方の気分だけでも味わわせてくれるものだからです。

 自分の死後、原稿をすべて焼き捨てるように遺言したカフカは、生前自ら原稿を焼き捨てなかったところを見ると、自分の作品が後世に残ることを可能性の一端として意識して死んで行ったに違いないと思います。それはカフカの作品に見られる、絶望と紙一重の出口の無い希望と似たもののようにも思えます。このことはカフカの文学者としての価値を高めこそすれ、決しておとしめるものではないはずです。そして、インターネット時代に生きる我々は、カフカの時代よりもずっと手軽に安全に、そういった生き方を選びとることが出来るのです。


(この文章は、cosmo_sophyさんのブログ、「考える脳髄プラスα」へのトラックバックとして書かれました。cosmo_sophyさんのブログは、私たち思索系ブロガーにとってのひとつのお手本だと思っています。その視界の広さと考察の深さ、抑制が利いた端正な文体、コメントを書かれた人への思いやり、どれをとっても完璧です。しかし、残念なことに、このブログも今年の四月から更新が止まったままです。ファンとして再開を楽しみにしているのですが…)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

直接民主主義を考える

 先の衆議院選挙では、郵政民営化という一点を争点にして、自民党が圧勝しましたが、多くの人が指摘しているように、今日、日本の抱える問題は、郵政民営化問題だけではありません。イラクに派兵した自衛隊をどうするのか、800兆円とも言われる国の負債をどうするのか、このままでは破綻することが見えている年金制度をどうするのか、少子化については打つ手立てもなく放っておくしかないのか。どれも郵政問題以上に深刻で、しかも差し迫った問題に思えます。

 私は、政治問題についてはごく一般的な有権者としての関心しか持っていませんが、ひとつ根本的な疑問があります。それはこういうことです。例えば、私は憲法問題に関してはA党を支持しているが、年金問題ではB党の政策を支持している、少子化対策ではC党の公約が魅力的に思える。さて、私は何党を支持し、何党に投票すればいいのでしょうか? 小選挙区制が導入されて以来、日本も欧米並みの二大政党制に向かっているように見えます。一方で、政治的な解決が必要な問題はどんどん複雑になり、多岐に渡るようになって来る。もはや昔のように自由主義対社会主義といった単純な政治形体上の対立も意味の無いものになっている。こういう状況の中では、たったひとつの政党やたったひとりの政治家に、自分の支持をすべて託すというのは、どう考えても無理のあることです。私たちが選挙に行くたびに無力感を感じるのは、自分の一票が軽すぎるせいばかりではない、真剣に考え抜いた様々な思いを、一枚の投票用紙で表現するのは、まったく不可能だという諦めがその裏にはあります。

 今日、世界のどのような国でも、正面切って民主主義に異を唱えている国はありません。たとえ独裁的な政治体制を採っている国でも、自国が民主主義国家であることを標榜しない独裁者はまれだと思います。もしも民主主義というものが、人類が到達したとりあえずの合意事項であるならば、残る問題はどのように効率的に民主主義を実現するか、つまり国民の意思を歪めることなく政治に反映するかという技術論の問題になるような気がします。そこで私が関心を持っているのが、直接民主主義というものです。これは選挙で選ばれた議員による代議制民主主義に対置される考え方で、例えば重要な議案を国民投票によって決めて行くというような政治形体のことです。国民が直接政策を選択するから、直接民主主義。これならば、有権者である私たちも、選挙のたびに感じる無力感から解放されるかも知れませんし、政治に対してもっと積極的な関心を持てるようになるかも知れません。

 現実的な問題として、決議が必要な議案が出されるたびに国民投票を行なうのでは、国民の負担が大き過ぎる、これが直接民主制を実現する上での一番のネックだと思います。しかし、もしもインターネットによる電子投票が可能になれば、この負担はかなり軽減出来るようにも思います。(もちろんそのためには、本人認証やセキュリティやデジタルデバイドの問題など、克服すべき課題はたくさんあります。) もうひとつ、直接民主制の問題として指摘されるのは、それがいわゆる衆愚政治につながる可能性があるという点です。例えば、いま消費税率を上げるというような法案を国民投票にかければ、おそらくは否決されるでしょう。多くの国民は目前の損得によって投票を行なうので、国家百年の計を考慮した政策などは可決される見込みがないというのです。けれどもこれは、政策を立案する議会が責任を持つことで回避出来る問題だと思います。(私は直接民主制が実現しても、政策立案機関としての議会は必要だと考えます。) つまり、消費税を上げない選択は、所得税率や法人税率の引き上げとしか両立しないのであれば、議会はその現実的な選択肢を国民に示せばいい訳です。これは議会と議員の質を高めることにもつながるかも知れません。これまでのように有権者のご機嫌とり的な政策を選挙のためにでっちあげるのではなく、実行可能な政策の立案能力が問われるのです。

 そしてここから先は、例によって私の素人っぽい空想です。たとえ将来インターネットによる直接民主主義が実現したとしても、私たち国民がすべての議案について関心を持ち、投票を行なうのは容易なことではありません。そこで、有権者はそれぞれ自分の意思で、投票したい分野を選択出来るようにしたらどうでしょう。例えば、こんなジャンル分けを考えてみます。教育、育児、福祉、医療、健康、農業、企業経営、貿易、通信、公共事業、就労、科学技術、防衛、治安、司法、外交、環境、災害対策、交通、余暇、宗教、皇室…。思い付いたまま、順不同です(笑)。まだ他にもあるかも知れません。もしも全部で30の領域があるのなら、国民一人に対して30ポイントの投票権が与えられるものとします。全領域に1ポイントずつ振り分けてもいいし、3つの領域に10ポイントずつを充ててもいい。(一領域に充てられるポイント数には、上限を設けた方がいいでしょう。) 例えば、ニートの若者の就業問題に対する議案が提出されたら、「就労」にポイントを持っている有権者だけが、そのポイント分の投票が出来る訳です。北朝鮮への経済制裁が問題ならば「外交」の人の、皇位継承権問題ならば「皇室」の人の出番です。憲法改正だとか、税率の改定といった国民みんなに関わる大きな問題については、ジャンルを区切らず、有権者全員の投票とします。

 この方法のメリットは、有権者がすべての問題について頭を悩ます必要がなくなるのと、逆に自分の選択した領域については、国政への参加意識を強く持てるようになるだろうということです。ある人が強く関心を持っている領域であれば、そこに対する影響度を持てることは、納得の出来ることではないでしょうか。いま福祉の領域で注目を集めている問題に、障害者自立支援法の可決がどうなるかという問題があります。郵政問題に比べ、一般の知名度は低い問題ですが、これが可決されることで生活がおびやかされる人たちにとっては、非常に重大で切実な問題なのです。こうした問題に対しては、これに直接の利害を持っている当事者の人たちの声を大きく取り上げることは合理的であると思います。そのことによって、政策が大きくねじ曲げられる心配はありません。何故なら、既に議会を通った時点で、それは現実的で実行可能な選択肢になっているからです。

 インターネットで直接民主主義という言葉を検索すると、これを真面目に考えている人たちが、たくさんいることに驚かされます。あながち夢物語という訳でもなさそうです。もしもこれが実現したら、あなたなら30ポイントをどの領域に振り分けますか?


(この文章は、幅広い領域に対して、本質を突く鋭い洞察と、建設的な提言をされている永井俊哉さんの記事へのトラックバックとして書かれました。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月 5日 (水)

インターネット霊園構想

 インターネットの世界には何でもあります。筆者の興味で言えば、哲学的な記事を掲載しているホームページやブログは数えきれないほどありますし、芸術や趣味の世界でもほとんど考えられるジャンルは何でも、その道の専門家とおぼしき人が薀蓄を披露している。犯罪すれすれの危険なサイトがあるかと思えば、不治の病に冒されつつ懸命に生きている人の日記が公開されている。まったくインターネットの世界は、人間社会の縮図、というよりも人間社会そのものと言えるほど多様性に富んでいます。ただ、ひとつだけ実社会にあって、インターネット上には無いものがあることに最近気付きました。それはお墓です。

 なんでそんな奇妙なことを思い付いたのかと言えば、自分が気に入っていたブログやホームページが、ある時を境にばったり更新されなくなり、そのうちに何時の間にかそのサイト自体が閉鎖されてしまっている、そういう経験がある想像をさせたのです。もしかしたら、名前も知らないこのサイトの主は、病気や事故で亡くなってしまったのかも知れない。それで暫く更新もされずに放置されていたものが、やがてプロバイダへの料金支払いが滞って削除されてしまったのかも知れない。実際の社会なら、どんなに知己の少ない人でも、生前ゆかりのあった人が集い、ひっそりとしたお葬式くらい行なわれるでしょう。しかし、インターネットの世界では、ある日突然親しかった人が消えてしまい、行方不明者は永遠に行方不明者のままなのです。

 インターネットが普及して、まだまだ日が浅いこともあって、この世界ではそうしたことへの配慮が充分ではない、いわばまだ社会インフラが整っていないのだと思います。インターネットに自分のページを持つということは、この世界に対して何か自己の存在をアピールしたい、それはまさに生きることの欲求そのものであると思います。それを読んだ人も、お互いに顔も名前も知らない同士ではあるけれども、時として実生活の中での人間関係よりも濃密な人間関係を持てたりする。バーチャル空間などと言われますが、そこには決してバーチャルではない生きている人間の喜怒哀楽が渦巻いています。インターネットのプロバイダである企業は、単にサーバーのハードディスクを賃貸ししている訳ではないのだと思います。

 そこで私の提案です。インターネットのプロバイダ各社は、もしも契約者が亡くなった場合には、そのことをサイト上で告知し、そのページを永久に保存し公開し続けるというオプション契約を作ってはどうでしょう。もちろん費用がかかることですから、ある程度の一時金を契約時に預かることが前提になります(いわば永代使用料です)。これが題してインターネット霊園構想です。ここに入ったサイトは、追悼者のコメントの書き込みはあるかも知れませんが、基本的に更新はなくなる訳ですから、それ以上ハードディスクを圧迫することもない。きれいに区画された霊園のホームページから、いつでも訪れることが出来るようになる訳です。ちょっとブラックなアイデアでしょうか? もちろんバーチャルな世界のことですから、実際に亡くなった場合でなくてもいいんです。どんなに小さくても自分が生きた証をこの世に残したいというのは誰もが持つ自然な望みですから、案外ニーズはあるような気がするのですが。


(この文章は、最近しばらく更新が止まっているmori夫さんのブログ「不合理ゆえに我信ず」へのトラックバックとして書かれました。(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »