トップページ | 2005年10月 »

2005年9月25日 (日)

こころのありか

 心と脳の問題が静かなブームです。唯脳論を唱える養老孟司さんの本や、クオリアというキーワードから心脳問題を読み解こうとする茂木健一郎さんの本が、こういったお堅い哲学系統の本にしては珍しく書店の目立つ位置に置かれています。確かに二十一世紀になった今日でも、人間の心はどこにあるのかという問題は、科学によって解明し尽くされているとは言えないと思います。いや、心はおそらく脳にあるのだけれども、その脳と心の関係がどうなっているのかが分からない。おそらく脳の解剖学的な分析や生理学的な実験を通して、科学はこれからも脳の構造や機能についての知識を深めて行くでしょう。しかし、その知識の果てにやがて心と脳の問題が解明されるものだろうか? そもそも心と脳、精神と身体の問題が解き明かされるということは、どういうことでしょうか?

 これは自分のような哲学病にかかった人間ならずとも、誰にでも興味のある問題だと思います。例えば、道徳の起源だとか言語の統語論的構造なんて問題は、一般の生活人にとってはどうでもいいような問題ですが、自分の心がどこにあるのかという問題は、考えようによっては誰にとっても切実な問題だと言えます。もしも人間の心的な活動が脳の物理的活動にすべて還元出来るものなら、肉体の死はすなわち精神の死を意味するでしょう。しかし、もしかして人間の精神が脳の働きを少しでも超えたものなら、肉体が死んでも心はあとに残るかも知れない。それが望ましいことであるかどうかは別として、誰でもやがて死を迎える以上、それは無関心ではいられない問いのはずです。

 最近では、人間の精神的活動を脳の中の局所的な部分の作用で説明しようとする考え方は流行らないようです。むしろ、脳全体、身体全体をひとつのシステムと捉え、そのシステムの働きの一部として精神的なものの発現もある、そんな見方の方が現代風のようです。十七世紀の哲学者デカルトは、思惟の主体である精神と延長を持った物質である肉体をきっぱり分け、近代的二元論を確立しました。けれども結局デカルト的な二元論の矛盾は、彼自身がいったん切り離した精神と肉体を、脳の中にある松果腺という小さな部分で再び結び付けざるを得なかったことにも表れています。もともとの問題の設定自体に問題があったという訳です。

 しかし、歴史の中で評価が定まったデカルトの二元論は、形を変えて現代に甦っているようにも思います。それは現代の医学の中に最も先鋭的に現れています。今日でも世界中には、人間の心が頭ではなく胸に、つまり心臓にあると考えている人達は数多くいるでしょう(まさに心の臓器です)。一方で、先進国と呼ばれている国々では、脳以外の人間の身体は交換可能な部品のように扱われ、進歩した医療技術を誇るように平気で心臓の移植手術も行なわれています。まだ世界のどこかには人間の心が心臓に宿っていると考えている人達がいるのに、それを無視して見切り発車のように心臓移植を実施するというのは、考えてみればずいぶん野蛮な行為です。

 最近の言葉で言うと、都市伝説とでも言うのでしょうか、不思議な話があります。心臓移植を受けた人は、亡くなった心臓提供者の記憶や性格を受け継ぐことがあるというのです。にわかには信じられない話ですが、かと言って確固たる根拠をもって、そんなことはありえないと否定することも出来ない気がします。理論的に考えれば、こんな可能性もあるかも知れない。実は人間の心(魂)そのものは心臓にあって、ふだんそれは脳という器官が持っている記憶や思考といった機能を利用しているだけなのだと。つまり主体は心臓の方にあるのだと。そうであるならば、心臓移植とは、臓器提供者の側から見た肉体の乗っ取りなのかも知れません。いや、そんな筈はない、既に心臓移植は数多く行なわれているが、そこで人格の交替が起こったなどという話は聞いたことがない。それはその通りです。しかし、臓器提供者(つまり心臓そのもの)は、新しく収まる肉体から、その肉体の元の持ち主が持っていた名前や記憶や性格など、脳に付随していた一切合財を奪い取ったのだとすれば…。まさに現代のおとぎ話ですね。


(この文章は、哲学的な問題に対する考察を、詩的な言葉で展開されているきすぎじねんさんのブログへのトラックバックとして書かれたものです。ブログ初心者なもので、トラックバックも初めてです。うまくリンク出来たかな?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

水はすべてを知っている

 昔、まだ自分が少年と呼べる年齢だったころ、何かの本か雑誌でこんな記事を読みました。コップ1杯の水を海にこぼして、世界中の海をぐるぐるかき回したあと、もう一度そのコップで海の水をすくうと、そこにはコップをこぼす前に入っていた水の分子が、何個かは入っていると言うのです。それほど水の分子というものは小さい粒子なのだということを、子供に教えようとした理科の教材だったのかも知れません。私は理科の成績は決してよくありませんでしたが、この記事のことはその後もずっと頭から離れずにいました。

 海の水が海流の大きな流れによって、均等にかき混ぜられるのにどのくらいの月日がかかるのかは分かりませんが、深海1万メートルのよどんだ水はともかく、我々がふだん接している水、つまり地球の表面を川になって流れたり、蒸発して雲になったり、また雨となって海や陸に降り注いでいるような水は、思いのほか速い速度で地球を駆けめぐっているような気がします。最近各地に大きな被害をもたらしたハリケーンや台風などによる、ダイナミックな水の動きのことを思えば、数ヶ月または数年もあれば、コップ1杯の水は世界中に拡散して行くのではないでしょうか。

 もしもこの仮説を正しいとするならば、コップ1杯の水を目の前にして、我々はいろいろなことが想像出来ます。この1杯の水には、それこそあらゆる歴史のあらゆる場面に立ち会って来た水の分子たちが含まれているに違いない。その中には例えば、アテナイの街でソクラテスが最期に仰いだ毒杯の一部だったものもあるでしょう。玄宗皇帝を待つ楊貴妃が、湯浴みにつかった湯の湯気として立ち昇ったものもあるでしょう。壇の浦の合戦で源氏に追いつめられて、幼い安徳天皇を抱いて海中に身を投じた二位の尼の着物の裾を揺らしたものもあるでしょう。1杯の水には、ありとあらゆる世界の歴史が詰まっている、これは実に我々の想像力をかきたてる着想です。

 哲学者のサルトルは、若いころ酒場で知り合いの男から、我々はたった1杯のビールからでも哲学が始められるのだと聞かされ、愕然としたのだそうです。コップ1杯の水、それは少年のころの自分にとって、一番最初の哲学的思考だったのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年10月 »